英語で「フライドポテト」って言える?大抵の人は間違えます

こんにちは、駅前留学NOVA講師ジェイコブです。
日本人がうっかり間違えがちな、すぐに使えて役立つ英会話をお届けする<1日1英語>。
今日は「フライドポテト」です。

 

「フライドポテトって英語じゃないの?」と思うかもしれませんが、実は和製英語。一般的にアメリカでは「french fries」と呼び、イギリスでは「chips」が正解です。

 

ちなみにフライドポテトの発祥と言われているベルギーでは「Frietjes(フリッツ)」 と呼ばれているそうです。

 

 

【英会話スクールNOVAについて】
日本一通いたくなるスクールを目指し、業界最大の全国293教室を展開中。
従来の「英会話スクール」の枠組みを超え、非日常空間で居心地よく過ごせるような環境でレッスンを提供。講師が全員ネイティブスピーカーであることや、お洒落な空間でコーヒーを楽しめるカフェ風校舎も人気の理由の一つ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク