「ちょすいいけ」ではありません!「貯水池」の正しい読み方、知っていますか?

耳では聞き馴染みのある言葉であっても、漢字で表記された途端「あれ・・・これで読み方、合ってる?」と戸惑ってしまったことありませんか?

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します。

「貯水池」の正しい読み方、知っていますか?

「貯水池」とは

上水道・発電・農業用水などに用いるため、水をためておく人工池。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

です。

“人工池(じんこういけ)”とありますから「ちょすい”いけ”」と読みたくなるものですが、「ちょすい“いけ”」は間違いです。

となると「貯水池」の読み方は、「池」を音読みだけです。「池」の読み方は

  • 音読み ○
  • 訓読み いけ

の2つしかありません。ヒントは「地」の音読みの一つと同じだということ。

正解はこちら!

「ちょすいち」です。

「池」の読みは

音読み 
訓読み いけ

引用元:池|漢字一字|漢字ペディア

の2つです。

熟語には

  • 訓読み〔訓読み+訓読み〕
    例:青空(あおぞら)
  • 音読み〔音読み+音読み〕
    例:庭園(テイエン)
  • 重箱読み(ジュウばこ読み)〔音読み+訓読み〕
    例:気軽(キ+がる)
  • 湯桶読み(ゆトウ読み)〔訓読み+音読み〕
    例:夕飯(ゆう+ハン)

などがありますが、「貯水池」は全て音読みの熟語であり、「池」の部分を「チ」と読みます。

ちなみに、「池」を「地」に書き間違いやすい漢字として「電池(でんち)」が挙げられます。「電池」を「でんいけ」と読む人はいないはずですが、書き問題に「でんち」と出されたとき「電“地”」と書き間違えたことがある人は少なくないはずです。

そんな「電池」ですが、「なぜ『電池』という言葉に『池』という文字が使われているのだろう」と疑問に感じたことはありませんか?

「池」には

①いけ。湖や沼の小さいもの。
②水などをためておくところ。

引用元:池|漢字一字|漢字ペディア

という意味がありますが、「電池」に使われている「池」はまさに“水などをためておくところ”の意味なのです。というのも、「電池」という言葉が初めて使われた頃の「電池」は、今私たちが目にしている「電池」とは異なる形をしていました。

1886年に中国で出版された『格物(現代でいう「物理」に相当)入門』という本で、「電池」という言葉が初めて使われたんだそう。そこで掲載された「電池」は「木製の容器に硫酸と、銅と亜鉛の板を1枚ずつ入れ、その上部を銅線でつないだもの」であり、「生じた電気が銅線の上を流れる」というものでした。

ここでの「電池」本体は、硫酸を入れる木製の容器、すなわち液体をためる「池」であり、「池」の文字が使われたというわけです。

「電池」そのものの由来を知っていると「だから“池”を使うのね!」と納得できるかもしれませんが、物事の由来全てを漢字の書き方、読み方のために覚えるのはさすがに大変ですよね・・・!

  • 貯水池→ちょすいち
  • でんち→電池

と読み方、書き方、まとめて覚えておきましょう。

参考文献:「電池」には、どうして「池」という漢字が使われているのですか? 漢字Q&A 漢字文化資料館

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク