保湿して安心してない?肌トラブルが多い40代に「足りてないスキンケア」3選

「このところ、年齢よりも老けて見られることが増えた気がする」

「40代になってから、どうもお肌の調子が慢性的に良くないかも」

そんなお心当たりがあるならば、デイリーに使っているスキンケアコスメの見直しを図るタイミング。

20代や30代のころと40代の肌では、どうしても肌の質感や悩みがちなテーマも変わってくるため、お悩みにアプローチできるコスメが「ある」と「ない」では、スキンケアの満足度も変わると言えるでしょう。

「そう言われてみれば、しばらくスキンケアコスメを見直していなかった!」な40代女性のみなさま、すっかり春本番な今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は、肌悩みが多い40代女性ほど使っていない比率が高めなスキンケアコスメのお話です。

 

肌悩みが多い40代女性ほど「使っていない」率が高めなスキンケアコスメ1:シミ対策にスポットでアプローチするアイテム

加齢に伴う肌悩みで、40代にありがちなもののひとつに「シミ」が挙げられます。

「若いころに肌を焼いていた」「紫外線対策をしてこなかった」などの背景から、40代を迎えたくらいから、今までよりもシミが出やすくなった肌を痛感している……というのも、よく耳にするお話。

ところが、そんな女性たちによくよく話を聞いてみると「とは言っても、美白コスメは何を使えばいいのかよくわからないから、適当に買ったものを肌に塗っているだけ」という言葉も頻繁に聞きます。

実はこれは「お手入れしているようで、思っているような効果が実感できない」にありがちなワナ。昨今の美白コスメは、気になる箇所をスポットでお手入れできるものも多くなっていて、40代の肌だと“シミが気になる箇所とそうでもない箇所”が混在しているケースも多いため、手軽に肌悩みにアプローチするならば、“スポット美白”を謳っているコスメのほうが、満足度が高まる傾向もあります。

余談ですが、私は今『LITS』の「ホワイト薬用ドットゼロ」を活用中。“注射”のような形状の容器が、気になる箇所をスポットで狙い撃ちできる美白コスメで「シミが出るかも」が不安な箇所にだけ使えるのが便利です。2,980円(税抜)とお手軽プライスなので、何から始めたらいいのか迷っているかたでも使いやすいと思います。

 

肌悩みが多い40代女性ほど「使っていない」率が高めなスキンケアコスメ2:乳液

今の40代は「乳液はベタつくから使わない」のスキンケアが過去、密かにブーム(!?)になっていた世代でもあります。

確かに、ひと昔前の乳液は保湿力重視で油分が多めのものも多かったために、塗るとかえって肌荒れを招いたりオイリー肌になったような感じがしたり……といったプチ不満も生じがちだったのは確か。

しかし昨今の乳液はあのころと比べるとかなりの進化を遂げていて「ベタつく」を感じるものは減ってきている実情に。

さらには40代ともなれば、30代までと比べて加齢による肌の水分量不足も深刻になりやすい世代ですから、若いころからの癖で「乳液を使わない」を続けていると、それだけ肌悩みを招きやすい要因にもなりがちです。

ここ数年での乳液分野の進化はすさまじく、今は、単なる保湿だけでなく機能性のあるコスメもたくさん揃っている時代。

私は、大気汚染、花粉の飛散、PCやスマホのブルーライト、温暖化や渇きなどのキーワードにアプローチする『クリニーク』の「ドラマティカリー ディファレント ハイドレーティング ジェリー」を愛用していて、これを使い始めてからは、外的刺激による肌荒れが激減した実感があります。

 

肌悩みが多い40代女性ほど「使っていない」率が高めなスキンケアコスメ3:「ここぞ!」なときに頼りになる即効性を感じるアイテム

大切な予定の前や意中の男性とのデート前日など「デイリー肌よりワンランク上の肌を狙いたい」なときに頼りになるコスメが「ある」と「ない」でも、肌悩みの深さは変わってきます。

ところが「大事な予定の前には、いつも肌状態が最悪」と口にする女性たちからお話をうかがうと、特別なケアをせずにデイリーケアだけで済ませている実情も強めです。

「もうちょっと透明感を出したいのに」、「肌にツヤ玉が出てくれればベストなのに……」といった悩みには、即効性を感じるスペシャルアイテムが手もとにあればお悩みとは無縁に。

私は、もうOTONA SALONEでも何度もご紹介していますが『フェブリナ』の「NANO ACQUA  炭酸ジェルパック」を、数年にわたって愛用中。炭酸パワーの即効性を実感していて、肌が疲れているときでも、大事な予定がある当日の朝、メイク前に使うだけで肌が蘇ったように感じる救世主になっています。

 

肌悩みには個人差もありますが、年代によってぶち当たりがちなお悩みもあるのは確か。

「なんだか肌の悩みが絶えない……」と感じたときには、思い切って今使っているコスメ類を見直す、あるいは何かを加えるべきタイミングかもしれません。

(※筆者注 画像は筆者の私物です。文中の効果は筆者の個人的な感想です。)

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

ひと手間で「オバ髪」解消! 40代のヘアアレンジ4選

40歳を過ぎると、肌の衰えだけでなく、髪の老化も一気に加速。その影響なのか、これまで通りのヘアスタイルに違和感を感じてきた……。そんな感覚に陥ったアラフォー女性、多…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気

年齢を重ねるとトレンドのヘアスタイルよりも扱いやすさを重視する傾向に。髪悩みも増えてきますから、当然といえば当然ですよね。「扱いやすさ」には乾かしやすい、スタイ…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

一つ結びをおしゃれアレンジにする秘訣って?

シンプルな一つ結びは無難ですが、ただ結ぶだけでは“疲れたおばさん”になりがちという落とし穴が。そこで、手間をかけずにできるおしゃれなひとつ結びの方法をご紹介します…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もったいない…!「髪が汚いオバサン」と思われる40代に足りないヘアケアって?

40代ともなれば、若いころと比較してパサつきやうねり、白髪などに頭を抱える女性も増えてくる年代。白髪などは同世代であれば、もはや「お互いさま」でもありますが、とは言っても、お手入れ不足の髪には厳しい目を…

あっ…使ってた!「オバサンっぽい40代」がポーチに入れてる眉コスメって?

この連載でも、何度もとりあげているテーマですが、眉の仕上がりは、メイク全体の印象を左右すると言っても過言ではない“要(かなめ)”。美容家をしている私でも、他パーツの仕上げに満足できても、眉がちょっと不自…

節約上手のつもりが…!「40代で貧乏くさいなぁ…」と思われる女性の痛すぎるポーチの中身

メイクポーチの中身には、持ち主の“人となり”が現れやすいのも真実です。ちょっとしたシーンで、ポーチの中身を他人に見られたときに「なんだか、この人、貧乏くさいなぁ……」と感じさせてしまうのは、40代女性にとっ…

「年齢よりもオバサンっぽい!」な40代にありがちな痛いポイントメイクって…?

「あの人、年齢よりもオバサンっぽく見えるよね」なんて陰で言われるのは、40代にとってかなり不名誉なお話。しかし、実年齢を聞いて驚くほどみずみずしさに溢れている40代女性もいれば、残念ながらも「まだ40代だっ…

歳のせいじゃなかった…! 最近「メイクのりが悪い」40代の3大NGスキンケア

年齢を重ねるにつれ「メイクの“のり”が、悪くなってきた」と口にする女性も増えてくる傾向です。加齢の波は、誰にでも押し寄せるものだけに「40代ともなれば、普通よね」と諦めの声もしばしば聞こえてきます。でも本…

「あのオバサン、清潔感がない…!」と思われる、40代女性の盛りすぎメイク

メイクは、同じコスメを使ったとしても、その強弱によって印象はガラリと変わるものです。清潔感の「ある」or「ない」については、色づかいや色の組み合わせかたも関係しますが、メイクがtoo muchになっているだけで…

男ドン引き! お泊まりの朝「別人じゃん…」になる40代に足りないコスメは?

お泊りデートの翌朝は、ポーチに入れて持参したコスメ類で、メイクを済ませるのが一般的。アレコレと持っていくと荷物になるので、こういったシーンでは持ち歩くコスメは厳選し、自宅でのメイクに比べて、簡素に済ま…

泥酔よりイヤだ…!? 男がドン引きする40代女性の「お酒の飲みかた」3例

社会人経験が長くなってくると、必要に迫られた結果、若いころよりもお酒に強くなる40代女性も珍しくありません。そして一方で「泥酔した姿は、みっともない」は男女問わずによく言われるお話。ところが、場合によっ…

それ「おツボネさま」に見えてる!厄介な40代の痛ポイントメイク3例

メイクの印象によって「この人って、こんなタイプ……?」な憶測にもつながりがちなだけに、ビジネスシーンでのブランディングとメイクテイストは、切っても切れない間柄に。だからこそ、デイリーのビジネスメイクでは…

「おばさんっぽい!」と言われる40代女性のポーチに入っている3大痛コスメって?

「あの人って、年齢のわりにオバサンっぽいよね」「いかにもオバサン!って雰囲気で、残念」周囲から、こんな評価をくだされていたとしたら、40代としては不名誉なお話。しかしメイクのテイストや使っているコスメの…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事