あなたは大丈夫?育ちが悪そうと思われる【口調・話題・LINE】をチェック

モテるモテないよりも、極力避けたいのが「育ちが悪そう」と思われることではないでしょうか。

恋愛対象の前に、まずアウト!と思われてしまったり、人間関係においてマイナスな作用が働いてしまったり。

そんな「育ちが悪そう」と思われてしまう【口調・話題・LINE】をご紹介していきます!

意外とやってしまうこともあるので、是非チェックしてみてくださいね!

 

「育ちが悪いそう」と思われる口調3選

1:「~だろ?」「だべ?」などの男勝りな口調

女性は冗談やネタのつもりで話していても、40歳を過ぎた大人の女性が「だべ?」などと口にしている姿を見て、密かにギョッとしている男性は少なくありません。また、ここまで露骨な口調ではなくとも「マジで」「ありえねーって感じ」などの一度使い始めると“口ぐせ”になりやすい言い回しも、男性のタイプによっては、女性が思う以上にネガティブな心象を受けるケースも多々。

 

女性としては、相手への親しみを込めて使いたくなることもある表現ながらも、実際の育ちに関係なく、まだ親密になる前の段階であまりにも砕けた口調を多用してしまうと、不用意に“育ちが悪そう”なレッテルを貼られかねません。

 

2:すぐに他人を貶める表現を使う

ちょっとした会話で、すぐに誰かを見下したような表現を使ったり、自分が優れているのを誇示するかのような発言をする女性も、男性から見て「育ちが悪そう」という評価に繋がるケースが少なくありません。

 

これらの口調からは、強い選民意識と自己顕示欲を感じ取り、コンプレックスの裏返しだと深読みする男性も少なくなく「本当に育ちがいい人は、簡単に人を見下したりしない」という前提も働きがちです。

 

3:“お金”を物事の価値判断にする

何かと言えば、“お金”を価値判断基準にしているかのようなひと言も、男性から見て育ちの悪さを感じる典型です。

 

40代になって「成功者」の部類に入る女性がこういった発言を好んでいるだけだとしても、“お金”の話をためらうことなく出すあたりに「下品」と感じる男性は、女性が想像する以上に多いと言っても過言ではありません。

 

>>詳しくはこちら

 

「育ちが悪そう」と思われる話題3選

1:年収の話

突如として「いくら稼いでますか?」と単刀直入すぎる形で男性に質問する40代女性はほぼいないにしても、オブラートに包みつつ相手の収入を値踏みしている女性は、真剣に婚活している場合には「いるいる」でもあります。オブラートに包んで“さりげなく探っているつもり”であっても、男性たちもそれなりの経験を積んでいるだけに、その真意にはすぐにピン!とくるものだそうです。

 

また自身の年収を、聞かれてもいないのに嬉々として披露する女性に対しても、ギョッとする男性が少なくありません。どんな趣旨であれ、いきなり“年収”の話題を出してくるあたりには「“育ちの悪さ”を感じざるをえない」とため息をついている男性も意外といますので、こういった話題は、それなりに親しくなるまでは封印しておくに越したことはありません。

 

2:仕事の立場の話

こういった話題に対して、無条件に強い自己顕示欲を感じると同時に嫌悪感を抱く男性も珍しくなく「もしや、キャリアを自慢している……?」「マウンティングか!?」と錯覚した途端に、その女性の育ちの悪さを想像する男性も。

 

女性が「話題がないから、仕事の話でも……」と、単純に場をもたせるために発した言葉であっても、内容によっては過剰な自己アピールだと受け取られるケースもあります。ポジションにまつわる具体的な話はキャリアを重ねている女性ほど、最初のうちは“ほどほど”にとどめておくほうが、なにかと無難とも言えそうなのです。

 

3:実家に関する質問

「ご実家はどんな仕事を?」「兄弟構成は、何人ですか?」など、相手の実家にまつわる質問は、世間話としても重宝する話題なのは間違いありません。しかしあまりにも突っ込んだ話までしてしまうと、“距離感がわかっていない図々しい女”“非常識な女”のレッテルを貼られやすいテーマでもあり、結果「育ちが悪そう……」な疑惑を抱かれる引き金にもなりがちです。

 

心を開いた間柄になるまでは、極力、個人的な話題を避けたがる男性もいるのが実情なだけに、出会いの場やまだ出会ったばかりの段階でアレコレと尋ねてくる様子には、密かにゲンナリしている男性があとを絶たないというわけです。この話題もある程度親しくなるまでは封印したほうが得策と言えます。

 

>>詳しくはこちら

 

「育ちが悪そう」と思われるLINE3選

1:泥酔していきなり呼び出す

お酒を飲むと気が大きくなり、普段だったらとてもできないような大胆な行動に出てしまう女性は少なくありませんが、そこで、例えば誤字脱字が多かったりやたらハイテンションだったりと、明らかに泥酔したような文面で「今から合流しませんか~」を繰り出してしまうと、そこに育ちの悪さを感じる男性は珍しくない傾向にあります。

 

「酒を飲んで男を呼び出すなんて、凄まじいな」「ひょっとして、酒浸りの女なのか!?」などの無用な憶測も呼びやすく、このあたりに“育ちが悪そう”なイメージが付きまとってしまいやすいというわけです。

 

2:自分がいかに「高い女」であるかを匂わせる

40代ともなれば、いろいろな経験を経て「私は、そこらへんの女とは違うのよ」を自負する方だって少なくない年代。実際、若い頃よりも男性を見る目がシビアになってくる女性も多く「そんな私に、適したお相手を」が強くなるほど、少し親しくなった男性に、“高見せ”を匂わせるかのような自意識過剰な発言を送りつけてしまうケースも多々です。

 

そして「ワインは、年代物しか飲まないようにしています」「安っぽいお店には、行かないようにしているの」など、“高見せ”のつもりのLINEでも、この手の“モノの値段”にこだわっているかのような発言こそが「育ちが悪そうだなぁ……」を醸し出す要因に。露骨に高見せするわけではなくとも、それなりに経験を積んでいる男性たちほど、この手の“匂わせ”には敏感です。

 

3:年齢相応の日本語が使えない

社会人になってそれなりに時間が経過し、ある程度の経験を積んでいるはずの40代女性が、誤った日本語や崩れた言葉ばかりを多用していると「ひょっとして、育ちが悪いのか!?」なネガティブイメージを抱かれる傾向も強いです。

 

仮に普段は、正しい日本語や敬語を使っていて、親しくなりたい相手だからこそ雑な言い回しや砕けた表現を多用しているだけだったとしても、男性たちの抱く認識はかなりシビア。「マジかよって感じ」「いんじゃないかしら(いいんじゃないかしら、の略)」「ふいんき(正しくは雰囲気)が素敵なの」など、ちょっとした言葉のクセが、その言い回しに慣れていない男性ほど「ん?」と引っかかる部分に。

 

>>詳しくはこちら

 

いかがでしたか?

是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク