【九星フラワー占い】七赤金星の12月は「その悩みから一気に解放」

2019年の年末が近づいてきました。クリスマス、忘年会と楽しいけれど、お金も出ていくイベントがいっぱい。そんな中で、世の中の空気感に迷わされず、自分らしい充実した日々を過ごすポイントをお話ししていきます。

※七赤金星の生まれ年は1957年、1966年、1975年、1984年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

解放の時がやってきた!

色々なことがうまくいかないと、11月中に投げやりになりかけていた七赤金星の皆さん、お待たせしました!

そのだるさ、辛さから解放される 時が来ました。

ただし、この間、落ち込んだり、ふてくされていたり、様子を冷静に見ていた人、ここから一気に用事を片付け始めなくてはならないので、ちょっと大変な年末になりそうです。

美食のクィーン、皆にご馳走を

もともと七赤金星は、美味しいものに縁がある星です。

ということもあって、クリスマスやお正月、周囲の人みんながご馳走を食べられるように気を向けてあげる、家族であれば、その準備をしてあげるという重大な任務あります。

まるで、ちょっとお母さんのように、気を配りましょう。

母の力が自分の根=足腰が強まる

そして、実際に自分のお母さん、結婚している人であればお姑さんの体調や、ご機嫌など、 気にするだけでなく、できたら会って話しましょう。

そうすることで 、少々なえていた自分の足腰(実際の足腰と、心の動きも含め)が定まって、また走って行けるでしょう。

人間関係、生活のあれこれ、仕事なども含め、ひとつずつコツコツ積み重ねることが最大のトレーニングです。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、 年末年始色々な人と会う中で、今まで何度か会っていたけれども、あまりピンと来てはいなかった人の中に、この人かもしれないというひらめきを感じるかもしれません。

その人は、あなたのことをよく知っていて、よいところも悪いところも受け止めてくれるような、そんな包容力があれば、その人は大正解の相手です。

金運ですが 、何か今後の目標が見えてきていて、貯金をする 気力のようなものが湧いてくるかもしれません。

それはとてもいいことで、この時期に始めた貯金は大きく成長していく可能性を秘めています。

大きめの貯金箱を用意して、小銭などを入れてみるといいかもしれません。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーは、イエローカラー。

その中でのも、目にも鮮やかな黄色いがとくにおすすめです。

年末に向けて、必要なことをするための力を与えてくれるでしょう。

ラッキーパーソンは、母親もしくは母方の親戚。また、 故郷に住んでいる幼馴染です。

もしかしたら、弱っているタイミングで、あなたの心を温めてくれる手紙や電話メールをくれるかもしれません。

逆に何となく気になるな、元気がないんじゃないかなと思った相手に連絡を取ってみてください。

相手だけでなく、あなた自身も元気がわき起こってくるでしょう。

ラッキーフードは、おにぎり。

しかも、おばあちゃんやお母さんが作ったものなら最強です。

ホッとする味で、今までもし自分らしくないことをしていたとしたら。そのことに気が付かせてくれるでしょう。

コスモスの花が象徴する七赤金星の魅力とは

七赤金星の女性は、少女のように可憐で楽しいことに目がない人が多いです。「乙女の真心」という花言葉を持つコスモスは、にぎやかに群生していますが、ひと花だけに注目すると可憐で、どこか頼りなげ。その姿は七赤の女性に似ているような気がします。「アラフォーなんだから、しっかりしなくちゃ」、こう思ったら七赤の魅力は半減。好奇心のままに楽しいことを探し、その楽しさを人にもおすそわけする、そんな七赤を人は好きになるのです。

※12月の全体の運勢を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク