潔い女。「清水富美加」の引退報道に学ぶ、女の生き様

「なんて潔い……!」 清水富美加の突然の芸能界引退宣言・出家報道にそう思わずにはいられなかった。

芸能界に入って8年になる22歳。2015年に放送されたNHKの朝ドラ『まれ』で全国的な認知度をグッとあげ、映画やドラマ、バラエティ番組、CMなどがこの一年で急増。まさに人気上昇中のさなかにある若手女優の決断に驚くほかはなかった。

事の真相はわからないし、契約途中での引退に関しての是非はともかく、この幕切れ。潔さという点では、いいとか悪いとかではなく、ただただスゴイとしか言い様がない。

 

2017年は電撃引退ブーム!?

昨年末ごろから、このような「電撃引退宣言」が続いている。

記憶に新しいところで言えば、成宮寛貴が引退発表したのが2016年12月9日。江角マキコが引退発表したのが2017年1月23日。この報道にも驚いた方は少ないないだろう。

 

引退までの猶予はあるが、女性アイドル2人の引退も昨年の秋に相次いで発表された。

乃木坂46の橋本奈々未は2月20日で引退すると2016年10月19日に発表し、カントリーガールズのももちこと嗣永桃子は6月末での引退を2016年11月5日に明らかにした。

この4カ月ほどの間に、知名度のある芸能人が続々と電撃引退を発表……この流れは何なのだろうか?

 

好きなことで生きていく!?

成宮寛貴と江角マキコの場合は、ゴシップ誌に掲載されたスキャンダル隠しという点があるとも報道されている。真実はわからないが、都合の悪い情報を隠すには引退を選択せざるを得なかったという印象もなくはない。

 

しかし、清水富美加、橋本奈々未、嗣永桃子は何かを隠すために引退するわけではない。3人とも20代で、芸能界ではこれからさらに活躍していきそうなポジションだった。それをスパッと引退して、別の道を選択する。その中でも、とりわけ清水富美加の引き際のよさをみて頭をよぎったのが「好きなことで、生きていく」、You Tubeのキャッチフレーズだ。

 

清水富美加は芸能界引退を決意した理由として「良心や思想信条にかなわない仕事が増え」といった趣旨のコメントが発表されたり、緊急出版された『全部、言っちゃうね。』でも水着のお仕事がイヤだったと書いている。つまり仕事上で「好きじゃないこと」が増えていた。

好きじゃないこと、イヤなことをするくらいだったら仕事を辞めるという選択だ。

 

イマドキ20代のADの話

某テレビ局で情報番組を担当する、アラフォー管理職女性に聞いた話を思い出した。

「このコーナーの担当はやりたくない。別のコーナーが希望だったのに。それなら辞める」と言って、任された仕事を断る20代の若手ADが少なくないのだという。

 

テレビ業界の仕事に憧れて就いたでのであろうが、好きなコーナーだったらやるけど好きじゃないコーナーなら辞める……。昭和な教育を受けた40代としてはびっくりする発言だ。

「石の上にも三年」ということわざがあるが、団塊ジュニアであるアラフォー世代は、仕事にしても何にしても、イヤなことでもまずはガマンするような教育を受けてきた。なので好きじゃない仕事を与えられても「いまガマンして頑張ればいつかいいことがある……」と耐えてきた人が多いだろう。それを経たからこそ、いまのポジションを獲得していたりもする。

 

しかしイマドキの20代は様子が違うようだ。「いま好きなことをやりたい、やれないなら辞める」なのだ。まさに「好きなことで、生きていく」を体現している。

 

潔い女の生き様、3つの「ない」

清水富美加が「自分がイヤなことはしたくない」「好きなことで、生きていく」だけで芸能界引退を選んだわけではないだろうが、この点もゼロではない。だからこそ潔い選択をしたのだろう。

 

一連の電撃引退報道から学ぶことは「潔く辞めるのも、生き様のひとつ」ということ。潔く生きるには、この3つの「ない」が根底にあると思う。

1.好きなことで生きていく。イヤなことは無理してまでやりたくない

2.いまのキャリア、ポジションを守ろうとしない

3.いつか来る“かもしれないこと”は考えない

 

清水富美加、22歳。女優としてさらにステップアップしていきそうな未来を勝手に感じていたのだが、それをあっさり捨てていくとは。なんて潔い生き様、なんて潔い決断なんだ。いい悪いはともかく、若い女性の決断力のよさに、ただただスゴイと感じたのだった。

 

スポンサーリンク

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由

新年一発めの記事は、藤原紀香にしよう。そう思っていたところ、昨年末、紀香主演のドラマ「眠れぬ真珠」(日本テレビ系)が放送されました。紀香の役どころは、更年期障害…

小泉今日子、前代未聞の不倫宣言でピンチを迎えたのは誰か?

みなさんは”逆張り”という言葉をお聞きになったことがありますか?これは株式投資用語で、株価格が急変したとき、あえて流れに逆らって売買をすることを言います。奇しくも…

高垣麗子、再婚夫の逮捕から考える「美人税を払わされる人」

人気モデル・高垣麗子の夫、音楽プロデューサー・森田昌典が香港から金塊を密輸しようとしたとして、関税法違反や消費税法違反で逮捕されました。1880万相当の金塊を荷物に…

フィギュア宇野昌磨「ド天然語録」振り返り!尊すぎて全地球が救われる

けして暗い話なわけではありませんが、独身女性が思いを馳せるかのように気に留めてしまうもののひとつに”母性”があるのではないでしょうか。街中を歩いてると無邪気に笑う…

斉藤由貴を見習え!三度の不倫でもノーダメージな魔性のオンナの心得とは

何度かお話ししているとおり、私は「間違いだらけの婚活にサヨナラ!」(主婦と生活社)を上梓した関係で、婚活中の女性とメールのやりとりをしています。先日はアラフォー…

オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題

女優の浅野ゆう子、作家の阿川佐和子など、還暦間近の有名人が相次いで結婚を発表しています。浅野は書面で「お互いこの年齢でとも思いましたが、この年齢だからこそ、互い…

華原朋美、今もバーキンにこだわるオンナのヤバさとは

今年の三月頃、華原朋美のインスタグラムを見ていた時に思いました。こりゃ、パパ、もしくは訳ありな彼氏がいるなと。ファーストクラスでの旅行、エルメスのバーキン、サプ…

阿川佐和子、結婚でテレビ出まくる姿に学ぶ「幸せ披露」で敵を作らないお作法

社会人になったら、「ヒトの幸せは面白くない」と教えるべきではないでしょうか。なんとひねくれている発言かと眉をひそめる読者の方もいらっしゃるでしょうし、ひねくれて…

菅野美穂、元カレの番組打ち切りで思い出されるヤバかったあの頃

男性は好きぐらいじゃ結婚しないよ?婚活中の女性に言うと、決まって引かれるのですが、私は本気でそう思っています。だって、もし好きな人と結婚するのであれば、恋愛経験…

三田寛子、梨園妻の頂点に見る「ちょうどいい自慢ばなし」のさじ加減とは

私は芸能人に関するコラムを書いているので、テレビをよく見るのですが、最近のバラエティーの傾向のひとつに、「女優やモデルなど、きれいどころの病んでるアピール」があ…

#168 「安心感」は 運命⁉ 失恋の直後に出会ったバツイチ男性【40代編集長の婚活記】

混迷を極める40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、婚活歴が3年を超えるも、いまだにうまくいかない。果敢に出会いを求め続け、やっとのことで恋人ができても3カ月でフラれてしまう。失恋ではげしく傷…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

この先どう生きる? 【40代の転職と独立】を考えて、日本化粧品検定を受けてみた

人生の折り返しとも言われる40代。この先もこのままでいいのかと、自らに問いかける人も少なくないと思います。「四十にして惑わず」という言葉があるけれど、まだ惑いがあることは否めないOTONA SALONE編集長・浅見…

シンガポールの夜「出会いの予感」がする⁉ おすすめバー3選

シンガポールはNIGHTライフを楽しまナイト!というダジャレはさておき。オトナ女性のみなさま、旅先こそ夜はバーへ繰り出しましょう。旅の恥はかき捨て? おひとりさまバーも、意外と海外のほうがトライしやすいの…

#164 飲み会で出会った48歳バツイチ男性。40代独女、どうする?【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートさせてから、はや3年。OTONA SALONE編集長・アサミ、婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェントルさんという恋人ができたけれど…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事