「君こそ運命の女性!」男性がときめいた40代独女の「ラブラブLINE」って?

2020.04.23 LOVE

外出の規制にテレワークと、今までは気軽に外で会えていた人とも今は距離を置いた付き合いを求められています。

交際中ならしっかり連絡を取り合えるけど、こんなときに困るのが曖昧だったり中途半端だったりする関係。

踏み込めない距離感でやきもきしたけど、相手の女性から届いたLINEに思わず笑顔がこぼれるなんて、素敵ですよね。

「また会えるようになったら告白しよう」と男性が決心する40代独女のメッセージについて、ご紹介します。

 

「マスク、ないなら私が作るよ!」

「俺の仕事は接客業で、外出を控えるようお達しが出たあとも普通に店に出て勤務しています。

仲のいい友人たちは心配してくれるけど、こればかりはどうしようもない。

会社から仕事用のマスクは支給されますが、プライベートで使えるものはないので不安でした。

それを女友達にLINEでこぼしたら、

『ないなら私が作るよ!』

と手作りのマスクの写真を見せてくれて、気遣ってくれるのが本当にありがたくて。

『休めないって大変だよね、でも本当に無理しないで』って、男性用のサイズで布マスクを作る約束をしてくれたんです。

自分だって出社する仕事なのに、騒動が収まったら絶対に恩返しをしようと思います。

というか、もう彼女になってほしい……」(35歳/サービス)

 

★ 素敵だなぁと思うこちらのエピソード、女性は作っている過程もLINEで写真を見せてくれて、会話が盛り上がったそうです。

マスクが品薄で買えない状況が続くなか、こんな気遣いは本当に感謝ですよね。

自分のことだけじゃなく他人の状況まで考えられる40代独女は、必ず人からも大事にされます。

みんなで協力して乗り越えていこうとする姿勢が、男性の恋心を刺激するのですね。

 

初めてのテレビ電話で

「友人の紹介で知り合った女性がいて、今までは仕事帰りに食事したり、いい雰囲気で関係が続いていました。

でも、自分の市でも外出の規制を求められるようになり、『食べに行けなくなっちゃったね』とがっかりしながらLINEで話していました。

会えなくても、LINEや電話で話ができるのでまだいいのですが、やっぱり隣にいないことが寂しくて。

ある日、彼女が

『良かったら、テレビ電話で話さない?』

と提案してくれて、思わず『その手があった!』とテンションが上がりましたね。

顔を見たいと思っていたけど、そこまでは言えないし、彼女のほうから言い出してくれて本当にうれしかったです。

テレビ電話って緊張するけど、画面越しに話せると近くに感じられます。

『私の部屋はこんな感じ』って彼女が見せてくれたり俺もいま読んでいる雑誌を見せたり、毎日楽しいです。

また会えるようになったら絶対告白する……」(44歳/製造)

 

★ 「テレビ電話とか思いつかなかったの?」とこちらの男性に尋ねると、「付き合っている彼女ならありだろうけど、今の関係じゃそこまで言えない」と答えていました。

確かに、相手のプライバシーが見えてしまうテレビ電話は、男性のほうからはなかなか言い出しづらいかもしれませんね。

女性が提案してくれたことで、一気に縮まった距離。

会えないときこそ、こんなふたりきりの時間が愛情を育てます。

 

「今度はご飯を作らせてね」

「サークルで知り合って好きになった女性がいるのですが、自粛を求めるムードのなか、サークルも期限未定で集まりがなくなりました。

でも、女性とはLINEのIDを交換していたので、それからもメッセージのやり取りが続いていました。

サークルがなくてつまらないね、と話しながら、彼女が見せてくれるのが作ったご飯やお菓子。

料理好きとは知らなかったので新鮮で、つい『いいなぁ食べてみたい』と返したら

『今度は作らせてね』

ときて、ドキドキでした。

定期的に会えないからこんな話ができるようになって、また顔を見るときまでは絶対に健康でいようと思います。

俺は彼女に花を贈りたい……」(35歳/営業)

 

★ 「ガーベラが好きなことは知っていたけど、趣味の料理まで話せるようになって楽しい」とこちらの男性は話していましたが、”約束しなくても会えていたつながり”が変わるとこんな個人的な部分が出てくるのだなと感じました。

好意がなければ、作った料理の写真なんてまず送りません。

一緒に食べる時間を想像してもらいたくて、それが男性に通じるから「作らせてね」という言葉が出てきます。

サークルがなくなっても、こんなやり取りで好意を確認していけるのはお互いが会いたいと思うから。

騒動が収まったあと、幸せな関係にステップアップできるといいですね。

 

 

気軽に約束ができない今は、LINEのようなコミュニケーションアプリで気になる人とやり取りをする機会が増えた、という男女は多いでしょう。

顔が見えなくても、気持ちを言葉で確認できるのがLINEのメリットです。

「もう付き合いたい」と男性が思う40代独女のメッセージは、必ず相手を気遣う心が見えるもの。

会えないときこそ、愛情を大切にできるやり取りを心がけたいですね。

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
恋愛相談家 ひろたかおり

スポンサーリンク

スポンサーリンク