「序に」は「じょに」ではありません!みんなが読み間違えやすい日本語10選

オトナサローネで人気の「漢字記事」。

よく使うけど実は読み間違えやすい!単語10選を、一気にご紹介していきます。

是非参考にしてみてくださいね!

①仄仄

「ほのぼの」です。

「仄仄」には

[副](スル)
1 かすかに明るくなるさま
2 ほんのり心の暖かさなどが感じられるさま
3 わずかに聞いたり知ったりするさま
[名]夜明け方。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

という意味があります。

 

「仄仄」は、「仄か(ほのか)」という言葉を繰り返すことで表現されています。「仄か」の意味は、

1 わずかにそれと認められるさま。かすか
2 心や意識がぼんやりしているさま。かすか
3 量や程度がわずかなさま

引用元:小学館 デジタル大辞泉

を表す形容動詞です。「仄か」を繰り返すことで、“かすかに明るくなるさま”や“心の暖かさなどが感じられるさま”を強調したのではないでしょうか。

 

>>詳しくはこちら

②点点

「ぼちぼち」です。

「儲かりまっか?」「ぼちぼちでんな」といった台詞を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。この「ぼちぼち」が「点点」です。

なお、「ぼちぼち」の意味は、

1 ゆっくり物事にとりかかるさま。また、ある事態に近づくさま。そろそろ
2 水滴などが続けて落ちる音や、そのさまを表す語
3 小さなものが散らばってあるさま
4 小声で話すさま。特に、男女が仲むつまじく話すさま

引用元:小学館 デジタル大辞泉

です。

 

>>詳しくはこちら

③嫋やか

「たおやか」です。

「女」偏に「弱」と書く漢字ですが、決して「弱=弱い」という意味ではありません。この「弱」は「美しくしなる弓」を表しています。すなわち、「美しくしなやか=たおやか」ということ。

 

>>詳しくはこちら

④序でに

「ついでに」です。

なお「序に」と聞いたとき、その意味を「一緒に」「おまけに」という風に捉えていませんか?実際の「序に」の意味は、

ある物事をするときに、その機会を利用して別の物事をするさまを表わす。ちょうど良いその機会に。そのおりにいっしょにつづけて。ついでがてら。

引用元:精選版 日本国語大辞典

となっています。「おまけに」という意味合いではなく、「続いて」「ほどなく」「間もなく」という意味なんですよね。

 

>>詳しくはこちら

⑤転寝

正解は「うたたね」です。

他に、

  • ごろね
  • ころびね

と読むことも。

意味を調べてみると、

[うたたね]
眠るつもりもないまま、うとうとと眠ること。仮寝

[ごろね]
寝るしたくをしないで、そのまま横になって寝ること。ころびね

引用元:小学館 デジタル大辞泉

とあります。「寝るつもりで仮眠をとる」のとは、若干意味が違います。

 

>>詳しくはこちら

⑥只管

「ひたすら」です。漢字からは想像しにくい読み方だったのではないでしょうか。

「只管」は、鎌倉時代に道元という人物が宋(そう)から日本に伝えた禅宗の一派・曹洞宗の教えから来ている言葉です。道元は禅の修行を行う中で「心身脱落」の境地に達しました。自我がある状態から無我の状態になったのです。この無我の状態こそが道元の禅の教えです。

 

>>詳しくはこちら

⑦屯する

「たむろする」です。

1 一つ所に大ぜいの人が集まる。
2 兵隊が群れ集まる。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

なお「屯田兵」の「屯」の読みで、「とんする」と読んでも間違いではありません。

とん・する【屯する】
[動サ変][文]とん・す[サ変]
1 集まる。たむろする。
2 守るために集める。集めとどめる。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

 

>>詳しくはこちら

 

⑧詳らか

「つまびらか」です。

くわしいさま。物事の細かいところまではっきりしているさま。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

という意味があります。

なお「詳らか」は「つばひらか」と読むこともできます。「つまびらか」という読み方は、「つばひらか」という音が変化したもの。古くは「つまひらか」と読まれていました。いずれの読み方でも「詳しい様子」「事細かな様子」を意味します。

「審」という漢字を用いた場合も、同じく「審らか(つまびらか・つばひらか)」と読みます。

 

>>詳しくはこちら

 

⑨二進も三進も

「にっちもさっちも」です。

「進」という漢字から「二歩も三歩も進めない状態」を表しているようにも見えますが、「二進も三進も」の語源はそろばん用語の「二進(にしん)」「三進(さんしん)」です。

「二進(にしん)」「三進(さんしん)」とは、

  • 二進 2割る2
  • 三進 3割る3

のこと。すなわち「割り切れる」ことを表す用語です。

そろばんで、2や3で割り切れないことを「二進も三進も行かない」と表現するようになりました。「計算が合わないこと」を表すようになったこの言葉は、いつしか「2でも3でも割り切れない=勘定が合わない」ということも表すようになります。

 

>>詳しくはこちら

 

⑩素見し

「ひやかし」です。

現代では「冷やかし」という書き方が定番かもしれませんが「素見し」でも「ひやかし」と読みます。「素見」とは「素見物」という言葉を略したもの。

遊女や物をただ見るだけで買わないこと。また、その人。ひやかし。そけん。

引用元:三省堂 大辞林

を意味します。

 

スポンサーリンク

クイズ!中学生でも分かる敬語、正しいのはどっち?

英語でも数学でも中学生レベル、つまり義務教育で習うことで十分だというブログや書籍が目に付きますよね。今日は敬語について基礎からおさらいしてみましょう!全7問です…

口にするだけで愛が深まる!3つの魔法の言葉とは

今日はクリスマスイブですね。みなさんは誰と過ごしますか?せっかくのクリスマス、素敵な思い出にしたいですね。サンタクロースや恋人からの贈り物ばかり気にしないで、今…

えっ、「食べる」を丁寧に言うと「食べ○○○」?

「お昼はもう召し上がりましたか?」と聞かれて「はい。召し上がりました」なんてうっかり答えてしまうこと、ありますよね。「食べる」には「召し上がる」「いただく」とい…

いくつやってた?人前で大恥をかく箸づかい7選

もうすぐ忘年会シーズン。テーブルに届いたお料理を取り分けるとき、実はあなたの「箸さばき」が意外に注目されていることに気づいていましたか? 各種アンケートでも「テ…

日本人の34%が誤解している?「鳥肌」の意味

「その映画、どうだった?」「いやー、鳥肌立ったわ~!」実はこれ、ホラー映画などを観たときだけに使えるせりふ。うすうす分かるかと思いますが、ここでちょっとおさらい…

51%が誤用している日本語「役不足」。正しい意味とは?

謙遜のつもりで使っているのに、実は大変無礼な言葉があります。その代表例が「役不足」。「このたび、大役を仰せつかりました。私には役不足で、果たして務まるのかどうか…

オオゴショと言うとオオゴトに!?女性に「大御所」を使うと…

演歌の世界では、北島三郎さんや五木ひろしさんら、お笑い界では、ビートたけしさんや明石家さんまさんらが「大御所」と呼ばれる人達。この言葉の使い方に異論を唱える人は…

間違った「すごい」の使い方は、こう言いかえれば恥をかかない

文法的に間違っていることで有名な「すごい綺麗」「すごい美味しい」などの言葉。口癖になってしまっている人も多いのでは?「そんなこと気にしないよ」と言ってくれるのは…

あなたは大丈夫?意外と知らない「敬語の間違い」TOP3とは?

あなたの日本語、基本的に間違っています!オトナサローネでいつも人気上位なのが「日本語の誤用」シリーズ。その中でも特に人気の記事をご紹介します。あなたもその敬語が…

「戦く」は「せんく」と読まない!みんなが読み間違えやすい日本語10選

オトナサローネで人気の「漢字記事」。よく使うけど実は読み間違えやすい!単語10選を、一気にご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね!①出生届「しゅっしょう…

手土産で喜ばれる「ナチュラルなワイン」とヘルシーおつまみって?

ホームパーティーへの差し入れやお世話になったかたへの贈り物に、お酒を選ぶ機会は多いもの。今回はお酒好きな女性の間で人気が高まるナチュラル&オーガニックなお酒を種別にご紹介します。おすすめのマリアージュ…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです|気になるニオイのランキング

40代女性がある日突然直面する「ニオイ」の問題。きっと根本にあるのは女性ホルモン分泌の減少なんですよね。実は腸の状態がニオイに関連していたり、男性のものだと思っていた加齢臭問題が女性にも勃発したり…。み…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?|男の本音ランキング

何歳になっても永遠に気になる恋愛ばなし。40代働く女性メディア・オトナサローネでも根強く人気があります。中でも人気が高いのは「男の本音」!ではどんな記事が人気なのか、ベスト5記事をランキングでご紹介!1位…

40代から「やめたほうがいい」人間関係とは?|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「恋愛記事」や「漢字の読み方記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(9月30…

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?「参ります」は?|日本語の誤用ランキング

40代働く女性がいつでも気になることの一つは「言い間違い」。中でも、あっているのかとっさにわからない敬語・丁寧語はウッカリ間違いで済まないシーンもあるので、いつでも情報を更新しておきたいところ…そんな40…

「クラフトジン」呑んだことある?おいしいジンとウイスキーのオススメは

ホームパーティーへの差し入れやお世話になったかたへの贈り物に、お酒を選ぶ機会は多いもの。今回はお酒好きな女性の間で人気が高まるナチュラル&オーガニックなお酒を種別にご紹介します。おすすめのマリアージュ…

男は意外と見てる! 「トイレ帰り」にドン引きされている40代オバサン…3大NG|おばさんランキング

オトナサローネでは「実はオバ見えしているかも…?」なチェック記事がとってもよく読まれます。そしらぬ顔をしていても、みんな周囲の人たちのことはものすごく気になる様子! そこで、みんなが「中でも特に気にな…

それオバ見えしてますよ!40代女性が「昔のまま」使ってると危険なコスメって?|NGコスメランキング

これからスキンケアもメイクも、秋冬アイテムへの切り替えの時期。ですが、正直言って30代からずっと同じアイテムを使ってる…なんてヒトはいませんか? オバサン見えしがちなアイテムでみんなが「ギクッ」と心当た…

その下半身太り、実はお尻の冷えが原因!? 5分でむくみを解消する対策3つ|下半身ダイエットランキング

40代女性にアンケートを取ると、身体の悩みの代表が「肩こり」。続いて「白髪」「太りやすくなった」「たるみ」「冷え」……。誰しも鏡の前に立って、突如ぽってりした自分の「へそより下」に気づいて、びっくりするこ…

セリアで発見!ごちゃごちゃ台所が「おしゃれなキッチン」に変身する100均アイテム5選

きれいにしているつもりでも、ふと気づくと生活感がにじみ出てしまいがちなのが「キッチン」。インテリアとしての見栄えも追及したいけど、あまりコストばかりもかけていられない……。そんな時の頼れる相棒が100均ア…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事