【肩こり】ここをチェックすれば原因がわかる!5秒でOKのストレッチとは

オトナの女性の体には様々な不調が現れますが、その中でも多くの方を悩ませるのが「肩コリ」。

つらい痛みを常に感じている方や、慢性的な不快感によりメンタルが消極的になってしまう方も少なくありません。

なぜ肩コリが起こるのか?

その原因と解消法をお伝えしますので、ぜひ実行して解消してポジティブに毎日を過ごしていただきたいと思います。

 

更年期の女性にとって大切なのは気・血・水の循環

私は更年期世代の女性には中医学の予防医学体系がぴったり合うと思っています。漢方やツボですね。

中医学で、「気」は元気やる気など精神的なエネルギーや体内の酸素のことです。

「血」は字の通り血液の流れです。

血液の流れが滞ることを「瘀血(おけつ)」と言います。

のぼせ・めまい・どうき・息切れ・貧血も血液が大きく関係してきますし、体の中の酸素()を流すのも血液です。

「水」は血液以外の体内の水分で身体の潤いですね。また、リンパ液の働きが悪くなると老廃物を身体の外へ出しにくくなってしまいます。

人間が健康を保つには、この3つの循環の状態が大切です。

循環が良いと不調は出にくいのですが、更年期には悪条件が重なって循環が悪化します。

すると、肩コリをはじめ、疲れやすい・のぼせる・眠れない・汗をかく・イライラする・気分が落ち込む……いわゆる更年期症状が出現し、体調だけでなく、心にまで影響が出てしまいます。

そして、この3つの流れは、実は筋肉と大きく関係あるのです。

思ってるより重い!肩コリの原因のひとつ「頭の重さ」

 

更年期を迎える頃の女性は、女性ホルモン分泌の低下に伴い、筋肉ががくんと衰える世代です。

加えて、運動不足や長時間のデスクワーク、長時間のスマホ利用などで上半身が猫背になりがちです。

猫背化すると、肩も丸まり、頭が前方に出て、結果的に負担がかかって肩コリを起こしてしまいます。

 

頭は意外と重たいのですが、およそ何キロくらいあると思いますか?

 

頭の重さは体重の約10%なので、体重が50キロの人は頭は5キロほどの重さです。

5キロといえば、男性が使用するボーリングの球の重さくらい。かなりの重さですよね。

自分の頭は持つことができませんが、こんなに重いものが体に乗っているだなんて、気づいてましたか?

それが体に対してまっすぐで首の角度も(0)に乗っていれば問題ありませんが、ほとんどの人がまっすぐには乗っていません。

頭が前方に傾くだけで、肩への負担は大きくなります。

首の角度が30度前に傾くとその分筋力での保持が必要ですから、肩に対する負担は、18キロ分相当の重さにもなるといわれます。

スマホを見ている時の姿勢では60度ほど傾きますが、このときはなんと、27キロもの負担が首にかかります。

日本人に肩コリが多いのは、こういった姿勢が悪いことも原因です。

首は体の中でも細い部分なのに、頭や脳につながる大切な部分。ですから、頭をまっすぐ、しっかりと体に乗せるのが大切なのです。

 

「私の頭の位置、これでいい?」正しい位置を確認する方法は

姿勢を良くするには、頭の傾きを0度にすることが大切です。

自分の上半身を横からスマホなどで撮影してみましょう。

横から見て、肩のちょうど真ん中が肩先だとしたら、その真上に耳の穴があると頭は真っ直ぐに乗っている状態です。

肩先から耳の穴まで縦に線を引いた場合、その線が床に対して垂直に伸びているのが理想的で、斜めになっていたら良い状態ではありません。

 

肩コリの人、この「肩の上げ下げ」を習慣にして!

肩コリの原因には血行の悪さも挙がります。

頭がまっすぐに乗っている状態でおこなっていただきたいのは、血行促進!

血行やリンパの流れをよくするには、筋肉をきちんと動かしてあげることが大切です。

また、肩を緊張させてしまうことも肩コリの原因です。

たったの2ステップ5秒で筋肉を動かしてリラックスさせる方法をお伝えしますので、お試しください。

 

  1. 良い姿勢のまま肩をできるだけ高く上げる。
  2. 力を抜いて肩を落とす。

 

これを5セット繰り返すだけです。

肩の緊張は無意識に起こしている方が多く。

冷蔵庫を開ける・電話で会話をする・リモコンを押すなどの簡単な動作なのに、無意識に力を入れてしまうのです。

普段から意識して力を抜く癖をつけると良いですね。

 

私自身も48歳で閉経して、更年期に入りました。

ところが、エクササイズやウォーキングなどの運動習慣があったためか、ほとんど苦にならず更年期を過ごすことができています。

私が開催しているレッスンにご参加されている方の中に、更年期で悩んでいる方がほとんどいらっしゃらないのも、良い姿勢と適度に筋肉を動かしているので、体の循環が良いのでしょう。

また、驚くほどポジティブで明るく行動的な方が多いのも共通し相乗効果によりとてもいい雰囲気になり、元気になる方法をお教えするはずの私が元気をもらい、また与えることが出来る!そんな幸せな循環が生まれています。

冒頭に「気」「血」「水」の循環が大切と書きましたが、すべてのものをうまく循環させることが大切なのかもしれませんね。

正しく身体を動かし休め、良いもの身体に入れたら出し、優しさや親切を感じたら自分も誰かへ、そのような循環もイメージしながら、しなやかで美しいオトナの女性を楽しんでもらいたです。

更年期が終わっても人生はまだまだ続きます。

将来の自分のために習慣を見直してくださいね。

 

東京では今年いっぱい毎月姿勢のトライアルレッスン(無料)を開催しています。

この機会にぜひご参加いただき、ご自分の良い姿勢を見つけにいらしてください。

www.chiaki-walk.com

運動不足の方は、骨盤など体の歪みを解消する体操「エゴスキュー」クラスも開催しています。

http://www.chiaki-walk.com/egoscue.html

スポンサーリンク

大山式足指パッドのやせる効果は? リング式を試したら骨盤はどうなる?【ダイエット戦記 Vol.3】

ダイエットのきっかけと太った理由が解明できたなら、真面目に始めるしかありません。現在はやせたい人が多いこともあり、ダイエットをサポートするグッズもかなり数多く出…

その下半身太り、実はお尻の冷えが原因!? 5分でむくみを解消する対策3つ

疲れの自覚症状は、「肩こりがつらいんです」、「足がむくんで、重くて」など、大抵、ピンポイントです。けれど、人の体は全部つながっています。肩こりのひどい人は首も疲…

一人でも、体が硬くてもできる!「寝たまま肩甲骨はがし」ストレッチで肩こり解消するコツ

肩こり解消に話題の「肩甲骨はがし」。難しいテクや道具、器具は必要ありません。『完全版 寝たまま肩甲骨はがし』(主婦の友社刊)の著者である、自力整体指導員のたんだ…

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

あと何キロやせたい? 女性の平均体重は何キロ? 30代、40代、50代の平均・理想・モテる体重を調べてみた

「やせたい」。なにかと多くの女性たちが口にしている言葉です。でも、中にはそれ以上やせたらガリガリでシワシワに見えちゃうよ!?という人さえも「ダイエットしなきゃ」と…

1年ガチ愛用して判明!大山式足指パッド「9つの効果」その魅力とNG点は?

面倒じゃないけど、じっくり効いてくる、と密かに話題になっているらしい大山式足指パッド。これを日々愛用し、じりじりと結果を出している(らしい)のが、優雅なオトナサ…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです

日本人女性の98%が排泄に関する悩みを持っているのだそう。この記事を読んでいる人ほぼ全員と言っていいでしょう。さらに、うんちのあとにトイレがくさいのは、実は「よく…

太る原因はカロリーではなかった! ちゃんと食べてやせる究極の食事「4つの要素」とは?

カロリー制限ダイエット、糖質制限ダイエット、GIダイエット、炭水化物ダイエットなど、世の中にはあまたのダイエットが存在しています。このうちのひとつぐらいは、誰でも…

40代女性のダイエット。平均体重より気にすべき値「90」のこと知ってる?

40代に入ると、急激に「太ももの上」から「胸の下」に脂肪がつきませんか? しかも、何をしても落ちません。毎日体重計に乗り、一定の体重の範囲を保っているはずでも、体…

【ぽっこりお腹】頭上で手を合わせて横にグーン!下半身すっきりの「プチ筋」トレ2つ

増やすのは難しくて減らすのが簡単なのは「お金」ですが、逆に増やすのは簡単なのに減らすのが難しいといえば何でしょうか?答えは「体重」です(笑)。誰でも40歳くらいまでは、食べ過ぎて2~3kg太っても、1週間程…

ミュールがパカパカいうのは勘弁…「素足に靴」でブス脚になる5つのNG

暑い夏はできるだけ素足になりたい!素足になって、サンダルやミュールも履きたい!でも、歳を重ねた女性たちは要注意。裸足になるとキレイに見えないことが多いのです。たとえばこんな問題が!以下、あてはまるもの…

汗をかいてもニオわない!「よい汗」を出すためのたった1つの習慣とは

香りは記憶とつよく結びつきます。日常の中で偶然ある香りを感じた瞬間に、その香りにまつわる人やシチュエーションなどの記憶が鮮明に蘇るものです。香りは人の「感情」と強く結びつくので、いい記憶だけでなく、悪…

床に手のひらはつく?1日1分でベッタリつける足指ストレッチとは

たとえば体重や体脂肪率などの「数値」は自分でわかっていても、自分の身体の「柔軟性」まで意識している人はなかなかいないと思います。ですが、柔軟性は身体の美しさを作る一番大きな要素の一つです。柔軟性に欠け…

肩甲骨きゅっと寄せられる?代謝を上げ不眠を撃退する2つのポイント

新しい年度が始まる4月。1年の中で最も寒暖差が大きい月なので、体がついていかない人も多かったと思います。寒暖差は体温調節や血管の収縮など、自分の意識とは無関係な部分。体にストレスがかかり自律神経が乱れて…

パンプスのかかとがパカパカしてません?9割くらいの日本人は「足の幅」を間違えてる

ご存知でしょうか。実は欧米では、家の中でも靴を脱ぎません。1日の大半を靴と共に暮らしています。自宅に帰るとまず靴を脱ぐ、会社や電車の中でも脱ぐ日本人にとっては、1日中靴を履くだなんて信じられないですよね…

下半身の冷え、上半身のコリを解消する「やせ歩き」2つの方法

最近は運動不足だと感じているのに先延ばしにしたり、お正月休みに増えた体重が気になっているのに、寒いから運動したくな~い!と、思っていませんか?夏になっても暑くても運動したくないのに、それでは一体いつす…

ヒモ・ベルト1本巻いて、その場で歩くだけで。誰でも簡単に3kgやせするコツ!

夏と冬、ダイエットに適しているのはどちらのシーズンでしょうか? ダイエットに取り組む人が多いのは、肌を露出する機会の多い夏。また、汗の量や夏バテによる食欲の低下など、夏のほうが痩せやすいイメージがある…

あなたのお尻、太ももから冷えてない?「ちょっと冷え性」改善2つのコツ

女性に多い「冷え性」。暖房機器メーカーのリンナイの調査によれば、実に女性の約80%が冷え性を自覚しているそうです。意外なことに男性も約40%が冷えを自覚しているそうですが、ともあれ女性は「倍くらい冷えてい…

肩甲骨とお腹、あと1つは?「歩き方3つのコツ」で肌の乾燥がピタリと止まる!

暑かった夏も終わり、過ごしやすい季節になりましたね。でも、これから寒い季節になるにつれお肌が乾燥してきませんか?カッサカサのお肌は女性としても魅力がダウン。何よりも、老けて見えてしまうのがネックです………

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事