肌が1段垢抜ける!新人美容部員が叩き込まれるマル秘洗顔術

こんにちは。ヨガインストラクター・ライターの高木沙織です。

最近ではヨガや食事についての記事を中心に執筆していますが、ライターとしてのスタートは10年前。それも、美容ライターとして月40本近くの原稿を書いていた時代があります。さらに遡ると、一番最初の就職先は『OTONA SALONE』読者のなかにも愛用者が多いと思われる某外資系化粧品会社でした。

とはいっても、それももうかなーり昔の話。なのですが、当時の研修で叩き込まれたさまざまな美容法、特に“落とす”ことについては、今も変わらず決まりを守っています。

 

コスメが映える肌を作れ

筆者が入社した外資系化粧品会社(ここからはA社)は、当時20代前半の私にとってはちょっと大人なブランドといった印象でした。当時、この年代の女子たちにとってはマスカラはL社、アイシャドウはC社(ご想像にお任せします)が人気だったから。A社はコスメもスキンケアも値が張るし、手が届かない存在というか。

そのため、美容部員の先輩方のメイクもどことなく大人っぽく洗練されて見えたのをよく覚えています。

新人研修は入社後すぐにおこなわれました。それぞれの席にA社のコスメがズラリと並べられ、「好きなものを使ってメイクを完成させなさい」というのが始まり。自己流メイクしかしたことのない筆者は、何となくの手探りです。その姿を研修担当者たちから見られるわけだから、緊張で手が震えてアイラインはガタガタ、マスカラはまぶたに付くわでそれはもう酷い仕上がりでした。顔を上げたくないような。

ですが、それを見た研修担当者が言った言葉は意外なもので、「メイクは今からたくさん練習するから下手でもいい。それより、コスメが映える肌を作りなさい」と。

 

「デコルテまでは100%顔と同じケア」を

 

美容部員の仕事にはコスメやスキンケアを販売するだけではなく、お客様の購買意欲を刺激することも含まれます。この言葉は当時の筆者に刺さりました。そのために、メイクのテクニックは繰り返し練習する、だけどいくら質のよいコスメを使ってもそれが映える“肌”でないといけないと教えられます。

そこで次にチェックされたのが、クレンジング・洗顔。

なんと、そのどちらも首を通り越してデコルテまでおこなうのです。これって、当たり前ではありませんよね?

その目的は……

(1)ファンデーションを塗ったときに「顔と首の色が違う」という現象が起こらないようにするため

(2)シャツやVネックのTシャツが制服なので、露出部分の肌を最大限に美しく保つため

(3)白く美しいデコルテはレフ版代わりになって肌を美しく見せてくれるから

なるほど。「デコルテまでは100%、顔と同じケアをしてください」との言葉にも納得したのも束の間。研修室でクレンジング・洗顔の様子を見て回る担当者に、「首がザラザラしていますね、普段からちゃんと洗顔していますか?」と注意された同期を横目に、自分のところに来る前に必死にゴシゴシと洗ったのも懐かしい思い出です。

 

ミルククレンジングと週1回のゴマージュを徹底

そんな我々に勧められたのが、ミルククレンジングと週1回のゴマージュ。

クレンジングにもオイルや水タイプなどいろいろありますが、朝からしっかりとメイクをして照明の明るい売り場に長時間立つのは肌にとって思った以上に過酷。メイク直しもマメにするため、筆者は乾燥や赤みが出ることがしばしばあり悩ましかったです。これは、美容部員でなくてもメイクをして長時間過ごす女性は共感してくれる人が多いのではないでしょうか。

では、なるべく肌への負担が少なく、優しくメイクオフできるものといったら? ミルククレンジングでしょう。それも手を使ってクレンジングをおこないます。コットンによって肌表面に細かな傷がつくのを防ぐこと、毎日の肌状態を自らの手で確認することが大切だから。当時、「クレンジングは落とす力が強いものがよい」と思っていたのですが、肌を守りながら優しく落とすことがよいのだとこの頃にすり込まれました。過度な摩擦により色素沈着も防げますしね。

洗顔はみなさんがすでにおこなっているような泡をしっかり立てて、手が肌に触れないような力加減で洗う。これは一緒。

週1回のゴマージュは、肌のごわつきや毛穴の黒ずみ、くすみ対策として取り入れるよう勧められました。A社のゴマージュは当時から今でも人気のロングセラー商品で、乾いた肌に塗り、マッサージをして乳化させ汚れを浮き出させるというもの。スクラブ素材を含まず、刺激を抑えながら使用できるのがポイントが高かったです。マッサージ中に感じられる温かさや洗い流した後の肌のしっとり、ツルツル感ときたら病みつきでしたね。化粧水の浸透もグンとよくなって、モチッとした肌がよみがえりました。

もちろん、クレンジングも洗顔も、ゴマージュもデコルテまで。それぞれの消費量は多くなりますが、肌の調子がすこぶるよく、自信を持って仕事に臨めていたのはこの教えのおかげだと言えるでしょう。

 

これは、今でも守っているルール。優しく落とす、それもデコルテまで。スキンケアは汚れが落ちているからこそ効果を発揮するものだと思ってください。

今のスキンケアを見直そうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

1日5分でほうれい線を消す!シワにも効く「小鼻の横」「口元」のコリほぐしケア

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。アプリで消してみればわかりますが、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。ですが、ほうれい線…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

白髪が目立たない!薄毛もカバー!40代のアレンジ裏テク

ヘアアレンジをして仕上がりを鏡でチェックしたとき、「あれ!?」と焦ったことありませんか?ちらりとのぞく白髪、分け目がやけに目立つ、頭頂部が貧弱……。若い気分でいても…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

スポンジも? 実は美容部員が使わないメイク直しのアイテム

こんにちは。ヨガインストラクター兼ライターの高木沙織です。一日のなかで2~3度ほどメイク直しをする女性は多いでしょう。ランチの後や終業後など、メイクの崩れが気になるときにコスメポーチを手にササッとキレイ…

コスメ新製品で一触即発! 美容部員、女の園でのサバイバル術

こんにちは。ライターの高木沙織です。女の園で働くみなさん、明日からの仕事のことを考えて憂鬱な夜を過ごしていませんか? 仕事内容が嫌というよりも、人間関係が独特な世界だと……ね。わかります、筆者も美容部員…

好きなものは食べられないと思え! 美容部員・女の園でのサバイバル術

こんにちは。ヨガインストラクター兼ライターの高木沙織です。みなさんは、「女の園」と聞くとどのようなイメージを思い浮かべますか? 華やかでいいニオイがして、優しい笑い声なんかも聞こえてくるような……? 残…

肩甲骨がほぐれると、体内のパワースポットも活性化!絶対試すべき肩甲骨ほぐしとは?

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。年々体のコリを感じやすくなるのは仕方がないこと。確かにそうではありますが、体の機能低下によるものだけがコリの原因になるわけではないのです。今回はちょっぴ…

アラフォー世代はモレやすい? あの部分を締めて引き上げると得られる嬉しいこと

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。クシュンとくしゃみをした瞬間に尿が漏れる。これ、アラフォー世代の女性に多い悩みのひとつです。ちなみに、「たまたま勢いよくくしゃみが出たから」だなんて言い…

眠れない夜に試してみて!ヨガ講師が教えるぐっすり気持ちよく眠れるコツ3選

こんにちは。ヨガインストラクター・美容ライターの高木沙織です。グッスリと眠れなかった翌日、心身のコンディションは大きく変わってきますよね。実は、『OTONA SALONE』読者のみなさんは年齢やホルモンバランスの…

【コンビニおやつ】ダイエット中でも罪悪感無しのおすすめ4品

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。少し体を引き締めたいとき。「食べたらいけない」と思えば思うほど、そして遠ざけるほどに近付きたくなるのが“おやつ”。おやつは、本当にいろいろなところから誘惑…

【100均ダイエット】よく効く!3通りに使える!話題の300円アイテムをヨガ講師が使ってみた

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。「暑さが和らいできた!」と安心したのも束の間。食欲の波がジワジワと音もなく押し寄せてきていますよ。幾度となくこの季節の移り変わりを経験してきたオトナサロ…

眠れない夜、どうしてる? 不眠ライターがす~っと気持ちよく眠れたのはこの方法だった!

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。旅行や出張などでホテルに宿泊するとき。すぐに眠りにつける方もいれば、明け方になっても寝つけない、眠りが浅くて何度も目が覚めてしまうという方は多いのではな…

グーンと伸びてめっちゃ気持ちいい!【腸腰筋ほぐし】で美くびれ作り

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。年齢を重ねるにつれてボディラインの変化……、いいえ、この際ハッキリと言います。“ボディラインの崩れ”が気になり始める女性が大多数を占めるようになりますが、「…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事