何歳になってもNY女性はモテる!秘密は「○○を堂々宣言している」から

もう春になってしまいましたが、1年でいちばん華やぐ季節、クリスマス前のNYを訪れました。もうティファニーにも興味はないし(卒業したのではなく、自分へのご褒美なんてものを考えるほど経済的にも精神的にも余裕がない!)、もともと住んでいたので、今さら観光という気分でもない。ゆったりと暮らすようにな~んにもしない贅沢な休日を楽しんできました。

【間庭典子のSINGLE AND THE CITY#1】

NYは、シングルの街から○○な街になっていた?

思えば東京に拠点を移してすでに10年以上。街はすっかり様変わり…と思いきや、本質的には変わらず「やっぱりな…」というトホホなことや「やっぱりね!」という心躍ることまですべてが「This is The city!」でした。そんなところが良くも悪くも好きだったんだよな、と昔の恋人を思い出すような余韻が。なんかだかしばらくの東京生活で忘れていた記憶がよみがえってきました。

 

NYに渡った1999年ごろ、あの「Sex and the city」が大ブレイク。シングル生活を謳歌(もしくは迷走?)する主人公キャリーを意識してあのころこの街ではみんながちょっと甘ったるいあの早口なしゃべり方をマネてたっけ。ファッション業界のゲイのお姉さま方もみんな「Fa~~~bulous!(ファ~~~ビラス!)」を連呼していました。バーで何を飲むか迷ったら「とりあえずCosmpolitan(ドラマ中でよく4人組が飲んでいたカクテル、コスモポリタン)」、とかね。NYCはシングルのための街でした。

 

そんな時代からすでに20年近くの月日が流れ、あのころのシングルたちはマンハッタンを「卒業」し、今やNYCで最もHIPなブルックリンへ。マンハッタンから川を渡ったこのエリアは空前のベビーブーム。滞在していた友人宅でも周りはベイビー&キッズだらけ。一生シングル宣言をしていた友人がリッパな教育ママになっていたり、シングルはもはや少数派なのでありました

 

なんでもあり!な多様性が溢れる街

10日間ほどの短いNY滞在だったけれど、そうよね、そうだった! と改めて感じたのが、この街の多様性。例えばこの街には「Merry Xmas!」の挨拶はありません。様々な民族、宗教を背景に持つ人が住むということからひとくくりに「Happy Holidays!」なのです。アメリカ生活の長い友人が「日本人ってクリスチャンでもないのになんでみんなメリークリスマスって言うのよ⁈」と憤慨?するのを見て思い出しました。

 

クリスマスといえば赤と緑のカラーリングだけれど、ここでは青を基調にしたディスプレイもいたるところで見かけます。これはNYに多いユダヤ系=ジューイッシュのお祭り、Hanukkah(ハヌカ)の飾り。そもそも新年だって中国のように旧暦で祝う国もあるし、12月=クリスマス、お正月という思い込みは厳禁。とりあえずざっくりと「Happy Holidays!」と言い合えば無難というわけ。いいですよね、このなんでもあり!という感覚。

 

だからこの街では恋愛のきっかけだってなんでもあり! 24時間デリのおじいさん(明らかに70歳以上!)が「今日は素晴らしい天気だから一緒に散歩しない?」なんて冗談とも本気ともつかぬ感じで声をかけてきたり、警官でさえ目があったらウインクしてきたり、すっごくカジュアルなんですよ。友人の結婚式でそのお父さんにダンスに誘われ、踊りながら今度デートしようとナンパされるなんて事件もあったっけ。(花嫁の父ですよ⁈ 娘の友人ですよ⁈)

 

思い込みは取っ払って可能性を広げていこう

今回、へえ~と思ったのが、離婚してSingle Againとなった友人が「私は今、On the Marketだから」となにげなく語っていたこと。市場に出ている、つまりフリーなのよ、募集中なのよ、ってことかな。芸能人でもなんでもバツ1、バツ2のほうがすぐに次の相手を見つけたりするけれど、明らかに今フリーというイメージのほうが新装開店っぽくて新鮮だものね。それに比べ万年シングルは「閉店がらがら」感この上ない! う~ん、「On the market」って期間限定っぽさをアピールする魔法の言葉なのかも。

 

今その人がシングルかどうかなんてわざわざ聞かないし、久々に会ったりすると遠慮して仕事なんかのあたりさわりのない話題になりがち。そういえば高校時代の男友達がずいぶん前に離婚していたということを新年に知り、衝撃を受けたっけ。その間にもみんなで会っていたし、Facebookには仲のいい親子のスナップがあってシアワセ家族っぽかったし(そういえば奥さんの姿はなかったな…)とにかくいいお父さんを絵にかいたようなイメージだったんだもの。気づかずにごめんね、と謝りたい…。

 

SNSマジックなのか、楽し気な写真ってだけで、円満家庭のリア充だと思ってしまう。もちろん幸せな離婚だってあるだろうし、シングルだからって不幸なわけではないけれど、その思い込みを取っ払って「なんでもあり!」とふっきったら可能性は広がるんじゃないの? 声をかける側も、かける側も。

 

あなたも始めてみない?「On the market」宣言!

だからこそ「On the market」宣言するのって意外と大事。結構親しい男友達が婚活サイトに登録しているのを知って聞いて初めてシングルだと知ったことも。だってベビーシート付きママチャリに乗ってたりするんですよ~⁈ でも実際はかなり前に離婚し、一人暮らしも長いのだそう。うーむ。そりゃズバリ聞かないとわからない。

 

もしかして自分たちだって、Openじゃない態度や、所帯じみた持ち物でMarketには乗っていない圏外オーラをまとっているのかもしれないし。反省、反省。というわけで2019年はNO! 思い込み! 花嫁のパパほどとは言わないけれど、もっと頭も心も柔軟になるべし。まずは「On the market」と宣言することから始めてみようかしら。

 

【間庭典子のSINGLE AND THE CITY】

#1・何歳になってもNY女性はモテる!秘密は「○○を堂々宣言している」から

#2・「ほめる」「〇〇を上げる」人間関係が3倍よくなるニューヨーカーの習慣

#3・チャンスは自分で作る!「恋愛会話テクニック」で恋を一歩前進させる!

#4・恋愛に年齢なんて関係ない!いくつになっても現役感のある女性の特徴は……

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

後輩とのコミュニケーションは、教えるよりも○○が大事!NY流、後輩を育てる4つの方法

NYの姉御が遠い空へと旅立ってしまった。その悲しい知らせを聞いたとき、ちょうどその彼女がコーディネイトした某有名ブランドのタイアップ記事をなんとなく眺め、「あぁ、お元気かなあ」と思い出していました。NYの…

10日で5㎏減!「集中玄米ダイエット」で気づいた40代の太らない暮らし方とは

人生2回目の7号食デトックスもなんとか終了! GWの10日間連休(自分自身はほぼ通常営業でしたがW)をつかってのチャレンジでしたが、いや~ 長かった! そしてやりました! その後、するする体重が落ちて回復食…

【実況】GW10日で玄米ダイエットチャレンジ!果たして結果は?

10日間の7号食デトックスも後半戦に突入! GW中はプチ引きこもり生活を続けているのでなんとか誘惑には負けずにいられるけれど、玄米食だけの日々にかなり飽きてきた… そして令和カウントダウンの暴飲暴食ですっか…

【実況】「玄米で毒出し!」7号食ダイエット・元号またぎの10日チャレンジ前半

40年以上ためこんだ毒素を玄米食だけで10日間すごし排出する「7号食ダイエット」。18年3月にチャレンジ、つまづきながらも成功し、なじみのバーでは「間庭重病説」まで流れるほどカラダもすっきり。しばらく快適で健…

費用もお手軽?40代の歯列矯正「部分矯正」のコストと時間は?やってみたデメリットは?#1

GW10連休! フリーランスの私はこの期間は都内で静かに過ごすのが恒例。この10日間を生かして「7号食ダイエット」に再びチャレンジし毒素排出、部屋の模様替えを本格的にする断捨離大作戦、とさまざまなリセットを…

いまオネエでもバイでも、未来の自分がどうかはわからない。「執着しない」NYの生き方

NYでかっこいい人はみんなゲイ……。それを知った日本からのゲストはみんながっくりして帰っていきます。オネエ系が多い日本と違い、アメリカのゲイは爽やかマッチョ系も多く、男っぽいゲイピープルが本当に多いんです…

恋愛に年齢なんて関係ない!いくつになっても現役感のある女性の特徴は……

ズバリ、NYでは恋愛に年齢なんて関係ない! オトコ、オンナ、どっちが上でも20歳の年の差カップルなんてザラにいるし、それに関して外野はやーやー言わずに、自然に受けとめている。そんなの個人の問題だし、精神年…

チャンスは自分で作る!「恋愛会話テクニック」で恋を一歩前進させる!

前回、目があったらにっこり笑顔、というのがニューヨークのコミュニケーション術だと話をしましたが、住んでいたころ、その恩恵を受けたことがありました。あれはEast Villageにあるギャラリーのオープニングパーテ…

「ほめる」「〇〇を上げる」人間関係が3倍よくなるニューヨーカーの習慣

とにかくほめ上手なニューヨーカー。道行くオジサンでさえ「Hi,Gorgeous!」とか「Nice smile!」とかどうでもいいことまで褒めてくれるからうれしい。ま、いい天気だね、くらいの気軽な挨拶なんだけれど、それでも女…

注目の「フラットホワイト」コーヒーを広尾で飲む!CANVAS【TOKYOノマドオフィス7】

やっちまいました! 新年早々。2時のアポのつもりで時間ぴったしに広尾にある某出版社にたどり着くと編集部のみなさんのあれれ?という表情。どこをどう勘違いしたのか1時だった! 1時間遅くではなく早くの勘違い…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LOVEに関する最新記事