もしも親が亡くなったら。頭はパンクします。だから、少しでも先に知っておきたい。【宣伝課長・長友の“アモーレ”な一冊】

あまり考えたくないですが、自分が年を取るということは、親も年を取るということ。「もしも」の時は突然やってくるかもしれません。

突然のことに冷静な判断をくだせたのか、今でも振り返ってしまう

Fotolia_97624755_Subscription_Monthly_M


「もしも」は私の身にも数年前、突然訪れました。父が倒れ、短い看病期間で亡くなったのです。悲しみにくれるヒマなく襲ってくるのが、葬儀の手配や様々な手続き。嵐のような出来事に予備知識もなく、頭はパンク状態。

初めてなのに次から次へと決断しなくてはならず、あの時、冷静な判断ができていたか、父のために最善の判断だったかと、今でも考えることがあるんです。

当時は、快復を信じたい気持ちがあり、「亡くなった後」のことを考えるのは、心情的にもツラくて真剣に向き合えませんでした。多くの人がそうだと思います。

最近では、子どもに迷惑をかけたくないと、親自身が自分の「もしも」に備えている場合もありますが、子どもの立場からも、何でもない時に、信頼のおける専門の手引書に目を通しておく、一冊手元に置いておく、ということをおすすめします。(現実的じゃない、とか、元気なのに不謹慎じゃないかという意見もあるでしょうが・・・。)

 

亡くなったら病室には長時間置いておくことはできないの!?

Fotolia_101587584_Subscription_Monthly_M


『家族が亡くなったらしなければならない手配と手続き 最新版』(主婦の友社)は、実際にどんな手続や手配が必要なのかが時系列で、かつ「誰が決めるのか」「いつ決めるのか」「その難易度」がわかりやすく書かれています。経験者の私が読むと「そうだった、こんな風に進めていったな」「これが当時よくわかっていなかった」と、その具体的かつ、理解のしやすさがよくわかります。

例えば、(病院で亡くなった場合)遺体を病室や病院の霊安室に置いておけるのは、数時間しかないという事実。自宅や斎場に搬送してくれる葬儀社を数時間で決めなくてはいけない。「もう決まりましたか?」と病院スタッフに急かされたときは、「ちょっと前まで懸命に治療してくれてたのに、なんて非情な」とキレそうになりましたが、そういうものなんですね。

あてが全くなかった私は、葬儀費用は大きな金額がかかるのに、比較検討する時間もなく、駅前に看板があった斎場を思い出し、ネットで連絡先を調べて、そこにお願いしました。結果的に悪くない選択でしたが、ふだんの買い物だったら、絶対にそんなことはしないだけに、この時間のなさは強烈でした。

本書によると、まずは、すぐに故人が加入していた互助会や、遺言やエンディングノートに遺志がないかを確認せよ、とあります。自分で探す場合は、故人の生家と同じ宗教・宗派の親族で、葬儀を出したことのある人に尋ねるのが近道、できれば事前に葬儀社について下調べをして、見積もりをとるなど準備をしておきたい、とのこと。

下調べや、見積もりまではなかなか難しいですが、とにかく亡くなったら非情なほど「すぐに」葬儀社を決めなくてはいけない、という事実は予め知っておくべきでした。

 

お布施の額について僧侶に尋ねるのは失礼ではない

Fotolia_86411011_Subscription_Monthly_M


「お布施」は、悩んだものの一つです。直接、僧侶に尋ねるのは失礼と思い、葬儀社に目安の額を聞いたり、親戚に聞いたりして決めましたが、正解がないものだけに難しかった。本書は、監修者の一人に住職の方がいるので、僧侶の立場から書かれている項目があるのも特長で、僧侶に直接相談してみてもいいと言います。その時は「お布施の本来の意味(自発的な精一杯の気持ちからくるもの)からいえば当然ですが、私どもでは見当がつきませんので」と、お布施の意味を知っていることを伝えたうえで、重ねて相談すれば、具体的な助言を得られるかもしれないそうです。

 

最新の税制に基づいたチェックシートで、その後の手続きにそなえられる

Fotolia_95065826_Subscription_Monthly_M


怒涛の葬儀が終わっても、生命保険金や住宅ローンなどお金に関することや、年金に関すること、様々な名義変更、相続・・・と1年くらいは、何かと手続きがあります。やはり、大きいのは「相続」の問題ですよね。2015年1月に相続税法が改正され、これまで相続税という一握りのお金持ちだけの話のように思われていましたが、もしかしたらあなたの身にも振りかかる問題になっているかもしれません。本書は、最新の税制にもとづいた「簡易判定シート」がついていて「相続税の申告が必要か」「相続税がかかるのかどうか」の2点を見極めることができるようになっています。その上で、専門家に相談するのをおすすめしています。

 

先にも書きましたが「もしも」に備えるのは不謹慎と感じるかもしれません。でも、体験したから言えるのですが、悲しみの最中、押し寄せる決断の波を乗り越えるのは本当に大変。ぜひ、この機会に一冊備えてみては。アラフォーは人生のそんな季節の始まりでもあると思うのです。

 

kazokuga

書名:家族が亡くなったらしなければならない手配と手続き 最新版 (電子書籍あり)
監修: 北秀継(大願寺住職)、岡﨑正毅(税理士)、岡﨑麻美(社会保険労務士) 
ISBN:9784074177707
出版年月日:2016/07/27
定価:本体1,300円+税
◼︎ご注文はこちらから◼︎
アマゾン(リンク)
honto(リンク

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

突然の「親の葬儀」。私の家族に起きたこと、かかった費用

考えたくないけれど、いつかやって来る親との別れ。残される家族としては、葬儀の費用のことも気になります。そこで、葬儀とその費用について調べてみました。葬儀は突然や…

口にするだけで愛が深まる!3つの魔法の言葉とは

今日はクリスマスイブですね。みなさんは誰と過ごしますか?せっかくのクリスマス、素敵な思い出にしたいですね。サンタクロースや恋人からの贈り物ばかり気にしないで、今…

クイズ!中学生でも分かる敬語、正しいのはどっち?

英語でも数学でも中学生レベル、つまり義務教育で習うことで十分だというブログや書籍が目に付きますよね。今日は敬語について基礎からおさらいしてみましょう!全7問です…

えっ、「食べる」を丁寧に言うと「食べ○○○」?

「お昼はもう召し上がりましたか?」と聞かれて「はい。召し上がりました」なんてうっかり答えてしまうこと、ありますよね。「食べる」には「召し上がる」「いただく」とい…

ヘタな字がたった1日で「大人な字」に変わる魔法って?

壊滅的に汚字というわけではないけれど、年齢相応とは言い難い、「微妙にヘタな字」。私のこと?と思う人は多いはずです。アラフォーともなると今さら習いなおすきっかけも…

いくつやってた?人前で大恥をかく箸づかい7選

もうすぐ忘年会シーズン。テーブルに届いたお料理を取り分けるとき、実はあなたの「箸さばき」が意外に注目されていることに気づいていましたか? 各種アンケートでも「テ…

参拝前にこっそりチェック! これだけはおさえたい初詣のマナー3つ

新年あけましておめでとうございます。みなさんはこの記事をどこでご覧になっているでしょうか。初詣に行く前だったらラッキー!な情報をお伝えします。誰と一緒に参拝する…

オオゴショと言うとオオゴトに!?女性に「大御所」を使うと…

演歌の世界では、北島三郎さんや五木ひろしさんら、お笑い界では、ビートたけしさんや明石家さんまさんらが「大御所」と呼ばれる人達。この言葉の使い方に異論を唱える人は…

知らないと恥をかく! 「親の葬儀」のお布施イマドキの相場

葬儀の際に寺院に包むお布施。「お気持ちで」と言われても、まったく見当がつかないですよね。今時の相場とは? 親の生前にしておきたい3つのコト日本で行われる葬儀の8…

51%が誤用している日本語「役不足」。正しい意味とは?

謙遜のつもりで使っているのに、実は大変無礼な言葉があります。その代表例が「役不足」。「このたび、大役を仰せつかりました。私には役不足で、果たして務まるのかどうか…

道端アンジェリカが10kgやせた「トマト寒天」ダイエットレシピ

チアシードや甘酒など、その美容効果に注目し、いち早く取り入れてきた道端アンジェリカさん。彼女がNHK『あさイチ』で今注目している食材として紹介したのは、「寒天」。ぷるぷるとしたひんやりデザートを想像する…

40代が気になる白髪の悩み。実は「冷え」が原因かも!

鏡を見るたびに「あれ?20代のころはこんなじゃなかった!」となることが増える40代。白髪や薄毛、肌のたるみ、乾燥など、その原因は体の『冷え』にあるかもしれません。さらに「目の疲れがひどい」「便秘がなか…

○○を押したり、もんだり!働く女性のつらいアレを指で解消

仕事が忙しくなったこともあり、これまで週に1回通っていたヨガをお休みすることに。すると途端に、肩こりや腰痛が復活してきて。デスクワーク中にできる簡単ストレッチもありますが、周りが一生懸命仕事をしている…

40女が目指したい自分スタイルとは?ミラノマダムに学ぶ【宣伝課長・長友のアモーレな一冊】

東京も朝晩寒くなってやっと秋らしくなりました。季節が急に変わると困るもの私的ナンバー1が「今日着る服」。毎シーズンちょこちょこ服は買っているのに、なぜか着たい服がない。鏡の前でいろいろと合わせてみては…

人気和食「賛否両論」の笠原将弘さんの絶品時短レシピ3!5分で作れる「のっけごはん」 【宣伝課長・長友の“アモーレ”な一冊】

平日は帰宅が遅め、頭もカラダもヘトヘトでとても晩ごはんを作る気にならない……。そんな私のような女性多いと思います!でも、便利とは言え、外食や買ったお惣菜が続くと嫌気がさす。だから、遅く帰ってきても短時間…

「糖質オフダイエット」思うようにやせない!その原因と対策はコレ【宣伝課長・長友の“アモーレ!”な一冊】

糖質オフダイエットは、ブームを超えて定着した感がある今日この頃。やせたい!と思ったら「カロリー」よりも「糖質量」を気にしたり、コンビニや飲食店でも「低糖質」を謳った商品やメニューがかなり増えてきました…

40代は初体験ラッシュ。最近どんな初体験してますか?【宣伝課長・長友の”アモーレ!”な一冊】

今回紹介するのは、酒井順子さんの『泡沫日記』。「人生後半の初体験」に満ちた日々を記した日記風エッセイです。書店で文庫版の帯の「嗚呼、ミドルエイジ!中年になってもまだまだ知らないことばかり。」を見たとき…

私が仕事抜きでおすすめする「作りおき」本 【宣伝課長・長友の”アモーレ!”な一冊】

今、書店の料理本コーナーをのぞくと「作りおき」関係の本がたくさん。「忙しい毎日を過ごしながらも、美味しくて安心できる料理を食べたい、しかも簡単に」というニーズに答える「作りおき」は、その言葉とともに大…

次の海外旅行はクロアチアで「スロウリィな旅」がしてみたい!【宣伝課長・長友の”アモーレ!”な一冊】

バカンスの季節到来。先日、一足先に週末を利用して2泊4日(!)弾丸シンガポール旅へ。流行りのスポットに話題のカフェやレストランなどなど、駆け足でめぐってきました。いやー大忙しでした。大いに楽しんで帰って…

バストのたれ、ワキ肉、ハミ肉対策は夜寝ている間に!【宣伝課長・長友の“アモーレ!”な一冊】

はじめまして。主婦の友社の広報・宣伝課の長友薫と申します。1975年生まれの41歳、アラフォーの私が独断で選んだ、「OTONA SALONE」読者に愛すべきおすすめの1冊を隔週でご紹介していきます。よろしくお付き合いく…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事