英語で「栗」は「マロン」じゃない?正解は意外なコレでした|NG英語ランキング

日本人がうっかり間違えがちな、すぐに使えて役立つ英会話をお届けする「1日1英語」。

オトナサローネの連載で「いちばん読まれた英語」こそが、みんなが「わからなかった英語」です!

そして意外にも、「わからないofわからない」英語はこの5つでした。ランキングでご紹介します。

 

1位・英語で「栗」は「マロン」じゃない?正解は意外なコレでした

一番みんながわからなかった英語は、実は「栗」。えっ、マロングラッセの立場は…? と感じる意外なこの結果は?

>>英語で「栗」は「マロン」じゃない?正解は意外なコレでした

 

2位・英語で「トイレ」って言える?その1語では不適切な場合も!

これもまた言えないのが「トイレ」です。英語圏と米語圏では違う、その表現は…?

>>英語で「トイレ」って言える?その1語では不適切な場合も!

 

3位・英語で「お名前は」って言える?Whatで始めると上から目線かも

いちばん使う機会の多いコミュニケーションの言葉は、間違いなく「お名前は?」でしょう。知っておいて損のない言い回しですが、意外に間違えてる!

>>英語で「お名前は」って言える?Whatで始めると上から目線かも

 

4位・英語で「リップクリーム」って言える?知らない日本人が多すぎる!

和製英語も人気です。「これって英語じゃないの?」の代表格、「リップクリーム」の正解は?

>>英語で「リップクリーム」って言える?知らない日本人が多すぎる!

 

5位・英語で「お先にどうぞ」と言える?2単語で言えたら完璧

ワールドカップやオリンピックで使う機会の増えそうな単語!「お先にどうぞ」ってどう言えばいいですか?

>>英語で「お先にどうぞ」と言える?2単語で言えたら完璧

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク