人気インフルエンサーになれない14の理由 ~反面教師から学ぶインフルエンサーへの道

インフルエンサー全盛時代です。初めて聞いたときはインフルエンザに罹った人かと思いましたが、違います(恥)。インフルエンサーとは、他の消費者の購買意思決定に影響を与える人のこと。おもにSNSやブログなどの個人発信型メディアのフォロー数が多い人のことを表します。フォロワー数で自分の価値が問われている今、どうすれば人気インフルエンサーになれるのか? 知りたいかたは多いでしょう。なれる秘訣を教えましょう……といいたいところですが、残念ながらそんな立場ではございません。ただ「反面教師」という言葉があるように、なれない理由から学べることもあるはず。ということで、人気インフルエンサーに“なれない”理由を紹介いたしましょう!

理由1  顔がかわいくない&カッコよくない

いきなりひどい理由ですが(苦笑)。かわいこちゃんがかわいい顔の写真をひたすらアップしていれば、それだけでみんな見たくなります。ゆえにフォロワーが増えます。モデルなどはまさにその最たる例ですよね。だけど顔が取り立ててかわいくなければ、顔の写真だけあげていてもたいしてフォローされません。残念ながら、外見という点でこの世は不平等。フォロワーが増えないのは、かわいくないということも理由のひとつです。

 

理由2 化粧が取り立てて上手でもない

理由1に該当する人でも、フォロワーが増やせる方法があります。それはメイクでどれだけ変われるか! メイクをすることで目の大きさが2倍になったり、まるで別人になったり、有名人そっくりのメイクができたり、2次元風メイクができたり。要は「この人スゴイ!」と思わせる変身ぶりができれば、みんなそのメイクは見たくなります。ですが、たいしたメイク技術がなければ他人は見たがりません。

 

理由3 スタイルがよくない

モデルのような美しいプロポーションや、グラビアアイドルのようなグラマラスボディをお持ちなら、そのカラダの写真をどうだといわんばかりに見せつけたり、SEXYに演出するだけでフォロワーは間違いなく増えるでしょう。カラダの写真をアップしてもフォロワーが全然増えないのなら、それはたいしてスタイルがよくないと思われているからでしょう。

 

理由4 オシャレセンスがいいわけでもない

顔もカラダもメイクにも自信がない人に朗報です。センスさえあればいいんです! センスがすごくよければ、ファッションのコーディネートやオシャレ小物、部屋のインテリアなどを紹介すればきっと「いいね!」されるはず。もちろん写真の撮り方もシャレオツにしないといけません。ファッションのコーデをアップしてもあんまり……なら、センスが飛び抜けていいわけではないのでしょうね。

 

理由5 芸術的センスに秀でていない

具体的には写真がステキだったり、オシャレだったり、オリジナリティのある絵だったり、面白いマンガが描けたりすれば、フォロワーは増えやすいはず。ですが、他人様にお見せできるような絵が描けるわけでもなければ、素敵な写真がとれるセンスもない……という人が圧倒的大多数ですよね。

 

理由6 ステキ料理が作れない

おいしそうな食事や、ヴィジュアルにすぐれた料理が作れれば、それだけでインフルエンサーの近道です。もちろんこれにも写真のクオリティが問われますから、光の入り方や角度などにも細心の注意が必要になります。ですが、朝からオシャレごはんなんて作ってるヒマはありませんし、キャラ弁のようなビジュアル弁当が作れる器用さもありませんからね、わりと。

 

理由7 グルメじゃない

料理が苦手だとしても、ひたすらお店の美味しそうな料理や高級な料理の写真をアップしつづけていれば「いいね!」されると思います。グルメなかた&お金があるかたに限定されてしまう方法ですが……。現実は、美味しい店ばかりへ行く食通でもなければ、高級店に行くお金と時間の余裕もななかなかりません。

 

理由8 オシャレスポットに行く時間がない

オープンしたばかりのお店や、話題になっているスポット、ユニークなものが置いてある場所などの写真も人気がありますよね。でも、毎日そういう写真をアップするのは、非常に難しいものです。忙しかったり、出不精だったりするかたにはかなり高いハードルになります。

 

理由9 憧れられる旅に行っていない

美しい景色の写真は観るものを圧倒します。青いビーチや壮大な山などの自然もすばらしいし、オシャレな街並みや素敵なホテルなどもいいですよね。そんな素敵な場所を飛び回れるのはごく一部のセレブリティ限定。一般人にはできない芸当なのです。

 

理由10 手先が器用じゃない

ハンドメイドが大流行している今。手作りでオシャレな小物やアクセサリーを作れる人は強いですよね! ハンドメイド作家という言葉もあるくらいですし。ただ誰でもできるわけではなく、不器用な人にはむいていないインフルエンサージャンルです。

 

理由11 ものすごく詳しいジャンルを持っていない

過去の努力や経験、知識がなければ、専門家にはなれません。即席ではなれませんからね。

 

理由12 ペットを飼っていない

犬でも猫でもうさぎでも、かわいくてもブサイクでもいいんです。ペットの画像&動画は大人気! でもペットを飼わないといけませんからね。

 

理由13 かわいい&ユニークな子供がいない

いまだとオシャレ双子とかが大人気ですからね。

 

理由14 タレントやモデルなどの芸能人でもない

文字通りです。

 

以上14の理由を総括しましょう。人気インフルエンサーになれない理由は、他人様にお見せできるような、自慢できるようなものが特にないからです!ということは、ひとつでもこれと逆の点があれば、人気インフルエンサーになれる可能性が十分あるということ。自分が持っている個性・能力・強みが何かを見極めたり、何かひとつの技術を磨いたりすることがインフルエンサーへの近道なのではないでしょうか。

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

#111「婚活迷子」な独女、結婚できるか占ってみた【40代編集長の婚活記】

46歳、恋人いない歴9年超えの恋愛“ご無沙汰女子”が40代の婚活をやってみたらどうなる? OTONA SALONE編集長・アサミ、婚活を始めて早2年。婚活パーティや婚活アプリ、知人の紹介など、さまざまな婚活に挑んできた。…

初めての婚活パーティは「品よく見える」を意識【オトナの婚活コーデ】秋

婚活パーティや婚活デートのときって、何を着ていったらいいのでしょうか。正直、モテもデートも意識せず、40代まで自分の好きな服を選んできた、OTONA SALONE編集長アサミです。しかし、なんだかんだで婚活歴2年。…

#110 婚活に「行き詰まった独女」の駆け込み寺とは?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年超えのだいぶ“ご無沙汰女子”、OTONA SALONE編集長・アサミ。未婚・独身・46歳。「40代の婚活」を始めて早2年、婚活パーティや婚活アプリ、知人の紹介など、さまざまな婚活に挑んできた。最近になって…

#109 ご無沙汰な独女が「個室婚活でマッチング」した相手とは?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年超えの“ご無沙汰女子”、OTONA SALONE編集長・アサミ。未婚・独身・46歳。婚活パーティや婚活アプリ、知人の紹介など「40代の婚活」に邁進すること2年。知人に誘われて参加した「個室婚活」。8人の男…

30代では知らなかった! 「40代の髪と肌」に起こった6つの現象【40代からの美容道】

39歳と40歳、それはほんの1年の違いです。たった1年、されど1年……。30代と40代の間にはただ数字上での違いだけではないさまざまな変化があるようです。OTONA SALONE編集長アサミ、現在46歳。まだ40代の途中ではあり…

#108 婚活で「また会いたい」と思うポイントって?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年超えの、OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介など「40代の婚活」に邁進すること2年。知人に誘われて参加した「個室婚活」。8人の男性と1:1での会…

#107 婚活2年でわかった「結婚相手に求める条件」【40代編集長の婚活記】

OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。恋人いない歴は9年以上、婚活歴は2年。さまざまな婚活にいそしむも、いまだ恋人すらできず。この夏、はじめて参加した「個室婚活」は、区切られたブースで1:1で5分…

#106  やってわかった個室婚活のメリット、デメリット【40代編集長の婚活記】

ついに2年を超えた40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。あらゆる婚活にトライしてみるも、いまだ恋人すらできず。この夏、知人である独女の友に誘われて、参加したのは「個室婚活」。区切ら…

#105  どこまでアリ? 結婚相手との「年齢差」について【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ、未婚・独身・46歳。婚活歴2年になるも、いまだゴールは見えず。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、出会いのありそうなバーへ繰り出す……。さまざまな婚…

#104  個室婚活で出会った「3人目の男」に思うこと【40代編集長の婚活記】

「40代の婚活は丸2年はみてほしいんです」──恋愛結婚カウンセラーの先生にそう言われたのは、2016年8月。連載【40代編集長の婚活記#1】のときのこと。あれから2年が経った。つまり、OTONA SALONE編集長・アサミ(46…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事