【40代編集長の婚活記#17】婚活パーティからデートへ持ち込むには?

非恋愛体質でめんどくさがりという性格のせいか独身街道まっしぐらの編集長アサミです。アラフォーにして初めての婚活パーティに参加し、某有名企業勤務の40代・エリートさんと出会ってアプローチされ、いろいろありつつもデートの約束をしたが、メールから見え隠れするエリートさんの性格にテンションだだ下がり。

しかし、約束の30分前に突然の出来事があってデートをキャンセル! しかし、その後のエリートさんの対応がやさしくて「なんかいい人かも」と思い始めた。もしや恋愛へと発展するのか……? これは40代独女のリアル婚活ドキュメントである。

「会いたい」から? 少し早めに到着する

beautiful hipster girl running outdoors

ついに今日はエリートさんとのデートの日。

会うのが楽しみ……。ちょっとワクワクしている自分がいる。

「外見は婚活パーティのときの印象とあまり変えないこと」とアドバイスされていたけれど、やっぱり通常モードでエリートさんと会ってみたいと思った。

なので、洋服はパンツスタイル、髪は巻かずにひとつにまとめた。よくいえばポニーテール、悪く言えばひっつめ髪(笑)。ネイルは前回のモテネイルの反動ですでにダークカラーにしていた。ハッキリいって男性ウケしない非モテなスタイル。でも、エリートさんのメールの感じから、お互いに話が合えば、ちょっとした見た目の問題はたいして重要ではない気がしていた。

 

お店に到着したのは約束の10分前。さっそく個室に通される。エリートさんは家から近いし、もう着いちゃってるかな……。ドキドキしながら個室のふすまをあけてもらうと、まだ来てはいなかった。ちょっぴりホッとする。先日の約束は私が直前でキャンセルをしてしまったから、今回は少しでも彼より先に着いていたい気持ちがあったからだ。

ひとまず座ってエリートさんを待つ。最初に何を話そう。まずはキャンセルしたことのお詫びかな。そしたら何を聞こうかな……。そう考えているうちに時計の針は12時に。ふすまが開いた。あ、エリートさんが来た!?

 

「まさか」の出来事なんてないよね?

……と思ったら店員さんだった。「何かご注文なさいますか?」と尋ねられたが、来てからでいいですと伝える。

待ち合わせの時間から10分経った。エリートさんはまだ来ない。あれ、私が時間を間違えたかな? メールを見返すと12時の約束と書いてある。間違えてはいない。

「遅れる」といったメールもないし、着信履歴もない。どうしたんだろう。エリートさん、ちゃんとした人っていう印象があったから遅刻するタイプに思えない。メールの連絡も比較的早くて、むしろ既読スルーしてたのは私のほう……。

15分経った。まだ来ないし、連絡もない。まさか、何かあったのかな……。何かのアクシデントがあって、連絡できないなんてことないよね?

20分経った。さすがに連絡もないままこんなに遅れるなんて、社会人のマナーとしてないと思う。何かあったのかもしれない。どうしよう、電話してみようかな。

25分経った。まだ来ない……。きっと何かあったに違いない。さすがに心配! 電話しよう!

 

楽しみにしていた初デートなのに、エリートさんが来ない⁉

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事