男がドキッとした40代女性の「色気を感じるメイク」って?

40代ならではの魅力は、“大人の色気”もそのひとつ。

30代までは「色気がない」なんて言われていた人でも、年齢を重ねるにつれて、“いい具合”に色気が出てくるのも、よくあるお話です。

しかし他方で「色気」を意識しすぎて「下品」になってしまう残念なメイクも。

「せっかくなら、いい意味での色気を目指したい」と考えていらっしゃる40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、男性たちが「これぞ大人の色気!」と感じたという40代女性のメイクの特徴に迫ります。

 

いい具合に「大人の色気」な40代のメイク1:横顔で知ったスーッと伸びた美しいまつ毛

「ノーマークだった40代前半の同僚女性が、飲み会で隣になり、ふと見た横顔にスーッと伸びていたまつ毛が綺麗すぎて、思わず見とれてしまいました。

ああいうのが、大人の色気って言うんだろうなぁ」(44歳男性/IT)

 

「童顔だと思っていた41歳の飲み仲間女子が、実はキレイなまつ毛の持ち主だと横顔を見て知り、急に“女”を感じた」(43歳男性/専門職)

 

なにげなく見た横顔に“色気”を感じると、いい意味で異性として意識し始めるキッカケにも。

特に、無防備になりがちな横顔で、女性らしいまつ毛が整っていると、そこに色気を感じる男性も少なくないようです。

ロングタイプのマスカラを使った、適度にカールし美しく伸びたまつ毛は、40代のモテにおいて強い味方になってくれそう。

 

いい具合に「大人の色気」な40代のメイク2:内側から滲み出る血色感

「お酒を飲んで、ぽわっとピンクになっている大人の女性の肌に、色気を感じます。ふだんクールなキャラの女性のこれを見ちゃうと、ギャップで余計にキュンとする」(45歳男性/サービス)

 

「40代でも、健康的な顔色の女性はいいなって思う。更年期とかの影響もあるのかもだけど、顔色がすぐれない人も増えてくる世代だと思うから、ほどよく血行があるツヤツヤの肌の女性には、健康的な色気を感じます」(47歳男性/メーカー)

 

健康的に見える“ほどよい血色感”は、大人の色気をいい意味で強調するポイントに。わざとらしくないピンクがかった肌に、女らしさを感じる男性も少なくないようです。

美肌を育みつつ、ウォータリーチークやクリームチークなどで、さりげない血色を演出できると、色気のあるメイクに近づける術になります。

 

40代の手入れの行き届いた○○は、男性たちを魅了するパーツに! 次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事