恋愛に年齢なんて関係ない!いくつになっても現役感のある女性の特徴は……

ズバリ、NYでは恋愛に年齢なんて関係ない! オトコ、オンナ、どっちが上でも20歳の年の差カップルなんてザラにいるし、それに関して外野はやーやー言わずに、自然に受けとめている。そんなの個人の問題だし、精神年齢は実年齢や見た目年齢と違うでしょ? と達観しているのか。っていうより人のことなんてどうだっていい、というのが正直なところなのかも(笑)。

【SINGLE AND THE CITY#4】

自虐や卑下なんてする必要ない!

 けれどアクションがないと結果は起きない。自分の年齢も相手の年齢も気にせず好みのタイプにはどんどんアプローチしちゃうもんね~という土壌がないとこういう状況にはならないですよね。

 

 日本でよ~く聞くフレーズが「どうせ私、おばさんだし」「こんなおじさんなんて圏外でしょ?」という自虐の言い訳。逆に「こんなガキじゃ相手にされないですよね?」という卑下もある。今思い返しても、NYでは1度もそんな自虐フレーズは耳にしませんでした。それどころかいくつになっても気持ちは生涯現役! 

 

 結婚式でともに踊った南米ラティーノの結婚式は参列者みんなで陽気に踊りまくる!)花嫁の父が今度デートしようと猛烈アピールしてきたり、おじいちゃまだと思っていたご近所さんがボルサリーノを粋にキメ、花束抱えて歩いていたり(誰にあげるの~!)、ご高齢の方々の現役感もハンパない。

 

年齢なんて関係ない!大事なのは自分が○○な女になれるかどうか

 踊れるオトコはモテますよね。当時人気だったキューバンバーでは、推測80歳以上のおじいちゃまダンサーに熱い視線を送るサルサ女子たちが。いくつになってもオトコ、というような堂々とした態度で、それこそ指先ひとつでパートナーをくるくると回す熟練のダンス。身長差15㎝のモデル系長身美女もそのおじいちゃまと踊っているうちに目がハートに…。あれには驚いた!

 

 そう! ここがポイント。自分はオトコだという空気感はもちろん必要ですが、それ以上に重要なのは、それにより「自分が特別なオンナ」になれたと錯覚できるかどうかですよ!

 

 在米日本人のおじさま方もモテててましたよ。NY在住20年以上の大先輩カメラマンは仕事相手でもファミリーネームではなくファーストネームに「さん」づけ。さっとドアを開けてくれるようなレディファーストも板についていて嫌味がない。当時、30代になっていた私を素敵なマドモアゼル扱いしてくれ、恋心こそおこらなかったものの甘い気分になったっけ。誰に対してもジェントルマンなそのおじさま(といっても今の私と変わらない年代であろう)はいくつになってもモテモテでした。

 

 日本人でも小柄、童顔でへたしたら高校生に見えるのでは?という若手カメラマンの場合。彼も自然なレディファーストでかつ、くったくなく誰にでも話しかけるタイプ。NYコレクションでスナップを撮っているときなんて、アナ・ウィンターに毎回笑顔で「Hey Anna!」なんて声をかけているうちにすっかり顔なじみに。

 

子供からおばあさんまで分け隔てなく「女子」扱いで親切なんで、みんな警戒心がとけ、その気になっちゃんですよ。イベント取材では必ず、電話番号の書いてある紙をプレスやモデルなどの絶世美女から手渡されていましたっけ。あのピュアな少年っぽさがウケたんでしょうね。普通の取材ですら「これ美味しいよね~」「素敵な空間だね~」と目をキラキラさせいちいち感動。こっちまで乙女になった気分になれるんですよね。

 

いくつになっても男性を魅了する女性の特徴

 そして「自分は特別なオトコ」と錯覚させる女性はいくつになってもお姫さま! 私がすっごく尊敬している70代の女性がいるのですが、エイジレスなフェミニンさを持ち合わせているんです。彼女の周りにいる男性は老いも若いもみなメロメロに。彼女を笑顔にするために何とかしたいと、みなナイトのようにかしずくんです…!

 

もちろん年相応のシワもあります。特別な若づくりもしていません。でも生涯現役で存在そのものが絶世の美女なんですよね~。その方、イギリス暮らしが長くクィーンズイングリッシュ堪能、元コンコルドのスチュワーデスだったというとんでもなく「デキる人」。絶世の美女として世界中のセレブからアプローチされていたことでしょう。今でもそんなお姫さま感が漂います。

 

ですが彼女のすごいところはその美貌や才能をひけらかすことなく、男性に頼ること。重い荷物を持ってくれる男性に対し「あら、わたくしのために持っていただけるの?」とにっこり。大病を患ったことがあり少食な彼女は「食べてくださる?」と会食で隣り合わせた男性にそっとよそう。その姿が「いらないからあげるわ」でも「食べきれないからどうぞ」でもなく、「困ったわたくしのことを助けてくださる?」という可憐さなんですよ~。

 

その方と一緒にゴルフに行った時のこと。コンペ主催者のサプライズにより、超イケメン若手プロとラウンドすることに。私なんてそのイケメンぶりにすっかり照れてしまい、コーチと生徒という態度を貫くだけでしたが、彼女の周りはなんとも柔らかな雰囲気に。

 

「ここはどうすればいいかしら?」と自らプロを頼り、ナイスショットの後には「きゃ ありがと♪」と腕にソフトタッチ。みるみるプロの表情がセンセイではなく姫を守るナイトの表情に。彼女と一緒にいると男性はみな「頼れるナイト」に変身するのです。

 

いくつになってもオトコで、オンナでいられるかは、相手を「特別なオンナ」「特別なオトコ」になった気分にさせられるかどうかで決まりそうですね。

 

 

【間庭典子のSINGLE AND THE CITY】

#1・何歳になってもNY女性はモテる!秘密は「○○を堂々宣言している」から

#2・「ほめる」「〇〇を上げる」人間関係が3倍よくなるニューヨーカーの習慣

#3・チャンスは自分で作る!「恋愛会話テクニック」で恋を一歩前進させる!

#4・恋愛に年齢なんて関係ない!いくつになっても現役感のある女性の特徴は……

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

後輩とのコミュニケーションは、教えるよりも○○が大事!NY流、後輩を育てる4つの方法

NYの姉御が遠い空へと旅立ってしまった。その悲しい知らせを聞いたとき、ちょうどその彼女がコーディネイトした某有名ブランドのタイアップ記事をなんとなく眺め、「あぁ、お元気かなあ」と思い出していました。NYの…

10日で5㎏減!「集中玄米ダイエット」で気づいた40代の太らない暮らし方とは

人生2回目の7号食デトックスもなんとか終了! GWの10日間連休(自分自身はほぼ通常営業でしたがW)をつかってのチャレンジでしたが、いや~ 長かった! そしてやりました! その後、するする体重が落ちて回復食…

【実況】GW10日で玄米ダイエットチャレンジ!果たして結果は?

10日間の7号食デトックスも後半戦に突入! GW中はプチ引きこもり生活を続けているのでなんとか誘惑には負けずにいられるけれど、玄米食だけの日々にかなり飽きてきた… そして令和カウントダウンの暴飲暴食ですっか…

【実況】「玄米で毒出し!」7号食ダイエット・元号またぎの10日チャレンジ前半

40年以上ためこんだ毒素を玄米食だけで10日間すごし排出する「7号食ダイエット」。18年3月にチャレンジ、つまづきながらも成功し、なじみのバーでは「間庭重病説」まで流れるほどカラダもすっきり。しばらく快適で健…

費用もお手軽?40代の歯列矯正「部分矯正」のコストと時間は?やってみたデメリットは?#1

GW10連休! フリーランスの私はこの期間は都内で静かに過ごすのが恒例。この10日間を生かして「7号食ダイエット」に再びチャレンジし毒素排出、部屋の模様替えを本格的にする断捨離大作戦、とさまざまなリセットを…

いまオネエでもバイでも、未来の自分がどうかはわからない。「執着しない」NYの生き方

NYでかっこいい人はみんなゲイ……。それを知った日本からのゲストはみんながっくりして帰っていきます。オネエ系が多い日本と違い、アメリカのゲイは爽やかマッチョ系も多く、男っぽいゲイピープルが本当に多いんです…

チャンスは自分で作る!「恋愛会話テクニック」で恋を一歩前進させる!

前回、目があったらにっこり笑顔、というのがニューヨークのコミュニケーション術だと話をしましたが、住んでいたころ、その恩恵を受けたことがありました。あれはEast Villageにあるギャラリーのオープニングパーテ…

「ほめる」「〇〇を上げる」人間関係が3倍よくなるニューヨーカーの習慣

とにかくほめ上手なニューヨーカー。道行くオジサンでさえ「Hi,Gorgeous!」とか「Nice smile!」とかどうでもいいことまで褒めてくれるからうれしい。ま、いい天気だね、くらいの気軽な挨拶なんだけれど、それでも女…

何歳になってもNY女性はモテる!秘密は「○○を堂々宣言している」から

もう春になってしまいましたが、1年でいちばん華やぐ季節、クリスマス前のNYを訪れました。もうティファニーにも興味はないし(卒業したのではなく、自分へのご褒美なんてものを考えるほど経済的にも精神的にも余裕…

注目の「フラットホワイト」コーヒーを広尾で飲む!CANVAS【TOKYOノマドオフィス7】

やっちまいました! 新年早々。2時のアポのつもりで時間ぴったしに広尾にある某出版社にたどり着くと編集部のみなさんのあれれ?という表情。どこをどう勘違いしたのか1時だった! 1時間遅くではなく早くの勘違い…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事