ごめん圏外…男が「結婚はナシ」と即決する40代女性の初対面ファッション

ファッションは、その人の第一印象を左右する重要な要素。

見た目だけでその人の内面までは計り知れないことは理解しつつも、身を包んでいる服によって「この人って、こんなタイプ?」の推測が働くのも心理です。

では、第一印象で男性たちが「僕とは合わないかも」とジャッジメントしやすい40代女性のファッションって?

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする私、並木まきが、男性たちから聞いた「ちょっと苦手なタイプに多い」と感じているファッションの傾向に迫ります。

 

着ている服でイメージ変わる!男性が「苦手」と感じる40代女性のファッション1:バリキャリ風の隙のないビジネスコーデ

「実際にはバリキャリは嫌いじゃないんだけど、飲み会とかにカチッとしたビジネススタイルで登場する女性には、畏怖の念を覚えます(笑)。仕事命! みたいに見えちゃって、近寄り難いんですよね……」(41歳男性/SE)

 

「ジャケットにパンツスタイルって感じのキッチリ系のバリキャリファッションの女性は、気が強そうに見えるし、実際、ちょっと親しくなると勝気な人が多い気がしています。僕は、勝気な女性よりも、少し気が弱いくらいの性格の女性が好きなので、どうしてもこういうタイプの女性とは、距離を置きがちですね」(49歳男性/マスコミ)

 

バリキャリスタイルは、ビジネスシーンにおいては信頼を勝ち取りやすい鉄板スタイルながら、“恋愛対象”や“結婚対象”の目で見たときには、近寄りがたさを感じてしまう男性も。

40代は、実際にかなりのキャリアを伴うバリキャリ女性も少なくない年代だけに、ファッションが「それっぽい」というだけで、脅威(!)に感じてしまう人もいるというわけです。

 

着ている服でイメージ変わる!男性が「苦手」と感じる40代女性のファッション2:どこへ行くにも普段着

「平日夜の開催とはいえ、ちゃんとしたパーティーなのに、ボーダーTシャツとか着古したTシャツとかのいかにも普段着で来る40代女性は、常識を疑います。オフィススタイルがカジュアルになっているとはいえ、スーパーに買い物に行くような服で華やかな場に来ると、さすがにギョッとします」(43歳男性/専門職)

 

「やたら生活感あふれる服を着ている中年女性は、ぶっちゃけ苦手だなぁって思う。家庭的な女性は好きですけど、生活感しかない服で外出するのって、どうなの? 生活に疲れた主婦っぽい感じがして、恋愛対象には見ることができません……」(45歳男性/経営)

 

カジュアルスタイルは人気があるけれど「生活に疲れた感」が出てしまうと、その時点で男性ウケはアウトの方向に。

親近感を出す狙いであっても、着古した感のある服装は、男性から見て夢がないのかも……。

 

体型カバーや、ミーハー感の払拭などを意識するとなりがちなファッション! 次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事