50代でも「モテまくる女」のごく当たり前な10の習慣って…?

内面が充実してくる一方で、容姿の衰えは否めない50代。
当然ながら、男性からのお誘いや扱い、モテにも大きく影響しており――。

モテを左右するのは、ひとえに「女を捨てない」心がけ。

そんな50代のモテ女性の習慣を、CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者が徹底リサーチしてみました。

あなたはいくつ当てはまりますか?

 

1・毎日、体重計に乗る


50代モテ女性にとって肥満は大敵。「昨日、少し食べすぎたかな」と思ったら、翌日は食事を微調整。日々の些細な心がけが、モテボディを作るんです。

 

2・化粧下地を必ず塗る

美しいメイクの仕上がりの要は「ベースメイク作り」。ファンデを密着させ、肌を保護する化粧下地は欠かせないアイテムです。

 

3・毎晩、財布の中身を整理する

その日のうちに不要なレシート、必要な領収書を整理し、お札をそろえる行為は、お金に対しての敬意、感謝に繋がります。外見の汚れや手入れも大切です。

 

4・メイク道具、化粧ポーチのお手入れを欠かさない

こちらも財布同様、お手入れは必須。メイクスポンジやブラシは清潔か、シーズン外の余計なアイテムは入っていないか。もちろん、ポーチそのものの清潔感を保つ配慮も必要です。

 

5・コンビニ食・加工品・添加物を極力摂らない

モテ美女は、食べ物が「いかに自分の体や肌、脳(思考)や将来の健康を左右するか」を知っています。便利で美味しい食品も、成分表を見れば、健康を害する添加物や防腐剤、糖質類であふれています。もちろん全てカットすることは不可能ですから、マイルールを決めて向きあいたいですね。

 

6・汚い言葉を使わない

私たちの脳は「主語を認識しない」ってご存知ですか?「あいつ、ムカつく」「あの子、バカじゃない」と言えば、「ムカつく」「バカ」などの言葉が、そのままブーメランのように、自分に向けての発言となってしまうのです。

 

7・週に2回はハイヒールを履く

加齢とともにハイヒールを履くのが億劫になりますね。しかし、楽チンだからとペタンコ靴のみでは、ゾウ脚になる一方。最低でも週に2回はハイヒールで筋肉強化・美脚作りに励みましょう。外出時、「移動中はローヒール、目的地に着いたらハイヒール」の使い分けもおススメです。

 

8・日に10回以上鏡を見る

鏡や電車の窓ガラスに映った自分の顔にガクゼンとした経験はありませんか? 頬がたるみ、口角がだらしなく下がった「オフ顔」は、年齢を重ねるほどに、悲惨なものへと変貌します。モテ女性は、化粧直しの時はもちろん、ふとした時に鏡で自分を表情を確認し、表情筋のタルミ防止に努めています。

 

9・読書を習慣化する

年齢を重ねるほど「モノは少なく、知識は豊富に」が鉄則。知識や話題の多さは、充実した人生において欠かせないものの一つ。小説、ノンフィクション、実用書などジャンルは問わず、本をたくさん読みましょう。

 

10・家でもブラジャーをつけている

楽だからと「家でノーブラ」を続けていると、胸はタルむ一方です。バストは女性の美しさの象徴(大きさに関係なく)であるからこそ、丁寧にケアしてあげたいですね。就寝用のナイトブラもおススメです。

 

【次回も50代でもモテるチェックリストをお送りします!お楽しみに】

 

 

 

スポンサーリンク

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

白髪が簡単に隠せた!おすすめヘアファンデーション3品&失敗しない使い方5点

白髪があるかないかで見た目年齢にかなりの差が出てしまうアラフォー世代。定期的に染めている人も多いと思いますが、数日たてば髪がのびてきて生え際が白くなってきますよ…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

「自分で見えない部分」の白髪に困る人、3COINSで今すぐコレ買って!

ひろたかおりさんの【男の本音】で取り上げられていましたが、男性が気になっているのはスタイルよりも髪の毛とのこと。女性よりも背が高い人が多いわけですから、立ち話な…

オススメ!白髪染めを市販の「ヘアマニキュア」に変えてわかった5つのメリット

40代ともなると、大きなテーマの1つとして急浮上するのが白髪問題。他の人の白髪率なども気になってくるお年頃なのか、私自身もこの1~2年の間に「もしかして、まだ白髪出…

もう失敗しない!「白髪染め」色選びは肌タイプより〇〇が重要だった

白髪染めはカラーバリエーションが少ない、暗い色に仕上がってしまうというのは昔の話。今は薬剤の進化でトレンドカラーも取り入れられるようになりました。また、カラーの…

白髪染め?カラー?美容師おすすめの40代ヘアスタイル別ケア

白く光る髪の毛がちらほら見えはじめると、一気に老けたような気持ちになりますよね。しかも白髪は元気なので、ピョンピョンと目立つのが厄介。染めてしまえば目立たなくな…

痛くならない「若見え」する40代のヘアルール5選

流行を取り入れたファッションを楽しみたいし、季節ごとに新色のリップやアイシャドウをゲットしたい。ヘアスタイルだって、たまには冒険してみたい。40代はまだ老け込むに…

モテる女性はやっている!【LINE】で男心をつかむテク3選

今やコミュニケーションに欠かせなったLINEは、ビジネスやプライベートと様々な場面で活用されています。だからこそ、相手に好印象を持ってもらえるLINEを送りたいもの。実際、モテる女性はどのような部分に…

【男の本音】結婚の決め手は何だった?「男が逃したくない女性」4つの特徴

男女ともに既婚率が低下している昨今。しかし、幸福の一つの選択肢として「結婚」が揺るぎないのも事実です。では、男性たちの結婚の決め手となったものは何でしょう?CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者が男性陣…

クラブママ伝授!ホステスに学ぶ「元カレと復縁」する4つの方法

出会いと別れは紙一重。どれほど甘い恋愛期間を過ごしていても、ある日突然、別れがやって来るかもしれないのです。「どうしても元カレと復縁したい」と熱望するあなた、高級クラブのホステスたちの思考や接し方がと…

「彼女、美人だよね」と言われる人のごく当たり前の10の習慣

50歳を過ぎても、ナチュラルな色香を放ち、男性が放っておかない女性っていますよね。彼女たちに共通しているのは、ひとえに「女を忘れない」心がけ。若い女性と張り合うのではなく、成熟した自分を受け入れたうえで…

美人じゃなくてもここまでモテる!40代女性の「アリな色気」4つの極意

美女なのにいまいち男性と縁がない女性がいる一方で、容姿はそこそこでも、周りに男性が絶えない女性が存在します。私自身、10年間にわたり六本木のクラブママを勤めましたが、必ずしも「ナンバーワンホステス=ス…

実はここならモテモテ?40代独女が「理想の独身男性」と出会える場所って

40代独女の婚活が、厳しさの一途をたどるのは周知の事実。「平成駆けこみ婚」を焦るあまり、流されるまま、お見合いパーティや街コンに参加し、お手軽に知りあった男性に遊ばれてしまったり、「こんなはずじゃなか…

「婚活開始から1年以内にゴール」できた40代女性の3大共通点って?

「婚活疲れ」は、社会現象のひとつとなっています。「ちょっとだけ休もうかな」「でも、ここまで頑張ったんだし」と行ったり来たりを繰り返す女性が多い一方で、短期決戦で見事勝利を収めた女性も大勢いるのが実情で…

ウソ…もしかして私「セカンド女」?疑わしいカレの挙動7つ

彼との「愛情の温度差」を感じることってありますよね?常にスマホをチェックして落ち着かなかったり、別れ際が以前より素っ気なかったり、次のデートの約束を「忙しいから、こっちから連絡するよ」と大よその予定さ…

一発アウト!40代女性が即恋愛圏外にされる「ゲンメツ臭」4つ

30歳を過ぎると、気になる人が多いと言われる加齢臭やミドル脂臭。汗をかきやすい夏が終わっても、ニオイとの戦いは一生続きます。今回は冬場の「女性のゲンメツ臭」に注目。男性に「女性のニオイに関するガッカリ…

また恋がうまく始まらない…もしかして私「友だちどまりオンナ」?3つのダメポイント

数回デートを重ねると、彼と疎遠になってしまう。デート中はいい雰囲気なのに、イマイチ愛情に温度差を感じて常に心配。尽くせば尽くすほど、彼が遠ざかっていく。――もしかして、良かれと思っていることが裏目に出て…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事