日焼け止めのオススメは何?美容ライターが今年リアルにお気に入りのUV3選

長いゴールデンウィークのあと、五月病にすらなれないほどバタついておりますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。今回は、日焼け止めについて超個人的なセレクトをお送りしたいと思います。

 

もしかして、日差しが気になり始めたから日焼け止めを使い始めた、って人はいないですよね? いい大人なんだから、日焼け止めは365日使いましょう。曇りでも雨でも室内にいても紫外線は降り注いでいますし、ブルーライトも老化を促進する原因のひとつだといわれております。もちろん、老化を気にしない人には不要な話ですが(爆!)。

 

下地やファンデーションに日焼け止め効果があるから、という話はOK。ただ、TPOに合わせて数値は気にしてくださいね。リゾート地でSPF10とかじゃ頼りないので……。

 

次々と出る日焼け止め!直近でオススメしたい3つのアイテムは……

私は朝起きてすぐに下地やファンデーションは塗らないし、日がな一日おうちにいる日はやはり日焼け止めがあると便利です。カーテンを開けて朝ごはんの支度をしたり、ベランダで水やりなんてときに無防備でいて、シミになってしまった過去があります。

 

なので、朝起きたら日焼け止めをとりあえず塗る、という習慣になりました。昔、とある外資系のコスメブランドに、寝る前に塗っておくクリームにUVカットのような働きがある成分が入っていて、起きたときでも大丈夫、みたいなものがあって、便利だなーと感動したことがありました。閑話休題。

 

日焼け止めというカテゴリーではありますが、今やエイジング効果がある、美白効果がある、虫よけ効果があるなど、日焼け止めだけに留まらない機能がついているのは当たり前。それぞれのライフスタイル、使うシーンに合わせていくつか持ち、使い分けする人も多いようです。

 

ということで、機能的で秀逸な日焼け止めはたくさんラインナップしてますが、直近でお気に入りのアイテムは、

①アリィー エクストラUV フェイシャルジェル 60g SPF50+・PA++++/2,100円(編集部調べ)/カネボウ化粧品

②アスタリフト D-UVクリア ホワイトソリューション 30g SPF50+・PA++++/3,900円/富士フイルム

③パラドゥ バズ®ガードUV 40g SPF50+・PA++++/467円/パラドゥ カスタマーセンター

 

それぞれのお気に入りのポイントをご紹介!

ジェルの軽いタッチが塗りやすい! 汗や水はもちろん、こすれにも強いというのが嬉しい。つい手やタオルでこすったり、シャツの脱ぎ着で日焼け止めが落ちていることって、あるあるな話。みずみずしい塗り心地だけど、肌にぴたりとフィットする感触も好き。

 

これもアリィー同様に、うっかり日焼けを防いでくれる一品。独自処方ストレッチUVシールドが、顔の動きに合わせてストレッチするので、思わず笑ったりしてシワになった部位だって日焼け止めが密着。さらに、肌奥まで到達してくるDeep紫外線までカットしてくれる頼もしさ!

 

生後6ヶ月から使える多機能UVジェルだから、子どもと一緒に使える! レモンユーカリにも含まれるメンタンジオール配合で、夏の外敵から肌をしっかり守ってくれます。スーパーウォータープルーフだけど、石けんでオフできるやさしさも◎。子どもとの外遊びには必須です。

 

たまたま3品とも紫外線カット数値が高いですが、肌負担を考えて処方されているので、従来のものより使い勝手はかなりいいです。

続々と新製品が出てくるので、お気に入りはちょこちょこ変わったりしますが、日焼け止めを毎日使う、ということは変わりません! ほかにも、オーガニック系でもがっちりガードしてくれる働きモノもたくさん出ていますから、チェックしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

植松晃士 脱オバサン! 素敵な女性でいるために、40代こそ始めてほしいこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。11月、だいぶ冷え込んできていますよね。みなさん、体調は崩していないかしら? OTONA SALONE世代は年齢的にも健康が気になる頃だか…

40代はスキンケア断捨離がマスト!じょうずな捨て方のコツと、最後に残るものは…?

新元号が「令和」と決まり、字体そのものはクールな感じだけど、昭和の響きに似ていてちょっと安心感を感じている中尾です。さて。新学期がスタートしました。新たな場所で学ぶ人、働く人が多いことでしょう。私も今…

このコスメが2019年の美を作る!気になるコスメトレンドランキング

こんにちは、美容ライターの中尾です。今年もよろしくお願いします。さて、平成最後の年と言われてますが、同世代の皇太子が天皇になられる、という事実に感動してます。あんなに小さかったのに~。同じだけ年を取っ…

美容ライター中尾さんの「超個人的ベスト」は?【オトナサローネ2018ベストコスメ】

2018年もあと少しですね。流行りぽく言えば、平成最後の12月、ということですね。各誌、各WEBでベストコスメを特集されていますが、こちらでも勝手に個人的なベストコスメを発表させていただきたいと思います。【オ…

【美容ライターが提言】40代50代の「たるみ毛穴」をキュッと締め上げる!化粧水・美容液・クリームはコレだった

抗老化生活を模索している中尾慧里です。今回のテーマは「たるみケア」とのことなんですが、50歳を過ぎると、すべてにおいて重力には逆らえない状態。いろいろなことを試している最中なので、何を話していいやら?と…

爽快!50代「枯れかけボディ」のめぐりを促す美容鍼で背中のハミ肉撃退

猛暑の中、老体に鞭打って仕事をこなすライター・中尾慧里です。最近は肌表面のトラブルだけではなく、健康面でもいろいろと心配ごとが増えてきました。50歳を越えてくると、シミだの吹き出物だの言ってる場合ではな…

突然ポツンと吹き出物が。美容のプロが愛用のオススメ2品とは…?

ごぶさたしております。ライター中尾慧里です。気になっていた、老け感を増幅させるシミがなくなって、日々快適に過ごしております(前回記事でもご報告しましたが、クリニックでレーザーを…)。シミがない素肌って…

流行りの「太眉」、40代・50代はついゴン太眉になりがちだけど…

ごぶさたしております。ライター中尾慧里です。3月はクリニックでの「シミとり大作戦」を決行しておりまして、ついついこちらのブログから離れておりました。その大作戦のことは、シミのビフォー&アフター写真と共…

以前より「シワが深い、シミが濃い!」と思うこと、ありませんか?

ある日ふと、鏡を見ていて「シワが深くなってる!」「シミが濃くなってる!」とか、写真を撮ったとき「横顔がたるんでる!」といったことに気づくことはありませんか?深くなる肌悩み、あなただけではありません!40…

[PR]

50歳ぺたんこ髪のハリ・コシが復活!はちみつの秘密とは…

50歳のラインを超えると、途端に「毛」そのものが弱く細くなってくる、ということを実体験している今日この頃です。前回ご紹介した時のまつ毛もそうですし、体毛すらも弱弱しくなるし。でも、やっぱり他人の目にも明…

「20年ぶりのマツエク」で申し訳なさそうに言われたこととは…

もう20年ほど前にまつエクが流行り出した頃、お仕事のおつきあいもあってさっそく最先端のまつエクをやっていました。その前はまつ毛パーマにハマっていたので、やはり20~30代はぱっちりとした印象的な目を演出した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事