「ヤバすぎだよ!」男が真顔で逃げ出す40代女性の下品な○○とは?

ふだんのあなたの何気ない行動に、男性は「下品な女性!」とジャッジをくだす……?

「いつもメイクもばっちりだし、服装だって小ぎれいにキメてるわよん♪」なんて安心しているそこのあなた。

男性は、もっと違う角度からあなたを見ているかもしれませんよ。

だらしない40代女性に失望

「『うち来る~?』なんていうから、『行く行く!』と下心丸出しでとホイホイ上がりこんだ年上女性の部屋。……ところが。

ベッドやソファの上には服が乱雑に積み上げられ、窓際には下着が干しっぱなし。床には読みかけの雑誌とゴミが散乱。室内のいたるところが薄汚れていて……。彼女は完全なる“汚部屋住人”でした。

『ここんとこ忙しかったからちょっとちらかってるけど……』レベルじゃない!よく人を呼べたもんだ、と逆に関心しました」(37歳・飲食)

聞けば、彼女はその日初めて飲み屋で知り合った女性だったんだとか。「彼女と一夜限りのムフフとしゃれこもう!」とたくらんでいだ男性も、汚部屋にはかないませんでした。

「汚部屋以前に、その日に会った男をホイホイ呼び寄せる行為自体が下品なのでは?まあ、君も君だけど(笑)」(47歳・団体職員)と、一緒にいた男性からこんな声も上がりました。

下品な性格・行動にガッカリ

「先日ニュースになった、教師いじめをしていた40代女性教師。40過ぎたいい大人がいじめに加担するなんて下品きわまりない!」(30代・自営業)

このニュースに驚いた方は多いのではないでしょうか?40代の成熟した大人というだけではなく、子どもたちの手本であるべき立場としての道徳心が問われます。

「『○子ちゃん、こないだ彼氏に浮気されたんだって~』とうれしそうに報告してくる彼女。『かわいそ~』なんて言ってるけど、その顔のブスなことブスなこと!」(38歳・飲食)

“他人の不幸は蜜の味”が人間の性(さが)なのは否めません。この感情は心理学用語で「シャーデンフロイデ」といい、科学的にも証明されています。
しかし大人の女性なら、含み笑いは神妙な顔の下にかくし通したいもの。
それがモラルさ!

「お店や電車など人がたくさん集まる場所で、あたりかまわずデカい声でゲラゲラ笑ってるオバさん集団!あれを上品な女性と思う人は誰一人いないと思います」(自営業・48歳)

女も3人集まれば「姦しい(かしましい)」とはよく言ったものです。しかし、リアルの現場で遭遇すると、眉をひそめる男性は多いようです。

上品な年上女性とは?

では、男性が思う「上品な女性」とはいったいどういうことを言うのでしょう?

「ハンカチやティッシュがサッと出てくる女性」(50歳・自営業)
「自分の年齢に沿った、ナチュラルなたたずまい」(37歳・飲食)
「トラブルがあった時は感情的にならず、冷静な判断でたちまわれる女性」(自営業・48歳)

若干フワッとしたご意見ですが、「オトナサローネ」のサイト内を見ていると、これらのヒントになる記事がたくさんありそうです。

どうぞ、ゆっくりしていってください。