ギョッ、それは痛いオバサンだわ…40代独身女性が意外と無意識にやっている4つのコト

こんにちは。40代の婚活を応援する結婚相談所SUN SUN CALLの婚活マネージャー野上今日子です。

私たちは結婚相談所ですが、「成婚」だけが婚活の「ゴール」だとは考えていません。

と書くと、「成婚しない相談所ってこと?なんでわざわざお客が減るようなヘンな発言を…?」といぶかしがられます。

もちろん、結婚を望むすべての会員様に結婚していただきたい。

しかし、40代まで生き生きと頑張ってきた女性にとっては、婚活の持つ意味が違います。

その「結婚しなければならない」という気持ちは他人に知らない間に植え付けられた【思い込み】の可能性はないのか…? 本当に自分の心からの願いなの?

そんなことを、婚活の伴走をさせていただきながら一緒に考えることができるのでは?と思っています。

その結果、実は「結婚」そのものではなく、違うことが自分の真の望みだったと気がつく方が結構いらっしゃるのです。

とはいえ、今回は“痛い”と感じる40代女性について(笑)。実際に担当した女性会員さんだけではなく、男性会員さんからの声も参考にさせていただきました。婚活の場面だけなく、成熟していなければいけない年齢である社会人としても参考にして下さい。

 

【40代の婚活塾#10】

 

つい30年前までなら、むしろ「実家住まい=お嬢様」だった

婚活において40代女性のプロフィールで、かなりマイナスポイントなのが、実家暮らしの女性です。

その昔、そう30年ぐらい前は逆でした。「一人暮らしの女性はふしだら」だという価値観がありました。
そのため、真偽のほどは定かではありませんが、就職でも実家暮らしが優先されるとも言われていたほど。

 

「女性はクリスマスケーキ。25過ぎたら売れない」
「結婚するなら処女がいい。婚前交渉をしているようなふしだらな人はNG」
「できちゃった結婚なんて末代までの恥」

という文化があったのです。
ほんの30年前まで。

 

そう振り返ると、40代以上の未婚女性が生き生きと働き、逆に処女は敬遠され、“できちゃった結婚”は“授かり婚”と名前を変え、祝福すらされるという現在はなんて自由なんでしょう。

 

話は逸れましたが、それぐらい世の中の意識というものは変わるのです。

 

そして今、男女問わず30歳も過ぎて実家暮しというのは、婚活にはかなり不利な条件と言われています。

 

 

まさかの実例1・家事しないマリーアントワネットおばさん

まずは、
家事全般ができないイメージ。

実際、掃除、洗濯、食事の支度など、上げ膳据え膳で、自分は何もしないという人が非常に多い。

 

私が聞いた話の中で一番すごかったのは、

朝風呂の用意を親にしてもらい、自分がお風呂に入っている間、親は朝食の支度。お弁当も作ってもらい、もちろん本人が仕事に出ている間に、部屋の掃除と洗濯・アイロンがけ。さらに帰宅時間を知らせるメールをすると、それに合わせ食事とお風呂の支度が出来ているというのです。

 

もちろん、その彼女も例に漏れず家事全般ができません。

その上「親も可愛い子どものために喜んでやっているんです。だから私がやってもらっている事って、むしろ親孝行なんです」と悠然とほほ笑んでいました。

 

お前はマリーアントワネットか!?

と思わず突っ込んでしまいました(心の中で)。

 

 

まさかの実例2・収入を全部お小遣いにしちゃうおばさん

そして2つ目の典型は、
お金の管理がずさんで貯金がほとんどないパターン。

家賃や光熱費などを自分で支払っていない実家暮しの人はお金を貯めていると思いきや、実際意外に貯金をしていません。

そして、それを男性は薄々気づいています。

ある男性会員さんなどは「実家暮らしの女性とお見合いをした時に、洋服からバッグ、靴などがすごく高そうで、さらにネイルやアクセサリーまでスキがない人は、絶対にお給料をすべて自分磨き(という名の散財)に使っていると思っちゃいます」と言っていました。

 

まさに! いつまでも可愛い娘気分でいる女性は、お給料をお小遣いだと思っているのです。

従って、生活する上で必要なお金をきちんと管理する習慣がありません。

 

要は年収が1000万円あるのに、貯金がない男性と同じです。

あるから使っちゃう。入ってくるから出て行っちゃう。というやつです。

 

そういう女性は「家賃分(地方のワンルームアパートほど)ぐらいは家に入れているし、きっと親はそれを結婚資金に貯めていてくれているはず」と言います。

 

しかし、やむなく一人暮らしをしなければならなくなって、初めて家賃以外にもかなりの出費がある事を知るのです。

実家にいた時には、冷蔵庫を開ければ入っていた缶ビール1本だって、自分で買わなければなりません。

 

実際に、40歳を過ぎてから一人暮らしを始めたという女性は、それまでお給料のほとんどをブランドの洋服に費やしてきました。そしてそれらの洋服は、クリーニング袋に入れておくだけで、数日後には部屋のクローゼットにキレイになって戻っていました。魔法か?!

しかし今はクリーニングを出すたびに、ファストファッションの洋服が買えるぐらいのお金がかかる事に茫然としています。

 

「生きているだけでこんなにお金がかかるなんて…」。

 

会うたびに、どれほどお金がかかるかを嘆いて大きなため息をついています。

 

ちなみに、親が貯めてくれていると思い込んでいた結婚資金はありませんでした。
「年金暮らしでそんな余裕はないし、40歳も過ぎて結婚資金ぐらいは自分で用意しているかと思った」との事。ごもっとも。

 

 

そんな給料を全部お小遣いにしていた彼女は今、家賃や光熱費、固定費、食費など必要最低限のものを払いつつ、趣味や娯楽も楽しみ、いざという時のために貯蓄もしています。

スーパーに行ったら200円以上の野菜は買わないと言い切るほどに成長しました。

 

一人で生活をきちんと回している人は、その大変さも知っていますし、それまでどれだけの事をしてくれていたか身をもって分かるので、親への感謝の気持ちも忘れません。

また結婚する相手を、生活を一緒に回していける人という視点で考えるので、年収よりも価値観が合う人を優先します。

そしてその価値観にきちんとしたリアリティーがある。

 

そういう女性は男性からの評判もよく、割とすぐに成婚する方が多いです。

 

本気で結婚したい。
婚活に成功したい。

と思ったら、まずは一人暮らしをするか、実家暮らしをしていても親に頼らない生活をすることをオススメします。

 

 

まさかの実例3・会話を全部スマッシュで打ち込む卓球おばさん

 

 

もうひとつ多くの40代女性に共通の“痛さ”は会話に現れます。

 

バリキャリの40代女性は卓球型の会話をしがちです。

つまり返って来た球(会話)を打ち返すのです。しかも、相手が取れないところに、スマーーーーシュ!とばかりに思い切り打ち込みます。

相手がなんとか拾ってくれてラリーが続けば、トークが弾んだと満足し、スマッシュが決まって相手が黙り込んだら勝った!と喜ぶ。

 

これでは男性の気分は下がるだけ。

 

気持ちのいい会話というのは、野球型でなければなりません。
つまり、相手が投げてきたボール(会話)を一回キャッチャーミットに収める。そしてそれをゆっくり、相手の取りやすいところに投げ返すのです。

 

これも以前担当した女性ですが、学生時代の部活の話になった時に、偶然同じ卓球部だったそう(奇しくも!?)。

 

男性が「とは言っても、自分は補欠だったんですけどね。でも1度、高校最後の年に区の大会に出してもらって、番狂わせで勝っちゃったんですよ。監督もびっくりしてて(笑)」
と言ったところ、

 

女性が「私はレギュラーでした。あと1歩で高校総体というところまでいったんですけど怪我をしてしまって…。でも、真剣にうまくなりたいと思ったら、そこ狙うぐらいいきません?」とぴしゃり&チョレーーーーーーイ! とガッツポーズ。

 

おーこわ、です。

 

男性はぐうの音も出ませんでしたが、かろうじて(私が想像するに)「すごいですね」と大人の対応をしてくれたそう。
すると彼女はいかに自分が努力して、そこまでいったかを男性に「教えてあげた」そう。

 

お見合いから戻って来た女性は「話がすごく弾みました。交際希望します」と言いましたが、当然ですが男性からは「話が弾まなかったので、交際は希望しません」とお断りされました。

 

 

(ベタだけど、会話の「さ・し・す・せ・そ」は最強のカード)

自分が一方的にしゃべっている。または大人の対応をしてくれた男性のおかげで会話がつながった事を「会話のキャッチボールができて楽しかった」と勘違いする。

そのパターンは結構多いです。

 

先ほどもいいましたが、それはキャッチボールではなく、ラリーです。そしてそれは決して前向きなラリーではなく、一方的にマウンティングをとるためのものになっている場合がほとんど。

 

まずは「さ・し・す・せ・そ」で受けて、それを否定するのではなく、肯定、もしくはもっと知りたいという対応をすることが大切です。

「さ・し・す・せ・そ」とは…

さ 「さすがですね」
し 「知りませんでした」
す 「すごいですね」
せ 「センスありますね」
そ 「そうなんですか」

です。

 

これらは婚活の安易なテクニックのようですが、そうではなく、長らく社会にもまれて仕事をしてきた女性にありがちな厳し目な物言いをマイルドにし、ギスギスした会話を回避するためのもの。

 

そしてそれは今後の生活にもきっと役に立つはずです。

 

常にスマッシュを打ち続ける女性を男性は可愛げが無いと感じます。ラリーではなく楽しいキャッチボールが出来るようになれば、もっと和やかな雰囲気で会話が楽しめますよ。

 

 

まさかの実例4・マウンティングとって男性を部下扱いおばさん

また別の女性ですが、会話の最後に必ず一言付け加えなければ気が済まない人がいました。

 

例えば「そうなんですか。それは大変でしたね。でも、もっと早くそれに気が付いて、きちんと対処していれば良かったんじゃないですか?」的な(笑)。

 

なぜ、「そうなんですか。それは大変でしたね」で終われないのでしょう?

 

それを指摘すると彼女は「部下を褒めて伸ばすクセがついてしまって…」とおっしゃいました。
「すごく頑張ったわね。クライアントさんも喜んでいたわ。でも、もうひとつ別の視点からの提案があると、もっと説得力があったと思うわ」といった具合に。

 

役職のある女性にありがちですが、一回受けた後に一言加えてしまうのです。

仕事であればいい。

相手の仕事をほめ、さらに高みを目指すのは素晴らしい事。

“本人のため”“もっと良くなるようにという親切心”となるでしょう。

 

しかし、プライベートでは上司にならなくてもいいのです。

そういう癖は、相手が年上でも出てしまいます。

 

以前、順調に仮交際まで進んでいた女性会員様が、5回ほどデートを重ねられた年上の男性からお断りされました。

その理由をお相手の相談所経由で訪ねると「必ず彼女の意見で会話が終わるので、いつもこちらがやり込められた気持ちになるんです」と言われました。

いわゆるマウンティングを取るというやつです。

 

やんわりとそれを伝えると彼女は

「でも、私の方が詳しかったので…」とかなんとか言いました。

 

だーかーらー、その“でも”がダメなんですってば!

会話の一言目が必ず“否定形”。あなたが自分にされたらいかがですか?

 

会話の中の
「でも」「だって」「って言うか」

は禁止!

 

その人は部下ではなく、またやり込めなければならない敵でもなく、結婚するかも知れない相手なのです。

自分の方が優位にたたなければならないという、マウンティングを取るクセは即刻直して下さい。

 

 

盛り上げは負けではなく優位に立つための戦術

この手の会話のキャッチボールができない、マウントを取りたがる、一言多い人に先ほどの会話の「さ・し・す・せ・そ」の話をすると、
「なぜ私が男性を持ち上げなければならないんですか?」とおっしゃる方がいます。

 

諦めたらそこで試合が終了するように(by スラムダンク)、

そう思ったらそこで40代の婚活は終了です。

 

張り合う必要なんかないんです。

 

特に相談所婚活の場合、最初のお見合いは1時間程度を推奨しているので、その1時間で男性をいかに気持ちよくしてあげるかが勝負です。

 

最後に男性に「楽しい1時間でした」と言わせればこっちのもの。

結局は女性の勝ちなのです。

 

とにかく断られなければ、アドバンテージは女性にあるので、そこからゆっくり選べばいい。

 

20代でモテてきた人は、サービス(=会話を盛り上げて、相手を気分よくさせる)しなくても男性からサービスしてもらえた過去があるので、40代になって急にサービスしろと言われてもなかなかサービスすることができません。

 

しかし、若くて可愛いだけでサービスとなる20代と違い、若くもない40代は愛嬌の一つもふりまけないようでは、土俵にすら上がれないのです。

 

それはおもてなし力とも言えます。おもてなし力こそ、若い女性にはない武器となります。それは一朝一夕で役に身に着きません。

しかし、それを身に着けておけば、来るべき結婚生活においても、非常に役に立つと思います。

 

 

会話のおもてなし力は人生の武器になる

結婚とはこれまでまったく別の人生を歩んできた人と生活をともにする分けですから、楽しくギスギスしていない方が絶対いいですよね?

 

例えば「どうしてちゃんとしないの? 結婚する時にトイレとお風呂掃除はあなたの仕事だって約束したよね?!」

 

そんな泥仕合をして快適ですか?

 

男性なんて単純な生き物なんですから、いかに気持ちよくそれをやらせるかという事を考える方が頭がいいし、楽しいはず。

 

「私って大雑把だからダメね。あなたがやってくれた方がすごくキレイになって気持ちがいいわ。もしかしてあなたってお風呂掃除の天才?」

って言ってればいいんです。嘘でも(笑)。

賢い女性になって、コロコロと手のひらの上で転がしておけばいい。

 

もちろん男性だって、そんな事を本気で受け止めているわけではありません。

中には「俺って天才かも?」という人もいるかも知れませんが(笑)、それはそれで可愛いじゃないですか。
おだてられてると分かっても、悪い気はしないものです。

 

 

すぐにでも一人暮らしをするのは難しいかも知れませんが(真剣に婚活をするなら一刻も早くしていただきたいですが)、会話の「さ・し・す・せ・そ」はできるはずです。

男性に対してだけではなく、普段の生活から意識をして“相手を上げる”会話をするクセをつけて下さい。

それを身に着けられれば、キャッチボールで会話ができるようになりますし、それが楽しい婚活につながると思います。

 

 

 

SUN SUN CALLは日本結婚相談所連盟(IBJ)に加盟しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク