同窓会で「美しくなった」と思われたい!40代男性はどこを見ている?

同窓会は懐かしい学友と会うイベントではありますが、滅多に顔を合わせない人たちで集まるからこそ、新しい恋の訪れを期待している人も多くいます。素敵な出会いがあればと期待する人や、「学生の頃よりも美しくなった」と思われたい人は多いのではないでしょうか。そこで、40代男性がチェックしているポイントを聞いてみました。

 

①鍛えられた脚やヒップ

「30代以降になると、全身の筋力が衰えてきて、特に脚やヒップの筋肉が落ちてしまいます。下半身をよく使うスポーツやダンス、格闘技を続けているとあまり脚やヒップの筋力が落ちません。『この人年齢不詳だな』『いつまでも若いね』と言われる男性、女性は、脚やヒップの筋肉を維持している方々が多いです。同世代で集まる同窓会に出席した時に特に注目を浴び、憧れられるポイントは鍛えられた脚やヒップですね。本当に男性は女性の体をよく観察しています」(43歳/男性)

若々しい服装など、露骨な若作りには引いてしまう男性が多いですが……。ジムでシェイプアップされた体など、中身から作られた若々しさには惹かれてしまうようです。

 

②手の甲のケア

「年齢の重ねた女性で、差が付きやすいのが手だと思います。顔やボディライン、ヘアスタイルなどの大きなパーツには気を配っている人が多いのですが、手の甲といった細かな箇所まではケアしきれていないもののようで、『おばあちゃんの手みたい』と失礼ですが思ってしまうことも……。手の甲って、実はシワやシミなどのダメージが現れやすいところだと思うんです。サラダを取り分けてくれたり、飲み物を取ってくれた時も、手は視界に入りやすいですよね。よく動かすため他人から見たときにも気がつきやすいのが特徴だといえます。小さなように見えて、この部分のケアが行き届いている女性は『美しい』と思ってもらいやすいと思うので気をつけてみてはいかがでしょうか」(48歳/男性)

年齢が出やすいところのカバーは確かに周りと差別化しやすいですよね。保湿など普段からのカバーを心がけるとともに、気になる場合には手の甲にも化粧品を使って見ても良いかも。

 

③指先など細やかな気配り

「お互いに大人の男女ですから、下品な女性らしさのアピールは厳禁です。さりげなく色気を醸し出すためには、体の末端や見えない部分にこそ気を使いましょう。指先の美しさ、髪の毛の艶、まつ毛のキレイさ、香りなどが代表的なポイントですね。加えて、話し方においても『語尾』を美しくするように意識するのがポイントです。だらしなく伸ばさないよう、すっと切るように喋ると、大人っぽく上品な女性になれます。また、男性に対しては聞き上手、誉め上手を心がけて話します。間違っても手を叩いて爆笑したり、ギャル言葉を使ったりしないように注意してくださいね」(48歳/女性)

年齢が上がれば上がるほど、見た目だけではなく振る舞いや中身も求められます。

そのため、行き渡った気遣いができる人が「美しい」と思われるのでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク