開運!全国お雑煮「これがめでたい」2017

三が日は全国、大抵のご家庭で召し上がるお雑煮。でも、このお雑煮、実は峠を一つ隔てたら違うものになるくらいに、全国的にバリエに富んでいるんです。

いま日本でいちばんお雑煮を知る集団、dancyu特別編集ムック『お雑煮マニアックス』関係者に、そんな全国のお雑煮の中から「これは2017年に運がいいんじゃないか?」という視点で「推し雑煮」を聞きました! おせちにもお雑煮にも飽きたら「よそのお雑煮」もね!

お酒にもあいます!香川のお雑煮

西のお雑煮は白みそベースですが、このお雑煮はお餅もポイント。この時期は、つきたてのお餅の中にあんこを入れた、お雑煮専用のお餅が売られています。お餅を食べると、中から甘いあんこが出てくるんですが、それが汁部分のあまじょっぱさと抜群の対比。また、上にのせた青のりがいいアクセントになってるんです。これは新春から酒が進んでめでたい、ということで、私の推薦は香川県の「白味噌あん餅雑煮」です!

編集担当・プレジデント社 dancyu企画事業部 杉下春子さん

近くなのに異文化すぎる、中京・近畿の雑煮

お正月は縁起をかついで、いろいろな趣向を椀の中に盛り込みます。関西では「角が立っては縁起が悪い」意味で丸餅が主流であったり、名古屋ではお餅を焼かないことに「城(白)を焼かない」という意味が込められていたり。大阪では元日と二日目で味を変えて「飽きない(商い)」なんて言うそう。そんな僕は滋賀の出身ですが、お雑煮にきなこをかけるだなんて聞いたことがなかった。「奈良のきなこ雑煮」はこのご近所にも知られていないレアさがお宝感高く、推薦します!

販売担当・プレジデント社 販売部 副部長 椎野慎二さん

 

「賀来」=牡蠣。めでたい具が盛りだくさんの広島

全国どのお雑煮もその土地のめでたさ、運が凝縮されていて、どれとは推しがたいのですが、敢えて挙げるなら広島の牡蠣。転勤の多かった私には、正月は祖父母の住む広島のこの味がルーツのお雑煮なんです。この「牡蠣雑煮」、マジに美味い。ブリっと太ったいちばんおいしい時期の牡蠣が丸ごと入っているんですから、美味しくないわけがない。ちなみに牡蠣には「賀来」という字を当てますが、このほか広島県内は贅沢な素材づかいが特徴で、ハマグリやぶり、アナゴなどのバリエも。どこまでもおめでたいものを突っ込め!という気概、間違いなく開運です!

お雑煮マニアックス』監修者・粕谷浩子さん

 

書影をクリックするとアマゾンにジャンプします

お雑煮マニアックス
粕谷浩子・監修 dancyu編集部・編 1,080円+税 プレジデント社
アマゾンはこちら
hontoはこちら

粕谷さん監修の全国のお雑煮も!

バリエに富む全国のお雑煮のうちから8種類が、そのまま食べられるお雑煮パッケージ化されました。だしにこだわり抜き、ご家庭での作りたてを再現した「地元の味」。詳しくはストアをチェック!

パッケージはこんな感じ!

 

会津こづゆ雑煮の例。具の煮込みに大変な手間がかかるので、現地でもこうして具を売っている場合があるのだそう。

会津こづゆ雑煮を作ってみました!

 

博多のブリ雑煮ならこんな感じ!

yahooショッピングはこちら

手に取って選びたいなら

また、この本とお雑煮8種類は、東京・市ヶ谷のDNPプラザでも販売中です。1/14まで、1Fのhontoコーナーにて。本とこだわりの食が関連展示されたDNPプラザは、カフェ併設でゆっくり楽しめる空間です。

■DNPプラザ
http://plaza.dnp/floor/1f-shop1.html
※年始の営業は1/6から

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

スーパーで買えるもの限定! おいしいワインを選ぶ7つのコツとソムリエおすすめワインを教えます

最近、スーパーでのワインの品揃えが豊富になってきました。スーパーは身近にあるので急に飲みたくなっても気軽に買うことができてとても便利。また、食材と一緒にワインが…

めんつゆにモッツァレラを漬けると驚きの味に!

「モッツアレラチーズをめんつゆに漬けると美味しいらしいよ」と聞きました。何それおいしそう! とりあえず漬けてみたところ、1・モッツァレラを買ってくる 2・めんつ…

なにげヘルシー! 「サッポロ一番塩」包丁いらないズボラレシピ4つ

みなさん、袋めんは何がいちばんお好きですか?最近、カップ焼きそばは地域ごとに売れ筋がまったく違うことが知られるようになりました。北海道はやきそば弁当、東日本はペ…

コンビニで全部手に入る!オススメワインと5分でできるちょい足しレシピ

最近、コンビニのワインコーナーが充実してきました。ワインが身近になっている証拠ですね。でも、コンビニに売っているワインって美味しいの?悪酔いしそう、、、。と不安…

牡蠣を食べる人なら知っておきたいたった1つのこと

突然ですが、大手町ってご利用になりますか?世界に名だたるビジネス街・大手町の、サンケイプラザ前に突然白いテントが登場。何だこれはと思ったら……牡蠣小屋!4月7日まで…

太りにくい「ヘルシー夜食&おやつ」3選。深夜も罪悪感なく食べたい!

夜遅くになってお腹がすいた、甘いものが食べたい! そんなときってありませんか? 遅い時間に食べてもおいしくて罪悪感がないヘルシー夜食&おやつを紹介します!茹で汁…

大人が知っておきたい!ホームパーティーの服装と手土産の値段 ~ワインのマナー・ゲスト編~

好きな料理に好きなワイン、そして気の合う仲間たちとのホームパーティ!気の合う仲間とする場合もあれば、家族ぐるみ、上司の家族やママ友同士などシチュエーションはさま…

台湾おひとりさまご飯にオススメ! 地元民も愛する美味しいグルメ3選

台湾は言わずと知れたグルメ天国。なかでも、台湾きっての大都市・台北には、美味しいものの宝庫。高級の台湾料理から、夜市でおなじみの屋台飯、日本でもすっかりおなじみ…

これで大丈夫!ホームパーティのおもてなし、準備のコツ~ワインマナー・ホスト編~

みんなでワイワイ楽しいホームパーティ。いざホームパーティを開くとなると何から準備したらいいのか分からなくなってしまうことはありませんか?せっかくゲストを自宅に招…

知ってた?エスニック料理に合うワイン。タイやベトナム料理にオススメ3選

最近、タイ料理やベトナム料理などが流行っていますよね!日本から近い東南アジアは親しみやすく旅行の人気スポットでもあります。また、簡単にスーパー等で食材が手に入る…

ハーゲンダッツ茶房「これ食べといたほうが」ランキング

1年中もれなくどの季節も楽しんでいるハーゲンダッツ。新フレーバーが出るたびコンビニやスーパーの店頭へ探しに行く20年選手も多いのではないでしょうか!さて、そんなハーゲンダッツが、5/6までの期間限定カフェ『…

みんな、出張のときの「きちんと服」どうしてる?スマホより軽いジャケ&ワンピ登場

夜ちょっとした会食がある、よいお店の予約を入れてみた。そんな旅行や出張のとき、みなさん「夜用のもう1枚」をどうしていますか? シワにならないように持っていくのがめんどくさい、バッグに入れるとぐちゃぐち…

更年期世代の肌たるみは「骨が減る」せい?閉経前後の注意事項【医師に聞く】

閉経前後に急激に女性ホルモン分泌が減る、という話は近年よく知られるようになりました。食事や運動である程度対策したほうが良いことや、いわゆる更年期症状がつらい場合は婦人科に頼って治療したほうが良いという…

【専門店が教える】大人気!バターコーヒーの作り方と「最強」な飲み方

昨年の6月、東京・JR代々木駅前に突如として「バターコーヒー」のお店がオープンしました。代々木在住の私は嬉々として初日に立ち寄り、飲んだ感想を元に自己流のレシピ記事を書きました。そして、冬の間にたるんだ…

今度は腸活のお茶ですって!「サントリーの新烏龍茶」が満を持して発売

突然ですが、「玉ねぎヨーグルト」ってご存知ですか? 玉ねぎをスライスしてヨーグルトに混ぜ塩少々追加、一晩寝かせたものを毎日食べる健康法です。ヨーグルトは善玉菌のビフィズス菌摂取、玉ねぎは水溶性の食物繊…

年度末のいまこそ作る意味がある「今年度はじめてやったこと」リスト

週が明けると新年度が始まります。新しい職場で働く人も、自分の部署に新入社員を迎える人も、また自分が部署を異動する人、新たなミッションに挑む人もいることでしょう。もちろん、表面上、前週までと何も変化がな…

「餃子にビールはもう古い?」まさかのコレにおじさんがハマった件

先日、「メルシャンのロゼワインセミナーがあるよ」と話したら、部内の楽しいこと大好き系おじさんが高反応したんです。「オッ、いいねえ」的なノリで。そしてセミナーに行って帰ってきたら「もう明日からロゼしか飲…

シャンプー成分3つの誤解「シリコーンは頭皮に悪い」は都市伝説?

シャンプーの〇〇成分は頭皮に悪い、というネット記事を目にしたことはありませんか?ふと気が付いたら「ノンシリコーン」と書いてあるシャンプーが増えました。今回話を伺ったディシラの新シャンプーもまたノンシリ…

野菜がこんなに美味しいだなんて!東京イチ眺望のいいテラス席で

最近、ヴィーガン、ベジタリアンメニューの話をよく目にしませんか?たとえばぎんざ泥武士のようにもともと有機野菜がメインのお店でヴィーガン対応も可能なお店や、青山のたまな食堂のようにマクロビがベースのお店…

このまま肘を引ける?「エクササイズ界の脳トレ」セラサイズが難しい!

こんにちは、生ける体調不良ことOTONA SALONE編集部の井一です。今年はついに花粉症を発症したかなと思っていたら、ひっどい風邪をひいていました。ちょっと油断するといきなり肺炎になるので気を付けます。さて、「…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FOODに関する最新記事