好きになったのは「同僚の彼」。40代独女が出した答えとは

好きになった人は、同僚の彼氏だった。かなう見込みの薄い恋でも、男性に向ける好意をなかなか捨てられない。

こんなせつない恋は、どうしてもつらい思いばかりが募ってポジティブな感情が消えてしまいます。

でも、諦めることで手に入るものもある。

そう気づいた40代独女がつかんだ希望とは、何だったのでしょうか。

 

同僚の彼氏と知ったときには、すでに遅かった

43歳のある女性は、同じ会社で働く男性に好意を抱いていました。

「目立つ人じゃないんだけどね、同じ班の人がやったミスを何も言わずに助けたり旅行に行ったら男性と女性でお土産を変えて配ったり、何ていうか、気遣いのできる男の人だなぁってずっと思っていて。

私に『時間ができたときでいいから、もし嫌じゃなかったらここについて教えてほしい』って頭を下げるような人なの。

いいなぁって思うだけだったのに、気がつけば好きになっていて、彼女がいないなら頑張ろうって思っていたのね」

でも、彼に向ける好意に気がついてから”情報”を集めてみたら、なんと班は違うけれど同じ部署で働く女性が彼女だとわかり、恋心が一気にしぼんでしまいます。

恋人がいて、しかも相手は同僚だし、これはダメだ。

彼女はそう思って諦めようとしますが、長い期間彼を見てきて心に積もっていた好意がなかなか消えることはなく、話す機会を望む自分、彼と親しくなることを望む自分に苦しみます。

「やっぱり好きだなぁって思う瞬間と、でもあの人の彼氏なんだ、って落ち込む瞬間の繰り返しでどんどん疲ればかり感じるようになって。

告白もできないし、でも毎日会うから忘れることもできないし……」

そう言ってため息をつく彼女でしたが、そんな自分の気持ちが変わるきっかけを、彼のほうから与えてくれたといいます。

 

「尊敬している」という言葉に救われた気がした

それは、大きなプロジェクトを彼女と彼のいる班で進めているときでした。

当たり前のように残業が続き、みんなが少しずつ疲れをためていく中で、彼女は自分の仕事に集中し余力があればほかのメンバーに声をかけます。

「失敗したくないプロジェクトだし、好きな仕事だから。

みんなで成功したいし、彼もいるから気を抜けないでしょ。

どこかで、頑張っている私を見てほしかったのかも」

と彼女は言いますが、そんな”下心”とは逆に、「彼の残業をこっそり手伝う彼女」「残業が終わって当然のようにふたりで帰っていく姿」「人の少ないオフィスで昼間より距離感の近さを隠さないふたり」を目の当たりにし、交際が順調であること、彼も彼女もお互いに支え合う姿勢があることなど、

「これ以上好きでいても、かなうことはない」

現実を思い知ったといいます。

それでも、彼女は自分の”本分”を忘れませんでした。

つらくても、彼の笑顔を見るたびに胸が締め付けられる思いがしても、仕事は仕事。

必ず成功させる、みんなで成功を祝うことを願う彼女は、そんな悲しさを仕事に没頭することで乗り越えようとしたのですね。

そんな彼女を見て、ある日彼が

「○○の件だけど、俺の仕事だったのに先にやってくれて、本当にありがとう。

おかげで進行が早くなったし、すごく助かった。

その集中力、俺も見習いたいと思う。尊敬しています

と真面目な顔で言ってくれたそうです。

突然のことに彼女は混乱しますが、

「『尊敬しています』って言ってくれたの。

すごく嬉しかった。

あぁ、頑張って良かったって、認めてもらえたんだって思ったら、何だか胸がいっぱいになって。

私、間違っていなかったんだなって

彼女は涙を拭いながら言いました。

 

つらい恋の卒業は、「自信」を与えてくれた

この一件があって、彼女は彼への恋心を諦めることができたそうです。

「もちろん、いきなりゼロにはできないけど。

でも、彼の言葉に自信をもらって、私はもっと仕事でも頑張れる、彼とは付き合えないけど一緒に頑張っていける、そう思ったらやる気が湧いてきてね。

これからは頼もしい仲間として、女々しい自分はやめようと思う」

これが、彼女の決意です。

男性から「尊敬しています」と言われたことは、彼女にとって何よりも大きな自信となりました。

たとえ恋愛感情を持たれなくても、彼女にはなれなくても、好きな仕事を一緒に取り組んでいく仲間として最高の褒め言葉。

「うじうじしていたら仕事にも影響しそうだしね、心を立て直していくつもり。

好きな仕事で、好きな人に認めてもらえるのって、最高じゃない?」

と、彼女は晴れ晴れとした顔で言いました。

今も彼女は仕事に精を出す日々ですが、新しい資格の取得のため勉強を始めたり部下の指導を任せられたりと、以前より充実した毎日を送っています。

つらい恋を諦めた彼女がつかんだ希望は、「これからも私は力を尽くしていける」という自信でした。

彼の言葉は、彼女の心の支えとなる源。

頑張ったからこその自信を、彼女は最高の相手から与えてもらったといえます。

 

 

たとえば、彼女が叶わない恋にいつまでも苦しみ、自分の本分まで忘れてしまうような女性であったなら、今のような状態にはなっていないのかもしれません。

彼女が手にした自信は、何より彼女が生んだもの。

ですが、それを気づかせてくれた彼の存在は、恋心を諦めることのネガティブさを消してくれるほどの力があります。

こんな恋の終わり、きっと彼女は次に好きになる人と幸せになれるはず。

そう思わせてくれるお話でした。

 

【あわせて読みたい】

・彼よりも◯◯を大切にしていた!「彼氏が途切れない」40代独女の特徴3選

・【実録】職場恋愛で彼氏をゲット♡40代独女が心がけていたことって?

・【恋愛運急上昇⤴】40代独女が実感「捨てたら彼ができた価値観」3選

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【男の本音】こんな40代独身女性になってない?男性ががっかりする原因3つ

現在恋人のいる40代独女の皆さま、楽しいお付き合いをしていますか? いくつになっても男性の目は厳しいもの、気を抜いていると「もうやーめた!」と恋心を放棄されてしま…

【男の本音】美人じゃないのに「なぜかモテる女」8つの特徴

あなたの周りにも、美人でもスタイルが良くもないのに、なぜか男性からモテたり、彼氏が途切れないタイプの女性はいませんか? かたや、美人で仕事もできてスタイルバツグ…

男性が思わず逃げ出した!40代独女の「非常識な作法」とは

いい雰囲気から交際まで発展したアラフォーの彼女。でも、いざお付き合いが始まるといろいろと非常識な振る舞いが見えて、恋心もしぼんでしまい……。「今までどんな恋愛をしてきたのだろう」と疑問を持ってしまう40代…

「あなた最低!」40代独女が別れを決意した男のセリフ

恋人とのケンカは気分の良いものではないですが、そのときに言われたひどいことがショックで交際そのものを考え直してしまう、ということはありませんか?頭に血がのぼると、ついきつい言葉を吐いてしまいがち。普段…

「俺たち付き合ってないよ!」男が知らない内に彼女の座に座る40代独女の恐怖

仲のいい同僚や女友達。確かに距離感は近いけれど、決してお付き合いしているつもりはない。それが、知らない間に周りからは”彼女”と認定され、本人も何だかその気で振る舞っている……なんて、男性にとってはびっくり…

「君と社内恋愛は無理」。男が嫌がる40代独女の振る舞いって?

会社で見かけるアラフォー女性。いいなと思っていたけれど、接していくうちにおかしな人間関係に首をつっこんでいたり周りから敬遠されていたり、ちょっと首をかしげる場面を見るようになった。周りと良い関わりがで…

40代にもなって○○ができない?男性が「お相手いたしかねる」40代独女の痛いあいさつ3つ

朝オフィスに出勤したときや退社するタイミング、周りの人と挨拶をしていますか?「当然でしょ!」と答える40代独女が多いと思いますが、どんな表情で声をかけているか、どんな態度で相手の言葉を受け止めているか、…

必死なオバサン!男が思わずドン引きした40代独女の「ウザいお節介」って?

好きになった男性に振り向いてもらいたいのは当たり前。だから、積極的にコミュニケーションを取るのが好きになってもらうためには重要。確かにそうではありますが、それ、男性のリアクションをきちんと見ていますか…

「彼女にしたくない!」男性の心が急速に冷めた40代独女のバッグの扱い方NG例

気になる女性と楽しいデート。メイクも服も可愛いな、なんて思ったいたけれど、手にしたバッグの扱い方を見てがっかり……。小さなことですが、デート中は相手の持ち物につい目がいくので「こんなふうに触るのを見てび…

「彼、もしかして既婚者?」不安から暴走した40代独女の仰天行為とは

お付き合いしている彼氏がいるけど、独身だと思いこんでいたらどうもあやしい。本当は既婚者なのでは……?こんな不安を抱えながら交際を続けるのは、本当に苦しいですよね。本人に訊いてもはぐらかされてしまい、それ…

初デートで40代独女がびっくり!ありえへん男性のふるまいとは?

気になる男性との、最初のデート。相手がどんな様子で来るのか、どんな時間になるのか、ドキドキしますよね。でも、いざ行ってみたら男性の態度がちょっと受け入れられなくて、がっかりするなんてこともあります。「…

【40代男女の本音】「付き合わなければよかった女性&男性」の特徴

長く友人として接してきたけど、お互いに恋愛感情を持ったので恋人関係にステップアップ、というカップルもいると思います。ですが、いざ恋人としてお付き合いしてみると、思わぬ一面を見たり合わないところが多かっ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事