心のデトックスとパワーチャージに。人気イラストレーター・いいあいの個展はいかが?

「本当に当たる!」と、OTONA SALONE編集部も、執筆陣のエスムラルダさんも支持している「真夜中の星占い by Saya」。この占いに華を添えているイラストもオシャレでステキと評判です。そのイラストを描いている人気イラストレター・いいあいさんが個展を開催します。

 

女性誌でも活躍の人気イラストレーター

OTONA SALONEで掲載している「真夜中の星占い」のイラストはこちらですが、いいあいさんのイラストは女性のかたならいろいろなところで目にされていることでしょう。『VoCE』『anan』などの女性誌や本の装丁イラスト、女性向け商品の広告など幅広く活躍しています。

私自身が彼女と出会ったのは15年以上前。アラサーOL向け雑誌『ef 』編集部に在籍していたころです。他誌で描いていた彼女のイラストを見て、そのオシャレさとかわいさと、毒っ気にキュンとしまして。自分が担当する記事でぜひイラストを描いてほしくて、知人に紹介してもらいました。

 

ほんのり色っぽい、だけど芯の強さを感じるイラスト

いいさんのイラストには癒しと、いい意味での毒っ気があります。

あくまでも個人的なイメージですがいいさんのイラストは、正統派アイドルというより、異端なアーティスト。コンサバ女子というより、エッジィな女性。完璧で品行方正というより、どこかエロそう。儚げというより、芯のある強さを感じてます。

とっても味があって人間っぽくて癒されますし、だけど元気になれるんです。「いろんなことあるけど、明日も楽しく生きていこう」って思えるというか。絵のチカラってすごいですね。そこに言葉はないのになんだか心がデトックスされつつ、新しいパワーがインプットできる。

 

個展のテーマは「金の星 銀の星」

今回の個展テーマは「金の星 銀の星」。それぞれのイラストをどんな気分で描いたのか。いいあいさんはこんなメッセージを書いています。

私は、世俗派目線で、女の子と超自然、
また、そのスピリチュアリティを描いています。
世俗派目線というのは、病気発覚、残高やばい、お先真っ暗、
でもあの指輪欲しい、あれ、ここのスンドゥブ超おいしい、
あなたに会いたい、ああ今日の夕日はすごくきれいとか、そういうことです。
この無限大サイズの宇宙の中では取るに足らない私の毎日。
これをジタバタ頑張って味わい尽くしたら、
いつか宇宙に溶けて混じって一丁上がりなのでしょう。さよなら自我。
でもまだ遊ばせて。
そんな気持ちで描いたイラストです。
お楽しみくださいね。

いいあい

http://www.iiai-iiai.com/

 

個展では、イラスト原画を展示しているほか、原画の販売もしています。お気に入りのものを見つけてお部屋に飾るのはいかがですか? 家にお気に入りの絵がある生活はなかなか豊かなものですよね!

 

個展が開かれる場所は、MOUNT tokyo。古民家をリノベーションしたレトロな雰囲気のギャラリーです。

2017年が始まり、さっそく忙しい毎日を過ごしているかたへ。心のデトックスとパワーチャージのために、ぜひ見ていただきたい個展です。

 

イラストレーター いいあい個展 「金の星 銀の星」

【場所】MOUNT tokyo

東京都目黒区八雲2-5-10 東急東横線 都立大学駅 徒歩6分

https://mount.co.jp/gallery/

【日時】2017年1月19日(木)~ 29日(日)

【時間】12:00~19:00(最終日のみ18:00まで)

【休廊】月・火・水

オープニングパーティー 19日(木)17時〜19時 クロージングパーティー 27日(金)18時〜20時

 

以下の日時はギャラリー内で星のワークショップを開催しています。
 この間、展示を見ていただくことは可能ですが、小さなギャラリーですので
 ゆっくりご覧になりたい方は他の日時にいらしていただくことをお勧めします。

1月27日(金)15時~18時
 1月28日(土)15時~18時
 ※ワークショップ詳細
 https://www.facebook.com/kinnohoshiginnohoshi/?fref=ts

 

スポンサーリンク

大切なものを失くしたとき。喪失感から立ち直る3ステップ

人は生きていく過程で、時として、大切な何かを失うことがあります。それも、予期していなかったかたちで、突然に、です。すると、絶望のあまり茫然自失の状態になったり、…

心がつらくなったら。ストレスが軽くなる10分の「リフレーミング」を

あー!悲しい、という気持ちで心がいっぱいになってしまったこと、誰でもありますよね。もう涙が枯れるまで泣いたりしたこと、ありますよね?たとえば、大好きな恋人との破…

魔法の1フレーズで激怒もスッと収まる「アンガーマネジメント」

突然ですが、みなさんのメンタルは「健やか」ですか?私たちは生活を続けている限り、さまざまなストレスから逃れることはできません。でもストレスを感じた時に早めになん…

あえて「空気を読まない」。もっとのびのび生きるためのコツ

世に言うKY、つまり空気を読まないで行動することは、果たしてそんなに悪いことでしょうか?ちょっと窮屈に生きているあなた、今までの思い込みや常識を捨てて、むしろ空気…

約6割の日本人が間違えている日本語「敷居が高い」

バラエティ番組でもよく見かける「日本語の誤用」。やっぱり日本人だもの、ちょっとは気になりますよね。しかも、誤用には世代差があるらしい? 文章力養成コーチが「よく…

人生がつらい人は「つらい呼吸」をしている。身体を軽くする呼吸法

「恋人や夫と価値観があわない」「同僚とうまくいかない」など、常に人間関係の悩みを抱えている人。また、「肩と首がいつも痛い」「朝起きたときから背中が重い」など、体…

ねたみや劣等感でいつも苦しい人。つらさをプラスに変換する4つのコツ

いろいろな場面で、誰しもが経験する「どうしてあの人ばかり…」と思ってしまう「妬み」という厄介な感情。このマイナス感情に支配されずに、どうやって上手く付き合ってい…

出世も未婚も原因に?人生でもっとも大変な「40-50代の危機」を乗り越える

人生の中で、公私共にとても忙しく、もっともストレスが多いとされる中年期。仕事や家族などのさまざまな問題を抱え、精神的にも肉体的にもバランスを崩しやすくなる時期で…

恋愛力が自然に上がる、マインドフルネス3つの愛ポイント

若い頃は、自分の行動パターンも柔軟に変えることができます。が、仕事に慣れてきて、出会いの機会も少なくなってくると、その数少ない「魅力ある異性」に合わせて色々変え…

眠りの質を高める。お風呂で簡単マインドフルネス

「禅」の精神がアメリカで研究され、「マインドフルネス」という形になって日本に戻ってきました。グーグル社などトップ企業が社員マネジメントの一環に利用しています。こ…

【40代編集長の婚活記#172】だからフラれる!「キミは一人で大丈夫」3つの理由

40代の婚活は、そう簡単には進まない。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年以上、一人の男性とのお付き合いがスタートしたと思いきや、たった3カ月でフラれて終了。しかし、捨てる神あれば拾う神あり? …

46歳は曲がり角⁉ 生理周期や量に異変あり【100人の更年期 #18】

Sponsored By 小林製薬どうも生理周期の様子がおかしい‥…。それに気づいたのは約1年前、46歳のときでした。ちょっと前までほぼ規則正しくやってきていたのに、あるとき気づいたのです。「あれ、生理が2カ月来ていな…

[PR]

【40代編集長の婚活記#171】ギャップ萌えと偶然の一致に、40代独女「決意」する!

紆余曲折ありまくりの40代の婚活。44歳から始めて3年以上が経過した、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活。やっとのことでお付き合いする男性ができるも、たった3カ月でフラれる。失恋直後、知人Y嬢から誘わ…

【40代編集長の婚活記#170】イヤな予感!「2人では会わない」理由って?

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、44歳から婚活をスタートさせて3年以上。やっとのことでお付き合いする男性ができたと思いきや、たった3カ月でフラれる。失恋のショックも癒…

【40代編集長の婚活記#169】バツイチ男の本音って? 思わせぶりなメッセージの真意

47歳のOTONA SALONE編集長・アサミは、婚活をスタートさせてから早3年。出会いを求めて婚活パーティへ行ったり、婚活アプリを試してみたり、一人でバーに行ってみたりするが、いまだにゴールは見えず。やっとのこと…

#168 「安心感」は 運命⁉ 失恋の直後に出会ったバツイチ男性【40代編集長の婚活記】

混迷を極める40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、婚活歴が3年を超えるも、いまだにうまくいかない。果敢に出会いを求め続け、やっとのことで恋人ができても3カ月でフラれてしまう。失恋ではげしく傷…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事