二重あご・シワ・たるみにさようなら!寝る前1分で老け顔を防ぐ「顔体操」3つ

正面から見た自分の顔は見慣れていても、たまたま誰かが撮った写真にうつっている自分の横顔を見て、

「……いつの間にこんな、たるんだ顔に!?」

と愕然とした経験を持つ人は私だけではないはず。(笑)

頬やあごがぼんやりとたるんだり、あってほしくない場所にシワを発見したり、まして二重あごともなると、一気に「おばさん化」した気分になって…… いえいえ、なっている場合ではありません!

今回は、そんなものを笑い飛ばして解消する方法をお伝えしましょう。

 

シワやたるみはなぜできる?

若い頃は、ハリと弾力にあふれてプリッとしたモチモチ肌だったはずなのに、年齢とともにシワやたるみが出てくるのはどうしてなのでしょう?

肌の構造は、表面に近いところから順に、表皮→真皮→皮下組織(=筋肉や皮下脂肪)となっています。

この真皮の部分で、コラーゲンなどの繊維が網の目のようになって肌の弾力を支えているわけですが、年齢を重ねるにしたがって、そのコラーゲンを作り出す細胞の働きが弱り、表皮の重みを支えきれなくなってゆきます。

つまり、「網の目が細かく、ピンと張っている」状態から「網の目が大きく、しかもゆるんでいる」状態になってくる、これが「加齢によるたるみ」というわけですね。

さらに、その下にある筋肉がおとろえて脂肪が増えて……となれば、これはもう、言わずもがな。

もちろん、紫外線や喫煙によるダメージ、間違ったダイエットによる栄養の偏り、姿勢の悪さによる血行不良などによっても肌の老化は加速しますから、それらに気をつけたり、食生活やサプリメントでコラーゲンを補ったりすることも大切なのですが、もうひとつ大きな原因が、表情筋のおとろえです。

老け顔が板につく前に方向転換!

やりながらつい笑ってしまいそうな、面白い顔体操を始めてみましょう。

 

笑いながら「老け顔」解消!3つのユニークな顔体操

1)鏡をのぞいて「ア・オ・ウ」体操

顔が全部うつる大きさの鏡を用意して、正面から見るのではなく、上から覗き込むように見てみましょう。

こうすると、正面から見ていては気づかない「顔のたるみ具合」があらわになります。

つまり、たるみやシワのできやすい部分がはっきりわかる、ということ!

その状態で、口をしっかり動かしながら「ア・オ・ウ」と発音します。

「ア」はあごがはずれそうなほど大きく、「オ」はムンクの『叫び』のように頬をすぼめ、「ウ」はひょっとこのように唇を突き出して、オーバーな変顔を作るつもりでやるのがコツです。

顔のどこがどう動いているか、感じたり観察したりしながらやってみましょう。

なぜ「アイウエオ」ではないかというと、「イ」と「エ」は(実際にやってみるとわかりますが)ほうれい線が生まれやすくなるから、です。

たるみを解消するのと引き換えに、無かったはずのシワを作り出したのでは意味がありませんから!

 

2)下あごを突き出して「アイ~ン」体操

顔の下半分、特にあご周りから首のラインをすっきりさせて、二重あごを解消するのに効果てきめんなのは、志村けんさんの「アイ~ン」のポーズ!

普通に「イー」とか「エー」と動かすのは、あごや首のあたりが伸びるのは感じられても、老け顔の象徴ともいうべきほうれい線ができやすい・深くなりやすいという厄介なデメリットがあるので、あまりおすすめできません。

その点、顔をイーッと横に広げて伸ばしながら下あごを突き出す「アイ~ン」は、首まで気持ちよくストレッチができつつ、余計なシワができないので、ひそかに日課にしている女優さんも実は多いのだとか!

普段、意識しないでいると、顔の状態にばかり目がいって、顔とダイレクトにつながっている首は意外と忘れられがちです。

UVケアをするのを忘れたり、いつの間にか深いシワができているのに気付かなかったり……。

「年齢は手と首に出る」ともいわれますね。

顔・あご・首、というひとつながりのラインに効く「アイ~ン」体操、変顔の代表格ですからなかなか人前ではできませんが(笑)、トイレやお風呂に入った時など、誰も見ていないところでこっそり、日課にしてみましょう!

3)骨をくわえた犬!? 割り箸のストレッチ

顔がたるむと、口角が下がります。

口が「への字」になり、いつも疲れているような、何か不満そうで不機嫌そうな、いわゆる「おばさん顔」に見えます。

口角を上げるのに効果的なアイテムは、割り箸

割らない状態で、唇にくわえて「ニ~」と発音しながら、口角が割り箸のラインより上にくるようにします。

(ほうれい線ができるほど思いきり横に引っぱりすぎないようにしましょう! 横に広げるのではなく、口角を持ち上げるつもりでやるのがポイントです)

顔の左右の歪みが気になる人は、割り箸を奥歯でくわえて、鏡を見てみましょう。

シーソーのように、どちらかに傾いていませんか?

口角が下がっているほうの奥歯で、少し力を入れて噛み、30秒キープ!

歪みが解消されてくると、顔の片方だけにできた謎のシワも、いつの間にか消えているはずですよ。

ポイントは「保湿してから動かす」こと!

表情筋の働きが鈍ると、たるみ・シワ・二重あごなど、一気におばさん化が進みます。

女優さんの顔が、実年齢よりも若く美しく見えるのは、意識してケアしていることだけでなく、表情の豊かさによるところも大きいのかもしれませんね。

普段あまり使わない顔の筋肉を大きく動かす前には、ぜひ、しっかりと保湿をするのもお忘れなく!

乾燥しきった肌をむやみに動かしたのでは、小さな動きでも、逆に余分なシワができやすくなってしまいます。

たっぷりと潤った顔で、志村けんさんになったり犬になったりして、笑いながらやってみましょう。

たるみのない顔に、ささやかな笑いジワなら…… 「人形のようにシワひとつない顔」より、むしろ魅力的かも!?

スポンサーリンク

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

一人でも、体が硬くてもできる!「寝たまま肩甲骨はがし」ストレッチで肩こり解消するコツ

肩こり解消に話題の「肩甲骨はがし」。難しいテクや道具、器具は必要ありません。『完全版 寝たまま肩甲骨はがし』(主婦の友社刊)の著者である、自力整体指導員のたんだ…

今すぐ!4呼吸でお腹がへこむ奇跡のドローイン

ドローインという言葉をご存じでしょうか? 知っていても、知らなくても、大丈夫。今からたったの4秒、ちょっとご一緒にお願いします。では、いきますよ?1・何も意識せ…

朝昼スキマ時間30秒の肩甲骨ストレッチで「見た目おばさん」ストップ!

先日、同世代の友人と話していて、「何歳から、おばさんと呼ばれて然るべきか?」という話題になりました。若くても、子供がいる人は「おばさん」「おばちゃん」と呼ばれる…

【手が後ろで組めない】原因は肩甲骨にあり?1分で肩こりスッキリ「肩甲骨はがし」 

まず、「背中で手を組んで」みてください。私は左手が肩上の側はOKですが、逆がダメです。そして、左側に「身体のゆがみ」があるといろんなストレッチで指摘されています。…

「肩甲骨はがし」10秒~1分でOK!お仕事中の3大不調を今すぐ解消

その不調、いま座ったままで解消しましょう! 「肩甲骨はがし」を応用した[オフィスはがし]で、座りながらでOKの解消方法をご紹介します。どれも10秒~1分と短時間ででき…

夏までにお腹ぺったんこに!お腹やせの秘訣は「3つの腹」刺激

はじめまして。エステセラピストの町山和代です。私は、2011年に“癒し、美容と健康”をテーマに、美しさと輝きを自然の力で取り戻すことを目的とした自然派サロンをオープン…

背中のハミ肉に、ぐるぐる背中ほぐし。肩甲骨はがし#22

こんにちは、たんだあつこです。私はゴロゴロ寝ながら 自分の体は自分でほぐす[寝たまま肩甲骨はがし]を指導しています。でも、みなさんがこの記事を読むときは、オフィス…

理想はすんなりシュッ!バレエストレッチで体型を整える

自分のボディラインになんとなく緊張感がないと感じるのもアラフォー以降の悩みです。しかし欲しいのはマッチョな緊張感ではなく、しなやかさのある緊張感ではないでしょう…

ガッカリ垂れ尻とサヨウナラ!垂れ尻の原因と桃尻になれるテク3選

年齢と共に崩れるボディライン。ウエストやお腹周りは正面から見えるので気にしている人も多いと思いますが、意外な盲点はお尻。自分のバックスタイルを見るなんて、洋服を…

やせる顔・手のツボ押し!スキマの5分で肩こり&ストレスもすっきり

梅雨もまだだというのに、早くも夏のような外気の暑さと、冷蔵庫のように思いきり冷えた電車内……。朝晩の寒暖差どころではない落差に、体もついていくのが大変で、自覚以上に疲れがちな時期です。仕事や家事のスキマ…

5分でウエスト 2.5cmやせ! バスタオル2枚ですぐできる骨盤メンテナンス

疲れが抜けない、肩こりや腰痛がひどい、生理痛が重い、そして下半身太り……。そんな悩みの元として注目されているのが、“骨盤のゆがみ”!肩の高さやウエストのくびれ方が左右で違っていたり、猫背や反り腰を指摘され…

朝昼スキマ時間30秒の肩甲骨ストレッチで「見た目おばさん」ストップ!

先日、同世代の友人と話していて、「何歳から、おばさんと呼ばれて然るべきか?」という話題になりました。若くても、子供がいる人は「おばさん」「おばちゃん」と呼ばれる(あるいは自称する)ことにあまり抵抗がな…

肩こり・足のむくみ・歪み太りに!ベッドで寝る前5分の「エア泳ぎエクササイズ」

暖かくなって、体を動かすのも気持ちいい季節になってきました。少しずつ薄着になるので、スタイルアップも気になって、スポーツジムに入会する人もぐんと増える時期だとか。「エクササイズも水泳もやりたいけど、ジ…

呼吸だけでやせる?『1:4:2 人魚姫の深呼吸』とは

いわゆる「フレッシャーズ」ではなくても、何かと身の回りの変化の多い4月。つい必要以上に頑張りすぎたり、気負いすぎたりして、呼吸が浅くなっていませんか?そんな時は、ちょっと立ち止まって、大きく深呼吸!!…

歪みも疲れも解消する「3秒マジック」で肩こり・たるみの対策3つ

無意識の癖や姿勢からくる「歪み体形ブス」にならないための、『手のひら返しの3秒マジック』(前回の記事はこちら)。今回はその応用編を3つご紹介いたします。全身に効く!手のひら返しの応用3パターン1)足・太も…

体形ブス脱却の3秒マジック!「〇〇を返すだけ」で歪み太りも疲れも解消

野暮ったく見えるのは、重ね着しているせいよ、寒いんだし…… という言い訳がだんだんできなくなってくる(笑) 春です! 歓送迎会やお花見など、写真を撮る機会も増える時期ですね。写真の中の自分が、なぜか前より…

お風呂上がりに5分のデトックス! 今日からできるリフレクソロジーの基本

桜の開花宣言も出て、だんだん春らしくなってきましたね。暖かくなってくると、「それほど体も冷えていないから、いいや」と、ゆっくりお風呂につからずにシャワーですませてしまうことも増えてきますが、そんな日々…

春眠暁を覚えず!?スッキリ目覚めて動ける4ステップ!

昔から「春眠暁を覚えず」などといいますが、暖かな心地よさの裏返しか、微妙に眠気が残ってスッキリ起きられない……そんな朝におすすめのアイテムや、ユニークな目覚まし方法、簡単なストレッチなどをいくつかご紹介…

だるい、眠い、イライラ……プチ不調を解消1分ハンドマッサージ

3月も半ば、指先のネイルも春らしい色にチェンジしたくなる季節ですね。手や指が美しいか荒れているかで、印象はかなり変わりますし、保湿などのケアも大切なのですが、手は足の裏と同じく、頭や内臓をはじめ全身の…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事