汗をかいてもニオわない!「よい汗」を出すためのたった1つの習慣とは

香りは記憶とつよく結びつきます。

日常の中で偶然ある香りを感じた瞬間に、その香りにまつわる人やシチュエーションなどの記憶が鮮明に蘇るものです。

香りは人の「感情」と強く結びつくので、いい記憶だけでなく、悪い記憶も呼び起こします。特に、ここ近年には「スメハラ」と呼ばれるように、相手に悪影響を与える香りも話題です。

体臭は、食生活がタンパク質や動物性脂肪に傾いていることのほか、運動不足や仕事の緊張、満員電車などのストレスが原因と言われます。

 

自分の汗の匂いは自分が一番分からない

 

自分の匂いには誰もが慣れきっていて、麻痺している状態なので、自分が一番自分の匂いに鈍感です。

自分の汗の匂いを抑えるには、制汗剤もひとつの方法ですが、意外なことに自ら汗をかくことが大切です。

 

運動したとき、暑いときに全身からわっとかく汗は「エクリン腺」から出ます。サラサラしていて、すぐに蒸発します。

成分もほとんどが水で臭いません。

いっぽう、ストレスや緊張の汗は「アポクリン腺」から出て、ミネラル成分を多く含みます。この成分のほか、皮膚上の皮脂・たんぱく質をエサにして雑菌が繁殖し、臭いが発生します。

よく岩盤浴で、自分でかいたサラサラの汗は流さないでOKと言いますが、暑くてかく汗はエクリン腺のサラサラ汗だから。

ストレスでかいてしまう汗と、運動や暑さでかく汗は別なのです。

 

事実、エクリン腺の汗は窓ガラスが曇っても臭わない

 

私のウォーキングクラスでは、体の歪みを改善するエクササイズを教えてから歩き方のレッスンをします。

 

40種類以上を越えるエクササイズの中には汗をかくものも多数あり、室内で同時にみんなで汗をかくので臭いが出そう。でも、熱気で窓ガラスが曇ることがあっても、汗の匂いを感じる事はありません。

 

このように、運動で自分の健康をつくることは、周囲のスメハラ迷惑を減らすことにつながります。

さらに普段から自分で汗をかく習慣を身につけていると、夏の暑さにも強くなります。

また、お肌もツルツルスベスベになります。

私はジワっとかく汗のことを「天然の美容液」と呼んでいます。

それほどお肌にも良いのです。

 

高齢者は自分での体温調節が困難になりがちですが、40代くらいからエクササイズなどで意識的に汗をかくようにしていると、体温調節ができるようになるのです。

良い汗をかくには、ウォーキングも最適です。

歩いている最中にも多少の汗は出ますが、止まった時にジワっと出てきます。

夏は暑いので歩きたくない方は、家の中で運動することをオススメします。

 

たった1分でOK!快適な汗のかき方

では、私が教えているエクササイズの中から、「1分でじわっといい汗をかく」ものを1つ教えましょう。その場でしゃがんで行います。

1・立った状態で手を体の後ろで組む。

(組み方は指を交差して組んでも良いですし、指を掴む方法でもよいです)

2・ゆっくりしゃがむ。このとき、ゆっくりと軽くお尻を左右に振りながら。

3・下までしゃがみ切ったら、今度は逆にゆっくり立ち上がる。

(立ち上がる時もお尻を軽く振りながら、手も組んだまま立ち上がってください)

 

以上がうまくできるようになったら、次のステップです。

4・組んだ手をお尻と逆の方向に引いてしゃがむ。

(たとえば、お尻を左に振ったとき、組んだ手は右に引きます)

 

1分間で5往復くらいを目安におこなうと、額にジワっと汗をかくことができます。

梅雨が開けると夏本番です。

それまでに良い汗をかいていてくださいね。

 

香りは一瞬で過去に戻れる

私は婚約者を交通事故で亡くしましたが、亡くなった後に街を歩いていても彼の香りがしたら、その香りを追い求めてさまよい歩きました。

香りというものは、一瞬で過去に引き戻されるほどそれほど人に印象を与えるものです。

16歳から香水を付けてますが、それは約40年経った今でも毎日欠かしていません。

また、脇の下に塗る制汗剤は、添加物が好きではないので天然の精油を使用しています。

ティートリーを含む制汗剤はナチュラルショップなどで販売されています。

更年期障害の汗を止めてくれる作用もありますので、40代以降の方にオススメです。

 

 

良い香りを漂わせるには、自分からいやな香りを取り除く事も大切です。

また、意識的に汗をかいて、汗腺を鍛えてあげることも必要。

エアコンの普及や湯船に入らずシャワーのみ、更に運動不足と汗をかかない生活へと変化しているのは臭いの大きな原因です。

自分や相手のためにも自ら汗をかく習慣を身につけてくださいね。

 

汗をかけるほど少しハードなウォーキングレッスンは、毎月東京でも開催しております。

詳しくはHPをご覧ください。

http://www.chiaki-walk.com/

スポンサーリンク

最近なんだかニオイが違う?40代女性の加齢臭、意外な原因は

他人のニオイが気になる季節になりました。でも、40代の場合は女性だろうと「自分がニオイの源」な可能性もある! 「この電車、なんかモッタリした臭いがするな〜」と思っ…

ウワサの「ヨーグルト断食ダイエット」実際やってみたら効果はどうだった?

アラフィフ美容健康ライター・藤井が体当たりでゆるゆるとダイエットをしている連載「ダイエット戦記」。今回ですでに26回めです。さて、26回めにしてはじめてワタクシ藤井…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

「オバさん体型」の原因はココだった! いますぐオバ見えを防ぐ3つのポイント 

さすがに言われることはないかもしれませんが、「オバサン体型」と思われたくないものですよね。オバさん体型を象徴してしまうもの、それは何でしょうか? ぽっこり下腹?…

便秘に悩む人、必見! 「腸がスッキリ」する3つの朝習慣【40代からの美容道】

便秘がち、なんとなくお腹が張る、お通じはあるけれど固い……そんな症状に悩んでいる人にこそ見直してほしいのが「朝習慣」です。朝の生活習慣をちょっと変えるだけで、実は…

【手が後ろで組めない】原因は肩甲骨にあり?1分で肩こりスッキリ「肩甲骨はがし」 

まず、「背中で手を組んで」みてください。私は左手が肩上の側はOKですが、逆がダメです。そして、左側に「身体のゆがみ」があるといろんなストレッチで指摘されています。…

「肩甲骨はがし」10秒~1分でOK!お仕事中の3大不調を今すぐ解消

その不調、いま座ったままで解消しましょう! 「肩甲骨はがし」を応用した[オフィスはがし]で、座りながらでOKの解消方法をご紹介します。どれも10秒~1分と短時間ででき…

はしか(麻しん)が流行中らしいけれど、40代はどうすればいいの?

4月中旬に入って、「はしか(麻しん)」という言葉をよく耳にします。現在局地的に流行していることは報道の通り。平成19・20年に10~20代を中心に流行しましたが、同様に…

【チェックリスト】あなたの脳疲労度は?40代・50代更年期「脳のアンチエイジング」とは

40代に入り、「最近いろいろ忘れっぽくて。認知症かも?」と冗談めかして言うことが増えました。こうした忘れっぽさは大抵の場合「通常の老化の範囲」なのですが、実は認知…

床に手のひらはつく?1日1分でベッタリつける足指ストレッチとは

たとえば体重や体脂肪率などの「数値」は自分でわかっていても、自分の身体の「柔軟性」まで意識している人はなかなかいないと思います。ですが、柔軟性は身体の美しさを作る一番大きな要素の一つです。柔軟性に欠け…

肩甲骨きゅっと寄せられる?代謝を上げ不眠を撃退する2つのポイント

新しい年度が始まる4月。1年の中で最も寒暖差が大きい月なので、体がついていかない人も多かったと思います。寒暖差は体温調節や血管の収縮など、自分の意識とは無関係な部分。体にストレスがかかり自律神経が乱れて…

パンプスのかかとがパカパカしてません?9割くらいの日本人は「足の幅」を間違えてる

ご存知でしょうか。実は欧米では、家の中でも靴を脱ぎません。1日の大半を靴と共に暮らしています。自宅に帰るとまず靴を脱ぐ、会社や電車の中でも脱ぐ日本人にとっては、1日中靴を履くだなんて信じられないですよね…

下半身の冷え、上半身のコリを解消する「やせ歩き」2つの方法

最近は運動不足だと感じているのに先延ばしにしたり、お正月休みに増えた体重が気になっているのに、寒いから運動したくな~い!と、思っていませんか?夏になっても暑くても運動したくないのに、それでは一体いつす…

ヒモ・ベルト1本巻いて、その場で歩くだけで。誰でも簡単に3kgやせするコツ!

夏と冬、ダイエットに適しているのはどちらのシーズンでしょうか? ダイエットに取り組む人が多いのは、肌を露出する機会の多い夏。また、汗の量や夏バテによる食欲の低下など、夏のほうが痩せやすいイメージがある…

あなたのお尻、太ももから冷えてない?「ちょっと冷え性」改善2つのコツ

女性に多い「冷え性」。暖房機器メーカーのリンナイの調査によれば、実に女性の約80%が冷え性を自覚しているそうです。意外なことに男性も約40%が冷えを自覚しているそうですが、ともあれ女性は「倍くらい冷えてい…

肩甲骨とお腹、あと1つは?「歩き方3つのコツ」で肌の乾燥がピタリと止まる!

暑かった夏も終わり、過ごしやすい季節になりましたね。でも、これから寒い季節になるにつれお肌が乾燥してきませんか?カッサカサのお肌は女性としても魅力がダウン。何よりも、老けて見えてしまうのがネックです………

あなたはいまどの姿勢?「身体のたるみ」を予防する40代4つの基礎

40代のはじめ、エイジングはほうれい線や額のシワなど大きくてわかりやすいパーツから始まったことでしょう。そして40代の半ばともなれば、フェイスライン、首、お腹、ヒザ、そしてヒップライン……身体のいたるところ…

靴の裏どうなってる? 靴底でわかる「4つの疲れチェック」とその対策

今年の夏は記録的な猛暑が長く続きました。秋の訪れを感じつつも、夏の疲れを感じでいませんか?オトナサローネの読者の皆さんもいろいろなストレスや疲労に悩んでいると思います。9月になってもまだまだ暑さは続き…

ハイヒールが痛い人!靴選びと歩き方を変えましょう。プロが教える簡単な2つの対策

魅力的な女性の必須アイテム、ハイヒール。履くメリット自体、「美しく見えるため」がすべてと言っても過言ではありません。スタイルよく見えますし、脚だって長く見えます。かかとが高くなるとふくらはぎのラインも…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事