【新連載】山口智子さんも有働アナも。新しい大人ライフ「おこなしさま」とは【おこなしさまという生き方】

「よくぞ言ってくれた!」

女優・山口智子さんが女性誌のインタビュー(FRaU 2016年3月号)で、子どもを持たない人生を選択したことについて「一片の後悔もない」と自身の生き方を語り、大きな反響を呼びました。少子化で出産を賛美する風潮のなか、未産の女性はどこか肩身が狭い……。いつまでたっても結婚・出産をしない女性は、自分のことを最優先にして好き勝手に生きてきた。だから少子化が進むんだ!という空気が漂っていたからです。

 

産む人生と、産まない人生

生き方が多様化しているといわれながらも、時代のセンターにいるのはママ達で、未産女性は社会からの無言の圧力を受けていました。心の奥にあったドヨーンとした気持ちが、山口智子さんの潔い発言でスカッと救われた思いがしたのです。

出産には時間に限りがあります。望む、望まざるにかかわらず、女性は「産んだ人」と「産まなかった人」の二通りしかありません。自ら産まない人生を選択した人もいれば、パートナーやチャンスに恵まれなかった、努力したのに授からなかった、身体のことが原因で産むことができなかった……事情は人それぞれだと思います。

NHKの有働由美子アナウンサーは「子どものいない生き方」を特集した番組(あさイチ 2016年5月18日放送)で、「去年ようやく出産の可能性を諦めて、やっとひとりで生きて行く自信が出てきた」と発言しました。

 

出産というシャッターを下ろすとき

自分の努力だけでは、どうにもならないことがあります。ましてや出産はタイムリミットがある。思い描いていた人生通りにはならず、辛い思いを胸の内に抱えている女性は多いのです。

「人生の後半、まだ結婚はできる可能性はあっても、もう出産できる可能性はない。」

ある年齢を過ぎた女性は、有働アナのように“子どもがいない人生”を覚悟する時がきます。それは産まなかったことを後悔する、しないに関わらず、店じまいのシャッターを下ろす感覚に似ているかもしれません。

自らの意志で早々にシャッターを閉じる女性もいれば、シャッターが下りかかっているのに「まだ閉めないで!」と踏ん張ってみたり、気が付いたらシャッターが閉められていたケースもあるでしょう。

シャッターの向こう側では、母でもきれいなワーママが「素敵な女性像」として脚光を浴び、メディアではママタレ、政界でもママ議員が大活躍。「母・妻・女性」というマルチな視点を持つ彼女たちは、社会でも重要視されています。

 

女性の生き方の「スタンダード」とは?

一方、平成26年度の出生数は100万3,532人の過去最少で、合計特殊出生率は1.42(厚生労働省発表)。平成27年度の出生率は1.46と微増したものの、15歳未満の子どもの推計人口(2016年5月 総務省発表)は前年より15万人少ない1605万人で、1982年から35年連続の減少となっています。

低迷が続く出生率と少子化の裏側では、「生涯無子率」が上昇している現状があります。様々な時代背景・要因などから「子どもがいない人」が増えているのに、なかなかそこにスポットはあたりません。

それには、センシティブな問題が絡んでいることもありますが、「女性は子どもを産むべき」という社会的風潮がまだ根強く残っていることも一因としてあるような気がします。

長年、結婚して子どもを産み、育てることが「女性の生き方のスタンダード」とされてきました。時代と共に価値観は少しずつ変化してきているものの、まだまだ未産女性の立場は心地良いものとはいえません。

そんなシャッターが閉まった後のどこか薄暗い場所に、力強く光を差し込んでくれた山口智子さんの影響力は大きいものでした。女性は子どもを産んだか、産まないか。言い換えれば「子どもがいる人生」か、「子どもがいない人生」か、どちらかを歩むことになります。

 

おこなしさまは、新たな大人ライフのひとつ

昔に比べて、子どもがいない生涯を送る人は増加しています。今までは少数派だったけど、「新たな大人のライフコース」のひとつとして捉えられるのではないでしょうか。そこで、独身・既婚を問わず「生涯子どもがいない大人の総称」を“おこなしさま”と名付けました。呼称をつけることで、そこに新しいマーケットが生まれ、宙ぶらりんだった私たちの居場所ができるからです。

当然ですが「子どもがいない人生」、「子どもがいる人生」、どちらかを肯定・否定するつもりはありません。ただ、子どもがいない“おこなしさま”が肩身の狭い思いをすることなく、人生の後半を前向きに幸せに生きていきたい。“おこなしさま”の一人として、切に感じています。

そして、子どもがいても、いなくても、すべての女性が心地良い社会になりますように!そんな願いを胸に、“おこなしさま人生”を歩んでいきます。

 

くどうみやこ/大人ライフプロデューサー

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

子どもがいない人生は幸せなのか?その答えが意外だった!

自分の幸せは、自分で決めるものだ。幸せの基準は、人との比較や他人の評価で決めるものではない。自分の価値観で判断してこそ、幸せを感じることができる。幸せは他人が決…

「一生、独身かも!」と思ったら見直すべき2つのこと

「このまま一生、一人で生きていくのかもしれない」。そう覚悟したのは39、40歳くらいだったと思う。もともと結婚願望はあまりなかったが、20代、30代のころは漠然と「いず…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

子なしの遺産は誰に?!アレがないと大損、大揉めする遺産相続<既婚・子なし編>

自分の相続の話なんて、ずっと先。老後に考えればいいことだと思っていました。ところが、子どもがいない人は早めに考えておかないと厄介なことになると気づき、遺言書を書…

子どものいない女性が「これだけは言われたくない」言葉

何気なく言われた言葉に傷ついた経験は、誰しもあるはず。相手に悪気がないと分かっていても、言葉の矢が胸の中心を貫通。それが長年の友人からの言葉だったらなおさら、水…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

死亡保障の適正額は? 子なしは遺族年金が大損ってホント!?【おこなしさまという生き方 Vol.10】

女性は平均寿命87歳の約半分を過ぎた頃から、生涯子どもがいない“おこなしさま”を覚悟する時期に入っていきます。世の中には40代後半で妊娠・出産する女性はいますが、それ…

ちゃんと考えてる? 子どもがいない人生のライフプラン【おこなしさまという生き方 Vol.9】

「結局、私は子どもがいない人生が合っている」なんていうか、「子どもがいなくて良かった」ではなく、「合っている」がしっくりくる感じ。それは自分の性格、ライフスタイ…

子なし女性が絶対に職場で言えない!男が知らないホンネとは

1986年に男女雇用機会均等法が施行されて約31年が経ち、その間に女性の生き方は大きく変わった。昔のように、女性は結婚して子どもを産むことがスタンダードではなく、生涯…

IQが高い女性ほど子どもを産まない⁉ IQと出産の真実

2000年に発売され、全世界で大ベストセラーとなった「話を聞かない男、地図が読めない女」(アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ共著)。以降、男脳、女脳、男心、女心・・・…

子どもを産まない女性の脳からは「コレ」がなくならない。脳研究者に聞く

「ただ聞いてほしい女」と「すぐに解決したがる男」。これは男性脳と女性脳の違いから起こることだと聞く。だから女性の話を、「わかるよ」「そうだね」「大変だったね」と共感して話を聞いてくれる男はモテるという…

子なし女性が絶対に職場で言えない!男が知らないホンネとは

1986年に男女雇用機会均等法が施行されて約31年が経ち、その間に女性の生き方は大きく変わった。昔のように、女性は結婚して子どもを産むことがスタンダードではなく、生涯独身、子どもを持たない、籍を入れない事実…

「子どもがいなくてよかった」とみんなが思えることベスト3を大発表

現在ドラマやCMにひっぱりだこの女優・石田ゆり子さんは、奇跡のアラフィフとして脚光を浴び、男女共に人気が高い。もし彼女に子どもがいて、結婚相手がIT社長だったりしたら、今のような人気は得られなかっただろ…

女性が「もう子どもを産むことはない」と思う年齢は何才?

前回のコラム「子どもがいない女性が抱える“もやもや感”。100人の本音とは」の中でもふれたように、子どもを産む・産まないの分岐点は女性にはある。子ども産まないと決めていなくても、いつの間にか時が流れて、気…

子どもがいない女性が抱える“もやもや感”。100人の本音とは

38歳「子どもを産むなら、そろそろ真剣に考えなくちゃ」40歳「まずい、子どもを産むタイムリミットが近づいてきた」42歳「このまま、子どものいない人生になるかもしれない」45歳「もう子どもを産むことはないだろう…

「子どもの有無」で女の友情に溝?約6割は話が合わない

学生時代から仲良しだった友人と、子どもができてから疎遠になってしまった。女同士の間では、取り立ててめずらしい話ではない。どちらが悪いわけではなく、一方が結婚して子どもが産まれると、生活が一変する。すべ…

「子どもを持たない女性」が先進国で増加している理由

近年、日本の特殊出生率(女性が生涯に産む子どもの数の平均)は、1.4程度と依然として低い出生率が続いている。少子化のバックグラウンドには、生涯子どもを持たない“おこなしさま”の増加がある。お前らのような存…

「未産女性」と「LGBT」が苦悩する押しつけの価値観

「子どもを出産できるのは女性だけである」「女性は出産できる年齢にタイムリミットがある」この2つが女たちを苦悩させる。女性は「産んだ女」と「産んでいない女」の二通りに分かれる。また年齢的な問題から「まだ…

子どもがいない人生は幸せなのか?その答えが意外だった!

自分の幸せは、自分で決めるものだ。幸せの基準は、人との比較や他人の評価で決めるものではない。自分の価値観で判断してこそ、幸せを感じることができる。幸せは他人が決めるものではないが、誰が見ても分かりやす…

避けて通れない!子どもがいない人生「老後の3大リスク」

女性はある年齢になれば、望む・望まないに関わらず、子どもを産むことを諦めることになる。独身街道を歩んできた“おひとりさま”は、子どもを産む以前に結婚のチャンスに恵まれなかった。元々、結婚願望がなかったな…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事