「かたかた」ではない!読めそうで読めない副詞3つ

同じ漢字を二つ重ねて表す畳語(じょうご)。同じ言葉を似回繰り返すことで、より強い意味を表現するのです。今日は、普段よく使っている畳語を漢字にした副詞を3つ紹介します。あなたは3問中何問読めるでしょうか。挑戦してみてください!

1・「片片」の読みは?

「かたかた?」「へんへん?」いえいえ、そんな言葉ありませんよね?ヒントを読んで、読み方を当ててみましょう!

「片片」の意味は次の通り。

  • 薄くて軽いものが揺れ動く様子

例えば「桜が片片舞い落ちる」

  • 光がひらめいたり、炎が揺れ動いたりする様子

例えば「木漏れ日が風で片片としている」

もう分かりましたね?

正解は……

さきほどの例文で言うと……

  • 桜が片片(ひらひら)舞い落ちる
  • 木漏れ日が風で片片(ひらひら)としている

「片」は「片方」という意味もありますが、「一片、二片」という数え方からも分かるように、花びら、葉、紙など薄く平たいものを数える言葉でもあります。それを重ねることで「ひらひら」の意味を表すのですね。

出典>>「片片」は「かたかた」ではありません。読めそうで読めない副詞3つ

 

2・「努努」の読みは?

「どど」? まさかね(笑) そうではありません。ヒントを読んで、読み方を当ててみましょう!

「努努」の意味は次の通り。

  • 否定の言葉を伴って、少しも。ゆめにも。

例えば「努努考えもしなかった」など。

分かりましたか?

正解は……

さきほどの例文で言うと……

  • 努努(ゆめゆめ)考えもしなかった。

と読みます。

「努」は、「努力」を表す漢字ですが、「けっして」という意味もあります。重ねることで意味を強めていますね。ロックバンド ONE OK ROCK の曲名にもあるので、読めた人も多いかもしれませんね。

 

3・「仄仄」の読みは?

「仄仄」は何と読むのでしょう。意外な読み方なんですよ。でも、ここまで読んだあなたなら、漢字のイメージから想像して読めるはず!ヒントを読んで、読み方を当ててみましょう!

「仄仄」の意味は次の通り。

  • かすか。ほんのり。ほのかに明るいさま。

例えば「夜が仄仄と明ける」

  • ほんのりと心暖まるさま。

例えば「仄仄とした愛情」

もう分かってしまいましたね。

正解は……

さきほどの例文で言うと……

  • 夜が仄仄(ほのぼの)と明ける。
  • 仄仄(ほのぼの)とした愛情

「仄」には「片方に寄る」という意味もありますが、「ほのか」「かすか」という意味もあります。二つ重なることで、かすかな感じを表すのですね。

 

読めましたか? どれも普段使っている単語だったと思います。漢字で書くと読めないこともあり、このような畳語は仮名表記することが多いのですが、漢字で書くとこういう字を使うのだと分かっていると、これらの畳語をより深く理解することになると思います。日本語って面白いですよね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク