結婚に至るか、デート止まりか? 40代の恋愛で決定的な3つの違い

今回は婚活中のアラフォー女性がデート止まりで終わるか結婚に至るか。その決定的な違いについて考えてみます。
アラフォー女性の婚活に絞って考えると、私は2人で会った最初が肝心だと思っています。
そこで初期のデートで伝えておくべきポイントをまとめていきたいと思います。

 

1.「結婚したいと思っている」ことを伝えているか

出会いからおつきあいに発展させる段階で「結婚を前提にしているか」をハッキリさせておくことは、とても重要です。

デート止まりで終わるか、結婚まで至るか。「結婚を前提にしているか」を伝えているかどうかでお互いのその後の覚悟度合いは全く変わってきます。

 

「私、次つきあう人とは結婚を前提につきあうって決めてるの」

こう言えれば、冷やかしや遊び目的でアプローチしてきた人を撃退できます。

 

言いかたが強すぎて相手がひいてしまう、と思うかもしれません。それは相手がその程度の気持ちで婚活しているということですから早く見切りをつけて次にいきましょう。

 

そんなこと言えない!重すぎる!と思っている人は、いつまでたっても「おつきあい → 結婚」の道はないと思ってください。

アラフォーの婚活は20代や30代の婚活とは違います。おつきあい → 結婚まで至る間も着々と時間は流れていき、年齢を重ねることを忘れてはいけません。恋愛の駆け引きを楽しみたい方は別ですが・・・。

それくらいアラフォーの婚活は本気度を問う、エネルギーがいる活動だと心得てほしいのです。

 

本気度が薄い人ほど「いい人紹介してください」と言いながら、週末は家にいたり女子会してるようにみえます

 

私の場合、妻と初めて2人で食事に行ったときに「今婚活してる。結婚したいし、子供もあきらめてないし、仕事もしたい」とハッキリ言われまして、すごく清々しかったのを覚えています。

そこまでハッキリ言う人今までいなかったですから。

 

 

2.デート費用の負担割合に不満が残らないように最初に決められるか

最初のデートの段階でお金の負担割合は決めましょう。

OTONA SALONEをお読みになるアラフォー独身女性であれば、もうそれなりに経済力はあると思われます。

デート費用を男性が払い続けると、それだけで「カネだしてやってんだから」と上手に出てくるケースがあるので、相手との無駄な貸し借りを作らないためにも費用は割り勘を提案していくことをお奨めします

 

ただこれだけは価値観の問題で「デート費用は出してもらってあたりまえ」という方もいらっしゃると思います。

大事なのはデート費用の負担割合という話題を通じて、お互いのお金に対する価値観を確認するということです。

 

 

3.グイグイいきすぎず、男性に提案の余地を与えているか

経済力のあるアラフォー女性に対してお金の件で50:50になったとしても、何らかのかたちで上手に立ちたいと思うのが悲しいかなオトコの性というものです。

人生経験豊富なアラフォーのみなさまにおかれましてはそんな男性を広いココロで受け止めていただきたいと存じます。

そう、どこかで相手の男性を立たせてあげてください。もうこれはエチケットのようなものと割り切ってください。

相手の男性も、ココロの中では一緒に楽しんでほしいと切に願っているのです。

 

さらにややこしいことに、男性は上手に立ちたいとは思っていてもリードしたいと思っているとは限らないというケースもあります。

1から10まで決めるのは大変、でも自分が提案していることで自分が女性を主導しているような気分になるのが最近の決断しない優柔不断な典型的男性像です。

 

こうした男性への解決策は、相手の嗜好や趣味を聴きつつ自分と合っているなと感じたら一緒に行きたいという姿勢を見せることです。
ポイントは「今度一緒に行きましょうよ」と自分から言わないで「●●いいですね」「●●行ってみたいです」とだけ言うこと。
そして「では今度一緒に行きましょう」と相手に言わせるというところです。

こうして婚活でガツガツしている風をみせず、リードしながらもある程度相手を立たせるという絶妙のポジションを確立できます。

 

グイグイ次のデートの予定を決めていったりするのは、男性が完全に受け身タイプだと把握できるまでは避けましょう。

 

 

カネで相手を立たせず気持ちで相手を立てるのがアラフォー婚活

いかがでしたでしょうか。

改めて振り返ってみると「カネで相手を立たせず気持ちで相手を立てる」というバランス感覚の難しさがアラフォー婚活なんだなあと思います。

さらに難しいことに、アラフォー女性のみなさんが理想としている男性像にあたる方は大抵既婚者であり、残された未婚男性かバツつき男性が婚活対象です。

そこで過去の結婚生活を反省し婚活市場に戻ってきた、出直しバツイチ男性はお奨めですよ、という初回の話に戻るのです・・・。

 

 

【今日の結論】

「おつきあいは結婚前提」と伝えて相手の結婚時期に対する認識を確認しよう

デート費用の負担割合という話題を通じてお互いの金銭感覚を確認しよう

どうかグイグイひっぱりすぎず、男性に提案の余地を与えてあげてください(願)

 

【40代バツイチ男が、40歳独女と再婚するまでに考えたこと】

第1回 40代バツイチ男と結婚するために大切なこと【男の本音】

第2回 40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

第3回 バツイチ男の心をつかむアラフォー女性の魅力とは?【男の本音】

第4回 出会いがない人、必見! アラフォー女性にすすめたい「3つの場所」

第5回 アラフォー女性が「出会いから結婚まで」至るには? 4つのセオリー

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

40代独身女性と結婚した、40代の男性心理と本音を総ざらい

40歳の初婚女性と再婚して1年。現在44歳のバツイチ男性編集部員が当時の婚活を振り返る連載コラムの中から、「今年こそ婚活」と考えているアラフォー女性へのエールと男性心理をまとめました。男性がアラフォー独女…

40代女性にとって「LINEで会社休みます」はあり?なし?

利用率が既に9割に達する勢いのLINE(MMD研究所・2017年1月発表)。 そんな中でこの数年言われるようになったのが、職場への欠勤連絡をLINEで済ませるという行為。 皆さんはどう思われますか?ということで、OTONA SA…

経験者はたった2割?40代のマツエク実際やってみたらどうだった?

OTONA SALONEでも人気の時短美容家の並木まきさんは、マツエクを「メイク時間の短縮になって、まさに時短美容の救世主」と評価しています。手軽に時短美容ができる!と人気のマツエクですが、40代が取り込むときには…

40代女性にパクチー調査をしたら驚きの結果に!栽培する本格派も!

この数年、相次いでパクチー専門店ができたり、パクチーチップスチップス・パクチー醤油といった食品が発売されたりと、空前のパクチーブームが到来しています。その独特の風味が好き!という人もいれば、正直ダメ………

40代女性、毎月の貯金額からみえた貯め方の王道は○○だった!

40代女性の平均年収は394万円、それに対して平均貯蓄額は959万円・中央値は600万円程度(平成26年総務省「全国消費実態調査」)。 仕事やライフスタイルによって貯蓄できる状況は違いますが、毎月の積み重ねが老後の…

40代女性は保険にいくら使ってる?本当に役立ってる?その結果は!

保険といえば最近では働く女性向けの収入保障保険や貯蓄型の保険が注目を集めています。その一方で、保障内容について加入当初は聞いたけれど、今になってみるとどんな内容だったか憶えていない、といったケースも多…

すぐタクシーに乗る男と乗らない男、結婚するならどっち?

突然ですが、皆さんはどんなタイプの男性が好きですか?荷物の多い時や夜の移動に重宝する「タクシー」。収入や生活パターン・年齢や体力にも関係するのでしょうが、「すぐにタクシーに乗ろうとするタイプ」と「絶対…

40代女性はコンビニスイーツなら洋菓子派。では専門店で買うなら?

働くオトナ女性には自分へのプチご褒美が不可欠。仕事帰りにコンビニに立ち寄ったところ、充実したケーキ、プリンや和菓子につい手が伸びるといったケースもあるのではないでしょうか。そこで実態を調査すべく、好き…

40代女性の朝食はごはん派?パン派?その理由は年代特有の

働くオトナ女性の朝はバタバタ。朝食はついつい手抜き、場合によってはごはん抜き…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで実態を調査すべく、朝食の定番はごはん vs パンどっち?ということで、OTONA S…

40代オトナ女性はインスタ映えを気にする?気にしない?結果は…!

食欲の秋が到来です。Instagramの活躍の機会が増えている方も多いのではないでしょうか。料理をつくるとき、お店を選ぶとき、食事を食べるとき、インスタ映えを…「気にする vs 気にしない」どっち?ということで、OT…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事