牡蠣を食べる人なら知っておきたいたった1つのこと

突然ですが、大手町ってご利用になりますか?

世界に名だたるビジネス街・大手町の、サンケイプラザ前に突然白いテントが登場。何だこれはと思ったら……

牡蠣小屋!

4月7日まで無休で運営される、「宮城県漁協直送 宮城牡蠣の家 大漁や」です。

そういえば以前、築地で買ってきた殻付きの生牡蠣を自宅で食べたとき、どこからナイフを入れればいいのかがわからず、開かなくて本当に大変でした。質問してみたところ、牡蠣の開け方って実はたった1つのことを心得ていればOKなんだそう。それは何?

(トップ画像・写真右、「大漁や」オープニングセレモニーで来賓として祝辞を述べた今村雅弘復興大臣)

「貝柱の位置」を知っておけば一生困らない!

知っておくべきなのは貝柱がある場所! そこにだけナイフを入れればOKだそうです。ちなみにこの貝、よく見ると下で言う3時の位置に傷がついていますが、これは他のスタッフが開けようとした(そしてうまくいかなかった)跡なのだそう。

そんなわかりにくい貝柱の位置とポイントを、牡蠣のプロフェッショナル、オイスター職人の佐久間知彦さんに教えてもらいました。

佐久間知彦さん。知識を増やしながら牡蠣を楽しみたい人は、記事最後の「出張オイスター職人」URLをチェック!

【HOW TO】

1・牡蠣には丸い面と平らな面があります。まず、平らな面を表に。

2・とがったちょうつがい部分を時計の6時と数えた場合、1時から2時のあたりに「貝柱」があるそう。そこを切るため、ナイフを入れます。

3・ナイフの刃先は必ず、「上」へ。身を傷つけないように貝柱を切ります。

 

これだけで完了! 見てみると、確かに貝柱がフタについています。

ちなみに、生牡蠣の殻はどうしてもある程度硬いもので、大変なら電子レンジで軽く蒸すと開きやすくなるのだそう! そうか、レンチンすればよかったのか……。

 

震災から見事に復興中、6つの宮城ブランド牡蠣

さて、この「宮城県漁協直送 宮城牡蠣の家 大漁や」は今年で3回目の開催。今年は6つの牡蠣がそろいます。どれもそれぞれのおいしさがあるそうなのですが、佐久間さんによるとこんな感じ。

1・唐桑もまれ牡蠣…唐桑の潮目にもまれて大きく育った3年熟成牡蠣

2・志津川牡蠣…「東の志津川」と知られる栄養宝庫な地形で育った芳醇な牡蠣

3・長面浦かき…周囲360度ほぼ山に囲まれた稀な汽水湖の養分を蓄えた丸い甘さが特徴の牡蠣

4・万石浦かき…汽水湖であり富栄養湖でもある種ガキの産地で育った旨味の多い牡

5・鮮かき「鳴瀬」…国内外に流通する種ガキ産地の牡蠣は身入りの良さでも定評な食感豊かな牡蠣

6・荻浜かき「水魂」…古くから牡蠣養殖の最適地でこだわりの成育法で育った極上の2年牡蠣

どれがいちばんおいしい?と迷ったら、ぜひスタッフに質問を。その日の仕入れ状況などで「おすすめ」が変わります。

 

牡蠣はすべてテーブルの上のコンロと缶で蒸してから食べる「がんがん焼き」。生じゃないの?と思うかもしれませんが、このぷりぷりの蒸し具合なら生ファンも一気に蒸し好きになること請け合いのおいしさです。

個人的なおすすめは「唐桑もまれ牡蠣」。この牡蠣だけ2~3年ものなので、その分大型です。ブリブリとした牡蠣の感触が楽しめますよ!

 

佐久間さんいわく、「牡蠣はひと口でツルンと食べてしまってはもったいない。ぜひ3口で食べて」とのこと。

具体的にどんな風にですか?

「まず、1口めで牡蠣の身の周りの膜部分(黒や茶色)のみの食感と味を楽しんでいただく」

「次に、2口めで牡蠣にある唯一の筋肉部分である貝柱のみを噛んで味を引き出し味わう」

「最後に、3口めで、それぞれの産地ごとの海の味や生産者の思いが詰まっている『身の味』、噛むごとに
口の中に広がる『風味』、そして飲み込んだ後に鼻に香る『香味』を感じ、自然に感謝!」

なるほど。

「一つの牡蠣を3回のパーツ別で味わった後は、いつも通りに牡蠣を一口で食べます。
これを【一物全体(いちぶつぜんたい)】と言います。ありのままの姿で分割されていない状態のことです。
全体(丸ごと)を食べることで陰陽のバランスが保たれるという、健康に良い食べ方でもあるんです!」

 

……知らなかった!特に2つめの「貝柱を楽しむ」、牡蠣の貝柱を味わうという発想がなかったです。次回はこうして楽しみます!

 

このほか、「大漁や」にはホタテや銀鮭、ほやなど、宮城の海の幸が勢ぞろい。

 

ビールは「キリン一番搾り」のピッチャーも!!4,500円でお料理6品2時間飲み放題のコースもあり。

4/7(金)まで無休開催、予約やメニューなど詳しくは公式サイトをどうぞ。

宮城県漁協直送 宮城牡蠣の家 大漁や

http://www.miyagi-kakinoya.com/

なお、2/15(水)と3/15(水)18:00~19:30、「水産の日」試食イベントが開催されます。オイスター職人・佐久間知彦さんの牡蠣トークを聞きながら、殻付き牡蠣3個+宮城の地酒2杯+おすすめ水産品の試食を。1名500円と大変お得です。先着申込30名限定のイベントなので、急いでお申込みを。

クリックすると拡大

佐久間さんは「出張オイスター職人」としてもご活躍中。直接お好きな場所……例えば、自宅や友人宅、会社の会議室や常連のお店、BARなど普段牡蠣を提供していない場所へきてもらい、産地直送の牡蠣を開けながら、その背景や牡蠣の開け方などの豆知識を披露してくれます。詳しくはサイトを。http://oystertrip.net

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

スーパーで買えるもの限定! おいしいワインを選ぶ7つのコツとソムリエおすすめワインを教えます

最近、スーパーでのワインの品揃えが豊富になってきました。スーパーは身近にあるので急に飲みたくなっても気軽に買うことができてとても便利。また、食材と一緒にワインが…

めんつゆにモッツァレラを漬けると驚きの味に!

「モッツアレラチーズをめんつゆに漬けると美味しいらしいよ」と聞きました。何それおいしそう! とりあえず漬けてみたところ、1・モッツァレラを買ってくる 2・めんつ…

なにげヘルシー! 「サッポロ一番塩」包丁いらないズボラレシピ4つ

みなさん、袋めんは何がいちばんお好きですか?最近、カップ焼きそばは地域ごとに売れ筋がまったく違うことが知られるようになりました。北海道はやきそば弁当、東日本はペ…

コンビニで全部手に入る!オススメワインと5分でできるちょい足しレシピ

最近、コンビニのワインコーナーが充実してきました。ワインが身近になっている証拠ですね。でも、コンビニに売っているワインって美味しいの?悪酔いしそう、、、。と不安…

太りにくい「ヘルシー夜食&おやつ」3選。深夜も罪悪感なく食べたい!

夜遅くになってお腹がすいた、甘いものが食べたい! そんなときってありませんか? 遅い時間に食べてもおいしくて罪悪感がないヘルシー夜食&おやつを紹介します!茹で汁…

大人が知っておきたい!ホームパーティーの服装と手土産の値段 ~ワインのマナー・ゲスト編~

好きな料理に好きなワイン、そして気の合う仲間たちとのホームパーティ!気の合う仲間とする場合もあれば、家族ぐるみ、上司の家族やママ友同士などシチュエーションはさま…

台湾おひとりさまご飯にオススメ! 地元民も愛する美味しいグルメ3選

台湾は言わずと知れたグルメ天国。なかでも、台湾きっての大都市・台北には、美味しいものの宝庫。高級の台湾料理から、夜市でおなじみの屋台飯、日本でもすっかりおなじみ…

これで大丈夫!ホームパーティのおもてなし、準備のコツ~ワインマナー・ホスト編~

みんなでワイワイ楽しいホームパーティ。いざホームパーティを開くとなると何から準備したらいいのか分からなくなってしまうことはありませんか?せっかくゲストを自宅に招…

知ってた?エスニック料理に合うワイン。タイやベトナム料理にオススメ3選

最近、タイ料理やベトナム料理などが流行っていますよね!日本から近い東南アジアは親しみやすく旅行の人気スポットでもあります。また、簡単にスーパー等で食材が手に入る…

エバラ焼肉のたれで絶品「真夜中の卵かけごはん」ができる!

エバラ焼肉のたれ、と言われると脳内でCMのメロディがのりますよね?(すきやきのたれが鳴るかも)。買ったことがない人はいないでしょう。話しを聞いてみると意外に多いの…

ハーゲンダッツ茶房「これ食べといたほうが」ランキング

1年中もれなくどの季節も楽しんでいるハーゲンダッツ。新フレーバーが出るたびコンビニやスーパーの店頭へ探しに行く20年選手も多いのではないでしょうか!さて、そんなハーゲンダッツが、5/6までの期間限定カフェ『…

みんな、出張のときの「きちんと服」どうしてる?スマホより軽いジャケ&ワンピ登場

夜ちょっとした会食がある、よいお店の予約を入れてみた。そんな旅行や出張のとき、みなさん「夜用のもう1枚」をどうしていますか? シワにならないように持っていくのがめんどくさい、バッグに入れるとぐちゃぐち…

更年期世代の肌たるみは「骨が減る」せい?閉経前後の注意事項【医師に聞く】

閉経前後に急激に女性ホルモン分泌が減る、という話は近年よく知られるようになりました。食事や運動である程度対策したほうが良いことや、いわゆる更年期症状がつらい場合は婦人科に頼って治療したほうが良いという…

【専門店が教える】大人気!バターコーヒーの作り方と「最強」な飲み方

昨年の6月、東京・JR代々木駅前に突如として「バターコーヒー」のお店がオープンしました。代々木在住の私は嬉々として初日に立ち寄り、飲んだ感想を元に自己流のレシピ記事を書きました。そして、冬の間にたるんだ…

今度は腸活のお茶ですって!「サントリーの新烏龍茶」が満を持して発売

突然ですが、「玉ねぎヨーグルト」ってご存知ですか? 玉ねぎをスライスしてヨーグルトに混ぜ塩少々追加、一晩寝かせたものを毎日食べる健康法です。ヨーグルトは善玉菌のビフィズス菌摂取、玉ねぎは水溶性の食物繊…

年度末のいまこそ作る意味がある「今年度はじめてやったこと」リスト

週が明けると新年度が始まります。新しい職場で働く人も、自分の部署に新入社員を迎える人も、また自分が部署を異動する人、新たなミッションに挑む人もいることでしょう。もちろん、表面上、前週までと何も変化がな…

「餃子にビールはもう古い?」まさかのコレにおじさんがハマった件

先日、「メルシャンのロゼワインセミナーがあるよ」と話したら、部内の楽しいこと大好き系おじさんが高反応したんです。「オッ、いいねえ」的なノリで。そしてセミナーに行って帰ってきたら「もう明日からロゼしか飲…

シャンプー成分3つの誤解「シリコーンは頭皮に悪い」は都市伝説?

シャンプーの〇〇成分は頭皮に悪い、というネット記事を目にしたことはありませんか?ふと気が付いたら「ノンシリコーン」と書いてあるシャンプーが増えました。今回話を伺ったディシラの新シャンプーもまたノンシリ…

野菜がこんなに美味しいだなんて!東京イチ眺望のいいテラス席で

最近、ヴィーガン、ベジタリアンメニューの話をよく目にしませんか?たとえばぎんざ泥武士のようにもともと有機野菜がメインのお店でヴィーガン対応も可能なお店や、青山のたまな食堂のようにマクロビがベースのお店…

このまま肘を引ける?「エクササイズ界の脳トレ」セラサイズが難しい!

こんにちは、生ける体調不良ことOTONA SALONE編集部の井一です。今年はついに花粉症を発症したかなと思っていたら、ひっどい風邪をひいていました。ちょっと油断するといきなり肺炎になるので気を付けます。さて、「…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FOODに関する最新記事