「ぞくがら」は間違い⁉「続柄」の本来の読み方を知っていますか?

日常生活でよく目にする漢字。そんな漢字の中には、本来の読み方とは違う読み方で浸透してしまい、「え?!本当はこう読むの?!」と思ってしまうような漢字もたくさんあります。

そこで本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。

「続柄」の本来の読み方、知っていますか?

「続柄」は

親族としての関係

引用元:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。

公的書類や申込書などで、「続柄」を書く機会は多いはず。でも「続柄」の読み方を気にしたことがある人は少ないかもしれませんね。あらゆるメディアで「続柄」をなんと読むかの調査が行われています。女性64人にアンケートをとった調査によると、

「ぞくがら」と読んだ人 88%
「つづきがら」と読んだ人 12%

引用元:「続柄」はどう読んでいる?9割近くが正式な読み方を知らず livedoorNEWS

となりました。

「ぞくがら」と読む人が大半を占めていますが、本来の読み方はこちらです!

「つづきがら」です。

「ぞくがら」と読まれるようになった理由には諸説ありますが、「続」の訓読みでつくはずの「き」という送り仮名が省かれたことが原因ではないかと言われています。公的な書類などでは送り仮名を省き「続柄」と書かれています。「続き柄」であれば読み間違えられなかったかもしれませんね。

とはいえ 、「『ぞくがら』と読むのが絶対に間違い」というわけではありません。というのも、

続柄(つづきがら)の俗な言い方。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

と掲載されている辞書もあるからです(もちろん「ぞくがらは誤用」と書かれている辞書もあるようですが)。

そのため「ぞくがら」と読んでも意味は通じます。言葉は時代とともに変化していくものですから、そのうち、「ぞくがら」が定着していく可能性だってあります。

ですが、本来の読み方「つづきがら」も覚えていただけると幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク