「君も僕のことが好きなんだね!」男性が【両思い】を確信する瞬間4選

好きな男性に積極的にアプローチをしたとしても、できれば彼から告白されたい……と思う女性は多いですよね。鈍い男性にも「両思いだ」と気づいてもらう方法はあるのでしょうか。男性たちに両思いを確信する瞬間を取材しました。

 

①笑顔でじっと見つめられる

「笑顔で目をじっと見つめられると、男性は両思いを確信します。というか、両思いだと思い込みます。男性って、好きな人のことはついつい見てしまうから、女性もそうだと思ってしまうんですよ。笑顔を向けられじーっと見つめられると『この女性は俺のことが好きなのか?』と気になりはじめます」(43歳/男性)

 

②ボディタッチ+プライベートな話をする

「単純なので、誉められたりボディタッチされたり、ちょっとしたことで『俺のこと好きかも?』って勘違いしちゃうことが多いです。だから本気で好きな相手以外には、勘違いさせるような行動はつつしむべきだと思います。

反対に、本命の男性になら、そこからもう一歩踏み込んだアクションで意識させましょう。自分の秘密の部分、普段見せない部分をチラ見せするのがおすすめです。例えば家族の話、過去の話…重くなりすぎない程度にカミングアウトすることで、男性は好意を確信してくれるはずです」(46歳/男性)

 

③男性の能力を無防備に信頼される

「自分の能力(知力・体力など)の面で『〇〇さんなら大丈夫よね』と無防備に信頼しきられると、隙がありすぎて両思いだと確信しますね。自分のことを信用してくれている、男性として能力を認められている……というのもポイントが高いです」(47歳/男性)

 

④特別感を出される

「一番相手からの好意を感じるのは、さまざまなシーンで『特別』を演出すること。さらに、鈍感な男性でもわかるように、『特別』を言葉に出すことが大事です。

例えば、旅行に行ったら素敵な景色を撮って旅先からメールしたり、単純だけど、みんなに配るお菓子を、その人だけ少しいいものにしたり。そのとき、いたずらっぽい笑顔とともに『○○さんに見てもらいたくて』『○○さんのチョコレート、1時間かけて選んだの』なんて添えられたらベストじゃないでしょうか」(43歳/男性)

 

彼氏にしか見せない一面を出すのがポイントかもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク