丁寧なつもりが無礼に!「さすがです」「お世話になっております」敬語のNGランキング

目上の人からのメールにも、つい返してしまいがちな言葉「了解です」。本当にこれ書いていいの…?

知らないうちに失礼を働いてしまっているかもしれません!

今回は、つい間違って使ってしまいがちな敬語に関する記事を、みんなが気にしている順に集めました。

ぜひチェックしてみてください!

第1位■丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、本人に自覚がないと、繰り返し失礼を塗り重ねてしまう可能性もあり、ちょっと心配。今日はそんな「意外な無礼」を3つ紹介します。

詳しくは>>>丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

 

第2位■「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

お目が高い、さすがです、すごいですね

実はこのような目上の人を「評価」することに該当する言葉は、敬語であるかどうか以前に、そもそも失礼にあたるので、普通は言わないのが良いのですが、なぜかこういう言葉を連発する人がいます。

詳しくは>>>「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

 

第3位■「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうしていけないなのか、お答えします。

詳しくは>>>「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

 

第4位■「お待たせしました」は実はNG?気をつかったつもりで失礼な日本語

レポートなどの提出が遅くなってしまった場合、「お待たせしました」と言われると少し違和感を覚える人がいることを想像できますか?
また、文法的にもおかしくないのに、この「お待たせしました」がどうしてそんなに微妙な雰囲気になってしまうのでしょうか。

詳しくは>>>「お待たせしました」は実はNG?気をつかったつもりで失礼な日本語

 

第5位■毎回「お世話になっております」はNG? 印象が悪い3つのメール

毎回毎回「お世話になっております」のワンパターンな書き出しになっていませんか?

とは言え、毎回毎回書き起こすのは大変なこと。そこで、今回は「お世話になっております」がどんな時に印象が良くないのか3つの場合に分け、それぞれの場合で言い換えパターンを教えますね。

詳しくは>>>毎回「お世話になっております」はNG? 印象が悪い3つのメール

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク