冷えた足を今すぐケア!仕事中でもすぐできる3つの即効テク

寒波襲来で日本じゅうが震え上がっていますね。あなたの体のどこが「冷えやすい」?も何も、全身くまなく冷えたわよ! と言いたい人は私だけではないはずです。
手のひらで、かかとをすっぽり覆うように触ってみてください。……ガサガサで硬い!? 保湿しなきゃ!?
それも大事なのですが、ここはまず、手のひらにジーンと伝わってくるかかとの冷たさから解消しましょう!

 

足のつま先よりもかかとが冷たい! なぜ?

お風呂や足湯、レッグウォーマー、靴下、カイロ、湯たんぽ……いろいろなアイテムを使って「よし、温まった!」と思っても、それらを手放した途端、たちどころに冷えてしまって夜も眠れない、「冷え症」のあなた。
そんな時、冷たいなと自覚しやすいのは足のつま先ですが、実際はむしろ、つま先よりもかかとの冷えのほうが深刻なネックになっている場合が多いようです。
かかとに限らず、体のどこもそうですが、冷えの原因の主たるものは血行不良。特にかかとは、角質が厚いことや、つま先や足首のように自分で回したり動かしたりできない場所であることも原因となって、冷えやすく温まりにくいのです。

 

さらにリフレクソロジーの観点では、かかとは腰や子宮・卵巣などの反射区にあたります。普段から腰痛や生理痛がつらいと訴える人のかかとの冷たさは、触るとびっくりするほど……! そのまま放っておくと、生理痛や生理不順にとどまらず、女性特有の病気を招きやすくなるともいわれますから、あなどれません。

 

今すぐかかとを温めたい!即効テク3つ

仕事中でも、座ったままでも、今すぐできる温めテクをご紹介しましょう!

 

1)その場で立って足踏み100回

動きが少ない場所ほど、血行が悪くなって冷えるわけですから、「動かして温めよう」というのがいちばん単純な早道です。
靴はできれば脱いで、その場に立ったまま、右、左、右、左…… と大きく足踏みをしてみましょう。かかとだけ(あるいはつま先だけ)に体重が偏らないように、また、チョコチョコ歩きにならないように、足の裏全体で地面を感じながら元気に行進するようなイメージですね。

 

「足踏み100回」をするのには1分もかからないので、物足りないなと感じたら、長めに続けてももちろんOKです。膝からしっかり上げ下ろしすることで、かかとだけでなく、ふくらはぎの筋肉も動かすことができ、むくみ対策の一石二鳥も!

 

2)座ったままでかかと上げ

デスクワークが立て込んでいる時など、立ち上がって足踏みをするのは、今はちょっと…… という場合もありますね。

 

そういう時は、座ったままで両足のかかとを上げ下げしてみてください。思いきり高いヒールの靴をはいたようなイメージでかかとを上げ、ストンと下ろす、というのをくり返しましょう。足の指の付け根、足首、ふくらはぎなど、いろいろな場所を動かせる、簡単ですが即効性の高いエクササイズです。

 

1)の足踏みと併用して、立った姿勢で同じことをするのも効果的ですが、つま先立ちになった勢いでバランスを崩して転ばないようにご注意を!

3)ふくらはぎをモミモミ&くるぶしのツボ押し

座り仕事や立ち仕事などでじっとしていると、ふくらはぎもむくんで、重くだるくなりがち。ふくらはぎは、血液を心臓に戻すポンプのようなものですから、その動きが鈍くなれば、血行が悪くなってかかともつま先も冷える一方です。

 

ふくらはぎを揉みほぐしたり、気持ちいい強さでトントン叩いたりして、居眠りから目覚めさせましょう。

 

また、くるぶしの内側の骨とアキレス腱の間にあるくぼみは、「太谿(たいけい)」と呼ばれるツボです。とくに足先の冷え解消には効果的なので、強すぎない力で、ゆっくりと数回押してみるのもおすすめです。

リラクゼーションサロンに行くなら、まずは足からスタート!

多くのリラクゼーションサロンには、「リフレクソロジー」や「フットケア」、「足ツボ」などと呼ばれる、足を重点的に施術するメニューがあります。自覚している悩みが、肩こりや腰痛である場合、「足よりも体が優先!」と思って、ボディのみのメニューを選びがちですが、メニューやコースの組み合わせができるならぜひ、足をほぐしてから全身をケアする、という流れをおすすめします。特に、腰痛や生理痛などが気になる方は、かかとをしっかりとほぐして温めてから体の施術に入るほうが、効果も感じやすいもの。

 

腰なら腰、足なら足…… などと思い込まずに、試してみてくださいね!

 

スポンサーリンク

その下半身太り、実はお尻の冷えが原因!? 5分でむくみを解消する対策3つ

疲れの自覚症状は、「肩こりがつらいんです」、「足がむくんで、重くて」など、大抵、ピンポイントです。けれど、人の体は全部つながっています。肩こりのひどい人は首も疲…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

専門家が教える、冷えと低体温をなおす3つのコツ

すっかり冬本番です。足下から冷えやすいオフィスで、膝掛けが手放せないというかたも多いのではないでしょうか?慢性的に冷えを感じやすい低体温は、女性特有の体調不良を…

お風呂上がりに5分のデトックス! 今日からできるリフレクソロジーの基本

桜の開花宣言も出て、だんだん春らしくなってきましたね。暖かくなってくると、「それほど体も冷えていないから、いいや」と、ゆっくりお風呂につからずにシャワーですませ…

脚のむくみは肥満のもと! むくみを取る日常習慣3つのコツ

寒い冬の到来です。オフィスにいても、寒さのあまりデスクから動かないで1日が終わってしまった。そして、「なんだか、足がむくんでいるような……」なんてことはありません…

夏までにお腹ぺったんこに!お腹やせの秘訣は「3つの腹」刺激

はじめまして。エステセラピストの町山和代です。私は、2011年に“癒し、美容と健康”をテーマに、美しさと輝きを自然の力で取り戻すことを目的とした自然派サロンをオープン…

有名人御用達のマッサージ師が教える「老廃物・脂肪」をスッキリさせるコツ

疲れが取れない、むくみが取れない、脂肪が落ちにくくなった……。そんな悩みを感じてはいませんか? その原因は「リンパや血液の流れが滞って老廃物や余分な脂肪がたまって…

便秘・冷え・肩こりの原因!たまった体の毒を出す、3つの習慣

一気に気温が下がってきましたね。寒くなるとついつい食べ過ぎたり、運動量が急激に減ったりと、体の中にたくさんの毒素を溜め込みがちな季節です。気づかないうちにさまざ…

取りたい、ひざ上の肉を落とす方法! リンパマッサージでめざせ美脚【40代からの美容道】

ものすごくひざ上に肉が気になるようになったのは37~38歳からでしょうか。けっして細い脚ではないけれど健康そうな脚ではあったので、30代半ばまではショーパンやミニスカ…

その不調、低体温のせい?昼間が36℃未満の人は注意!

生理不順が気にならなくなるアラフォーは、あんまり体温をはからなくなりがち。でも、どうも不調が続く……という人、もしかして以前より体温が低くなっていませんか?  今…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事