【骨盤矯正】骨盤がゆがむと心にも影響が?!転がるだけのセルフ矯正を試してみて

こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。

ホルモンバランスの乱れやそこから生じる精神的揺らぎ……。昔はそれほど意識したことはなかったけれど、『オトナサローネ』読者世代となった今、心当たりがあったり、他人ごとには思えなかったりしている人は多いのではないでしょうか。

そしてその原因のひとつと考えられるのが、骨盤の状態だと言われています。

 

骨盤と気持ちの落ち込み

 

これまでに、骨盤ベルトのようなものを使ったり、骨盤矯正と言われるものに足を運んでみたりと何かしらの骨盤ケアを経験したことがある人もいるでしょう。

というのも、骨盤の状態が安定して正しい位置にあることは、姿勢や骨盤内にある子宮の状態、ホルモン・自律神経のバランスにも関係してくると言われているから。ホルモンや自律神経のバランスが乱れると、心が沈んだりネガティブな思考になったりしてしまいますよね。

そこで今回取り入れたいのは、骨盤の中心にある逆三角形の部分・仙骨(せんこつ)の歪みやつまりにアプローチをしてくれる次の動き。

 

床でゴロゴロ転がる動き

まずは、床でゴロゴロと転がる動きから。仙骨の歪みにアプローチし、骨盤が正しい位置にくることを目指します。

(1)ひざを立てて座り、両手はひざの裏に添える

(2)上体をゆっくりとうしろに倒していき、背中まで床につける

(3)背中~お尻を床から浮かせ、(1)の姿勢に戻る×5回を目安に

※ 反動をつけすぎないようにおこなう

 

お尻をストンと落とす動き

続いては、お尻を床に落とすことで仙骨と腸骨の関節・仙腸関節のつまりを取る効果に期待される動きです。

(1)床に仰向けになり、足幅を広げる

(2)体の横にひじを立て、かかとと一緒に床を押してお尻を持ち上げる~呼吸を3~5回ほど

(3)お尻をストンと床に落とす

この動きを5回を目安におこなってみてください。

 

気持ちの落ち込みの原因はホルモン・自律神経のバランスの乱れのほかにもあるかと思いますが、骨盤を正しい位置に近付けることは女性にとって悪いことではありません。

「なんだか最近落ち込む・気持ちが沈む」という人だけでなく、骨盤の状態が気になるという人もぜひ試してみてはいかがでしょうか。

※ 骨盤の状態は姿勢の癖などからも影響を受けるので、上記の動きをおこなうだけでなく日頃から姿勢を正す意識をもって過ごしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク