乳がんになる原因は? 症状は? 大人の女性が知っておきたい病気のこと

「私も乳がんのリスクがあるかもしれない……。」 歌舞伎俳優・市川海老蔵さんの妻で、フリーアナウンサー小林麻央さんが乳がんで闘病中という報道を受け、そう感じた女性は少なくないと思います。乳がん検診や人間ドッグを受けようと思ったかたも多いでしょう。乳がんになる原因は? 症状は? 意外とわかっていないものです。だからこそ、ちゃんと知っておいていただきたい「乳がん」のこと。聖路加国際病院ブレストセンター・山内英子先生の『よくわかる最新医学 乳がん』から、大人の女性として知っておいてほしい乳がんの知識をご紹介します。

乳がんの発症数は?

日本での乳がん罹患数は89,400例(国立がん研究センター2015年調べ)あり、女性がかかるがんの部位としては第1位です。50年ほど前は約50人に1人だったのに対し、現在は約12人に1人。30代後半から急激に増え始め、40代後半から50代前半にかけて罹患率が最も高くなっています。ちなみに第2位が大腸がん、第3位が肺がん、以降は胃がん、子宮がんと続きます。

 

罹患数が最も多い乳がんですが、死亡数としては第5位です。この数字から、乳がんはかかる人は多いけれど、命を落とす率は低いがんであることがわかります。乳がんは定期検診を受け、さらに日常的にじぶんで乳房をチェックしていれば早期に発見することができるがんでもあります。そして適切な治療を受ければ、命に影響を及ぼさずにすむケースが多いのです。ちなみに死亡数としては第1位が大腸がんです。

 

乳がん発症リスクが上がる4つのこと

なぜ現代女性の乳がんがこれほどまでに増えているのでしょうか。

乳がんを招く要因といわれているのが、女性ホルモンのひとつであるエストロゲン(卵胞ホルモン)です。このホルモンは乳管の発達や女性生殖器の発達を促すホルモンであり、月経リズムによって量が変化します。近年、エストロゲンが過剰に分泌されたり、長い間エストロゲンにさらされることで乳がんの発症リスクが上昇することがわかってきました。このエストロゲンが関与するものとして、下記の4つが挙げられます。

1 肥満

食生活の欧米化に伴う高脂肪・高タンパク質の食生活はホルモンバランスを崩す原因になります。実はエストロゲンは卵巣だけでなく、皮下脂肪でも作られています。肥満で皮下脂肪が多い人ほどエストロゲンが多く作られるため、肥満も乳がんリスクを上げる原因になります。

2 出産経験の有無、高齢での出産

出産経験がある女性とそうでない女性とでは、後者の方が乳がんを発症する確率が高くなります。妊娠中はエストロゲンの分泌が抑えられるため、出産回数が多いとそれだけエストロゲンの分泌は少なくなるためです。また、初産年齢が低いほど乳がんのリスクは低く、初産年齢が高い女性(30歳以上)では乳がんのリスクが高くなることもいわれています。

3 授乳経験の有無

授乳経験のない女性は授乳経験のある女性と比較して乳がんのリスクは増加します。これも、授乳中にエストロゲンの分泌が抑えられるためです。また、授乳期間が長くなるほど乳がんのリスクが低下します。

4 初潮年齢が早い

エストロゲンが多く分泌されるのは女性が初潮を迎えてからになります。そのため、初潮年齢が早いと生涯においてエストロゲンの影響をより受けると言われています。

そのほか、血縁者に乳がんや卵巣がんの患者が複数いる場合、乳がんになりやすい体質を受け継いでいることがあります。

 

乳がんのセルフチェックポイント

乳がんは比較的、身体の表面に近いところに発生するため、観察したり触れたりすることによって発見できる可能性が高いがんです。セルフチェック(自己検診)のポイントは以下の6つ。

  • 乳房の変形や左右差がないか
  • しこりがないか
  • ひきつれがないか
  • えくぼのようなへこみがないか
  • ただれがないか
  • 出血や異常な分泌物がないか

中でも、わかりそうでわかりにくいのが乳がんの代表的な症状である「しこり」。感触としては、こんにゃくの下に豆を置いて触ったときのような感じに似ていると言われています。お風呂で石けんをつけて片腕を軽くあげ、指で滑らせるように探すとわかりやすいとか。セルフチェックの日は、閉経前の方は乳房がやわらかくなる月経終了後1週間~10日の間に、閉経後の方は一定の日にちを決めて、毎月1回行いましょう。

 

しこりがあればすべて乳がんなの?

しこりがあるからといって、必ずしも乳がんとは限りません。良性の腫瘍の場合もあります。しこりの硬さが月経の周期によって変化がなかったり、乳房にえくぼ状のくぼみがあったりする場合は乳がんの可能性が高いといえます。良性の乳腺症との区別が難しく、発生部位や広がりの程度によって症状が異なり、発見が難しいものもあります。

乳腺に発生する腫瘍(しこり)にはいくつかのものがありますが、ここでは代表的な悪性と良性の腫瘍についてその症状の特徴をご説明します。

 

性質 症状
乳がん 悪性 ・40歳以上に発生しやすい
・月経周期によって変化しない
・しこりが硬く、周辺組織との境は「分かりやすい」と「分かりにくい」ものがある
・早期では痛みはないが、進行すると痛みを生じることがある
乳腺症 良性 ・35~45歳頃に発生しやすい
・月経前に腫れたり、痛むことがある
・シコリは柔らかく、周辺組織との境は「分かりにくい」
線維腺腫 良性 ・25~35歳と比較的若い女性に発生しやすい
・シコリに弾力性があり、よく動く
・痛むことはない

 

セルフチェックによって、少しでも変化や異変に気づいたら、すぐに専門の医療機関(乳腺外科、乳腺科、乳腺内分泌外科などの表示のある病院やクリニック)を受診しましょう。

乳がんは早期発見であれば命に影響を及ぼさずに治療できるものです。すべての大人の女性のかたに、まずは毎月のセルフチェックと年1回の検診をしていただきたい。こうした報道があった一時ではなく、大人の女性にとって当たり前の習慣になることを願っています。

 

乳がん書籍

『よくわかる最新医学シリーズ 乳がん』
著者: 山内英子 著
ISBN:9784072867983
出版年月日:2012/11/16
定価:本体1,300円+税
■ご注文はこちらから■
アマゾン(リンク)  
honto(リンク)

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

気になる「閉経」の平均年齢は? 40代から知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

1位豆腐・2位レバー・3位は?40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

専門家が教える、冷えと低体温をなおす3つのコツ

すっかり冬本番です。足下から冷えやすいオフィスで、膝掛けが手放せないというかたも多いのではないでしょうか?慢性的に冷えを感じやすい低体温は、女性特有の体調不良を…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

なんだかツライ…。40代女性が悩む「カラダの不調」ランキング

どうも気圧の安定しない梅雨どきです。編集部女性陣にヒアリングしたところ、40代同士で食事をすると「最近腰が痛くて…」「目がかすんで見えない」「姿勢が悪いまま」とい…

もしかして私、「更年期太り」?納豆ダイエットって効きますか?

更年期と「おデブ」の関係、ご存知ですか?この2つは深く関係しています。どうやってこの2つを両立させるかも重要な課題になるのです。【人生最後(かもしれない)ダイエッ…

3位睡眠、2位趣味、1位○○探し?45歳までに始めたい更年期対策とは

気にすべきなのか、それともむしろ気にしないほうがいいのか。諸説ありますが、やはり40代は「プレ更年期」。そんな40代のうちに整えておきたいライフスタイルとは?更年期…

実は日本人の8割が「隠れ低体温」?体温を上げる「腸温活」

いよいよ冬のはじまり。肌のカサカサ、インフルエンザの流行など、冬ならではの悩みはたくさんありますが、今回は「無意識の冷え」に関するチェックです。次の10項目で当て…

なんとなく不調? 医師が教える「ホルモンバランス」を整える3つの食品

あたたかくなったり、急に冷え込んだり……。この時期は、天候も気圧も不安定です。特に、女性は季節の変わり目に、体調がいまひとつよくないというかたも多いのではないでし…

#98 どうする?「ただの友達」から告白されたら【40代編集長の婚活記】

46歳・未婚・独身、婚活歴1年10カ月のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティや婚活アプリ、紹介でのデートを重ねたものの、恋人ができないまま玉砕する日々。しかし、新たな出会いを求めて立ち寄った新宿のバーで…

#97 独女が恋愛に「ご無沙汰」になるワケは⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は婚活歴1年10カ月。いまだに誰とも上手くいかないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、紹介でのデートにことごとく破れ、新たな出会いを求めて立ち…

#96 非モテ独女が男性に「ギュッとされて」思ったこと【40代編集長の婚活記】

婚活を始めて約1年10カ月になるOTONA SALONE編集長アサミ(46歳)。6人の男性とデートを繰り返したけれど、恋人いない歴はさらなる記録を更新、ついに9年を超えた。ある日、フラリと一人で立ち寄った新宿のバーで「…

#95 どういうつもり? 意味深な男性の本音って【40代編集長の婚活記】

婚活、それは結婚相手を見つけるために積極的に行う活動。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は、1年9カ月ほど婚活パーティや婚活アプリに勤しんだけれど、恋人一人見つけられないまま現在に至る。カウンターバーには…

オトナが「第一印象をよくする秘訣」とは? 婚活イベントでわかったこと

ビジネス上はもちろん、特に婚活を始めて多くの人と会うことが増え、第一印象は本当に大切だと、心の底から感じるようになりました。特にオトナになればなるほど、第一印象で重要なのが「清潔感」。身だしなみにちゃ…

[PR]

#94 婚活疲れした独女の「運命の出会い」はバーにあり⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートしてから1年9カ月。6人の男性とデートしても恋人すらできない、OTONA SALONE編集長アサミ・46歳。婚活パーティや婚活アプリを続ける日々に疲れ……いわゆる婚活疲れに陥った。「自然な出会いをし…

#93 独女のフラリ一人飲みで、偶然出会った男とは【40代編集長の婚活記】

「一生独身かもしれない」と思いながら40代を迎え、一人で生きていく準備をしていたOTONA SALONE編集長アサミ。半分仕事、半分好奇心で44歳から婚活をスタートさせて1年9カ月。婚活パーティにも婚活アプリにも敗れ、…

#92 婚活にやぶれた40女が「出会いを求めて」始めたこと【40代編集長の婚活記】

婚活パーティに行っても婚活アプリをやっても、恋人ができないOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま46歳。恋人いない歴は9年を超え、思春期以降の恋人いない最長記録を更新中。「婚活〇〇は向いていない。自然な出会…

#91 婚活じゃない自然な「オトナの出会い」を調べてみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はまさに、いばらの道……。婚活パーティや婚活アプリ、知人からの紹介を受けながらついに1年9カ月。誰ともうまくいかず、恋人いない歴は9年という記録を更新した編集長アサミ。婚活パーティにも婚活アプリ…

#90 婚活で「6人の男にフラれた女」がたどり着いた先は?【40代編集長の婚活記】

44歳にして初めて婚活をスタートさせたOTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴はまもなく9年になる、現在46歳の独女。1年8カ月の婚活で6人の男性と婚活デートをしたけれど、誰とも交際にすら至らないままフラれっ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

HEALTHに関する最新記事