「すかす」でも「だます」でもありません!「貶す」の読み方、知っていますか?|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。

今週は、「漢字の読み方記事」や「ランキング記事」が人気でした!

それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。

(11月4日~11月10日)

 

1位・「すかす」でも「だます」でもありません!「貶す」の読み方、知っていますか?

「普段耳にしたことのある言葉なのに、漢字で書かれると読めない・・・」そんな経験ありませんか?漢字はただでさえ数が多いだけでなく、1つの漢字にさまざまな読み方があります。読めない漢字がある人もきっと多いはずですが、人前で漢字を読み間違えてしまったりすると恥ずかしい思いをするもの。

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。

「貶す」の読み方、知っていますか?

読み方は>>「すかす」でも「だます」でもありません!「貶す」の読み方、知っていますか?

 

2位・安倍昭恵「あのベルスリーブワンピ」から透けて見えてしまった「お気の毒な境遇」とは

たとえば、民間から初めて皇室に嫁がれた美智子さま。それまでの妃殿下方は学習院出身で華族のお姫さまでしたし、仕えるほうも華族が多かった時代ですから、抵抗がないと言ったらうそになるでしょう。

昭和天皇の侍従長を務めた入江相政氏(この方も華族です)の著書、「入江相政日記」(朝日新聞出版)によると、香淳皇后とはご婚約内定時から些細なこと(ご成婚パレートの際の馬の数がご自身のご大礼の時より多いとか、お妃教育を行う場所を貸す貸さない)で揉めるなど、不安の要素は限りなくありました。

>>安倍昭恵「あのベルスリーブワンピ」から透けて見えてしまった「お気の毒な境遇」とは

 

3位・「ちょうむ」でも「しずむ」でもありません!「凋む」の読み方、知っていますか?

「普段耳にしたことのある言葉なのに、漢字で書かれると読めない・・・」そんな経験ありませんか?漢字はただでさえ数が多いだけでなく、1つの漢字にさまざまな読み方があります。読めない漢字がある人もきっと多いはずですが、人前で漢字を読み間違えてしまったりすると恥ずかしい思いをするもの。

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。

「凋む」の読み方、知っていますか?

>>「ちょうむ」でも「しずむ」でもありません!「凋む」の読み方、知っていますか?

 

4位・「シー」とは読まない!視力検査でおなじみの「C」の読み方は?

「上、下、右、えっと、わかりません…」。このやりとり、誰でも1度は経験ありますよね? 学生の頃から視力検査でよく見かけるこの「C」のような輪っか。実は正式名称を知らないという人も多いのではないでしょうか?

本記事では、「これの名前なんだっけ?」というよく見かけるのに意外と知らないモノの名前をご紹介していきます。

>>「シー」とは読まない!視力検査でおなじみの「C」の読み方は?

 

5位・【ユニクロ】40代50代でも痛くない!「着回しコスパ最高」な冬アイテム8つ

あっという間に秋が本格化しました!そこでユニクロで買った冬アイテムを聞いてみました。なおリアル40代に50代デビューが登場したので、50代のセレクトもピックアップ。コスパがいいアレンジが豊富ですよ!

>>【ユニクロ】40代50代でも痛くない!「着回しコスパ最高」な冬アイテム8つ

 

いかがでしたか?

来週もお楽しみに!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク