「既存」はきぞんと読まない⁉意外とみんなが読み間違えてる読み方25選

オトナサローネで大人気の「日本語の読み間違い」記事。今回は一気に人気ランキング順で25の日本語をご紹介していきます!

みんなが知っているような単語の中から、誤読の多いものを選んでみました。

是非参考にしてみてください!

 

1・代替

読み間違いの例

「だいがえ」

正しい読み

「だいたい」

意味

他のもので代えること

 

2・凡例

読み間違いの例

「ぼんれい」

正しい読み

「はんれい」

意味

書物のはじめに掲げる、その書物の編集方針や利用の仕方などに関する箇条書き。

 

3・汎用

読み間違いの例

「ぼんよう」

正しい読み

「はんよう」

意味

一つのものを広く諸種の方面に用いること。

 

4・早急

読み間違いの例

「そうきゅう」

正しい読み

「さっきゅう」

意味

極めていそぐこと。至急。

 

5・市井

読み間違いの例

「しい」

正しい読み

「しせい」

意味

人家の集まっている所。町。巷。

 

6・重複

読み間違いの例

「じゅうふく」

正しい読み

「ちょうふく」

意味

同じ物事が幾度も重なること。かさなりあうこと。

 

7・発足

読み間違いの例

「はっそく」

正しい読み

「ほっそく」

意味

出発すること。組織などが活動を始めること。

 

8・遵守

読み間違いの例

「そんしゅ」

正しい読み

「じゅんしゅ」

意味

言いつけ・きまり・法律などにそむかず、それをよく守ること。

 

9・粗利益

読み間違いの例

「そりえき」

正しい読み

「あらりえき」

意味

売上総利益。商品の売上から、その商品の仕入代や製造代を差し引いた利益のことです。宣伝費や人件費などは含まれません。

 

10・貼付

読み間違いの例

「てんぷ」

正しい読み

「ちょうふ」

意味

はりつけること。

 

チェック!>>早急を「そうきゅう」と読んだら間違い!みんなが怪しい読み方10選

 

11・過不足

読み間違いの例

かぶそく

正しい読み

かふそく

意味

過ぎたことと足りないこと。多すぎることと足りないこと。過不及。

 

12・既存

読み間違いの例

きぞん

正しい読み

きそん

意味

すでに存在すること。

 

13・年俸

読み間違いの例

ねんぼう

正しい読み

ねんぽう

意味

年ごとに定めた俸給(ほうきゅう)。一年分の俸給。

 

14・舌鼓

読み間違いの例

したづつみ

正しい読み

したつづみ

意味

食物を賞美する時などに、下を鳴らすこと。

 

15・茨城

読み間違いの例

いばらぎ

正しい読み

いばらき

意味

関東地方北東部の県。

 

チェック>>「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

 

16・一家言

読み間違いの例

いっかごん

正しい読み

いっかげん

意味

その人独特の主張・論説。また見識のある意見。

 

17・一段落

読み間違いの例

ひとだんらく

正しい読み

いちだんらく

意味

一つの段落。ひとくぎり。転じて、ものごとがひとくぎりしてかたづくこと。

 

18・徐に

読み間違いの例

じょに

正しい読み

おもむろに

意味

落ち着いて事を始めるさま。しずかに。ゆるやかに。

 

19・琴線・逆鱗

読み間違いの例

ことせん・ぎゃくりん

正しい読み

きんせん・げきりん

意味

琴線……感じやすい心情。心の奥に秘められた、感動し共鳴する微妙な心情。
逆鱗……天子の怒り。また、目上の人の怒り。竜のあごの下のさかさのうろこに触れると怒ってその人を殺すという韓非子の故事により、天子を竜に例えて言う。

 

20・奇しくも

読み間違いの例

きしくも

正しい読み

くしくも

意味

不思議にも。怪しくも。

 

21・十把一絡げ

読み間違いの例

じゅっぱひとからげ

正しい読み

じっぱひとからげ

意味

どれもこれもあまり価値のないものとして、多数をひとまとめに扱うこと。また、何もかも一緒くたにして扱うこと。

 

22・脆弱

読み間違いの例

きじゃく

正しい読み

ぜいじゃく

意味

身体、器物、組織などが、もろくよわいこと。

 

23・巣窟

読み間違いの例

すくつ

正しい読み

そうくつ

意味

悪者などの隠れ家。

 

24・総帥

読み間違いの例

そうし

正しい読み

そうすい

意味

全軍を指揮統率する人。総大将。最高指揮官。転じて、企業グループなどを率いる人。

 

25・諸刃の剣

読み間違いの例

もろはのけん

正しい読み

もろはのつるぎ

意味

一方ではたいそう役に立つが、他方では大害を与える危険を伴うもののたとえ。

 

チェック>>「一段落」は「いちだんらく」?知らないと恥かく読み間違え10選

 

いかがでしたか?

意外と読み間違えてしまっていた単語もあったのではないでしょうか!

是非、他の日本語の誤用記事も見てみてくださいね!

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

手の力を抜いてみて?「指が丸まってる人」はスマホ肩こりかも|ストレッチ人気ランキング

日頃から「なんだか不調」ではないですか? 自分自身がOLとして「身体にかけていたストレス」と向かい合いなおし、現在はストレッチインストラクターとして女性の健康改善を発信する青柳さん。彼女の記事を見てみる…

「うわ、その髪型やめて!」男性が心底ギョッとした40代女性のヘアアレンジ3例|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「ヘアアレンジ記事」や「漢字の読み方記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。…

手土産で喜ばれる「ナチュラルなワイン」とヘルシーおつまみって?

ホームパーティーへの差し入れやお世話になったかたへの贈り物に、お酒を選ぶ機会は多いもの。今回はお酒好きな女性の間で人気が高まるナチュラル&オーガニックなお酒を種別にご紹介します。おすすめのマリアージュ…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです|気になるニオイのランキング

40代女性がある日突然直面する「ニオイ」の問題。きっと根本にあるのは女性ホルモン分泌の減少なんですよね。実は腸の状態がニオイに関連していたり、男性のものだと思っていた加齢臭問題が女性にも勃発したり…。み…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?|男の本音ランキング

何歳になっても永遠に気になる恋愛ばなし。40代働く女性メディア・オトナサローネでも根強く人気があります。中でも人気が高いのは「男の本音」!ではどんな記事が人気なのか、ベスト5記事をランキングでご紹介!1位…

40代から「やめたほうがいい」人間関係とは?|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「恋愛記事」や「漢字の読み方記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(9月30…

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?「参ります」は?|日本語の誤用ランキング

40代働く女性がいつでも気になることの一つは「言い間違い」。中でも、あっているのかとっさにわからない敬語・丁寧語はウッカリ間違いで済まないシーンもあるので、いつでも情報を更新しておきたいところ…そんな40…

「クラフトジン」呑んだことある?おいしいジンとウイスキーのオススメは

ホームパーティーへの差し入れやお世話になったかたへの贈り物に、お酒を選ぶ機会は多いもの。今回はお酒好きな女性の間で人気が高まるナチュラル&オーガニックなお酒を種別にご紹介します。おすすめのマリアージュ…

男は意外と見てる! 「トイレ帰り」にドン引きされている40代オバサン…3大NG|おばさんランキング

オトナサローネでは「実はオバ見えしているかも…?」なチェック記事がとってもよく読まれます。そしらぬ顔をしていても、みんな周囲の人たちのことはものすごく気になる様子! そこで、みんなが「中でも特に気にな…

それオバ見えしてますよ!40代女性が「昔のまま」使ってると危険なコスメって?|NGコスメランキング

これからスキンケアもメイクも、秋冬アイテムへの切り替えの時期。ですが、正直言って30代からずっと同じアイテムを使ってる…なんてヒトはいませんか? オバサン見えしがちなアイテムでみんなが「ギクッ」と心当た…

注目の記事

WORKに関する最新記事