実はタイミングが大事! 冷えの改善には「朝しょうが」がいい理由

体に冷えをためてしまうと免疫力が低下し、血のめぐりが悪くなります。「冷えは万病の元」という言葉がありますが、冷えて代謝が悪くなると肌あれ、便秘、胃もたれ、婦人科系トラブルなどさまざまな体のトラブルが出てくるのです。

体を温める食材として知られている「しょうが」ですが、実はとるタイミングも重要なのだとか。東洋医学をとり入れた治療を行っており、冷え性にくわしい目黒西口クリニック院長の南雲久美子先生にお聞きしました。

 

 

しょうがはなぜ「冷え」に効果的なの?

しょうがにはジンゲロール、ショウガオール、ジンゲロンが成分として含まれます。ショウガオールはジンゲロールを加熱したときに変化する成分ですが、より血行を促進し、温め効果があるといわれています。冷えに悩む人はしょうがを加熱してとることがよりおすすめです。

 

しょうがの効能はどんなものがある?

◆ 血行をよくして体を温める

◆ せき、たんをしずめる

◆ 胃腸の働きを強め、便秘や下痢を改善

◆ 血液をサラサラにする

◆ 新陳代謝をよくする

◆ うつうつとした気分を改善

◆ 殺菌効果

◆ むくみなど滞った体液の流れをよくする

◆ 発汗作用

 

 

なぜ「朝しょうが」が効果的なの?

しょうがはいつとってもいいのですが、朝食時に紅茶やスープ、みそ汁など加熱したものに加えてとるのがより効果的だといわれています。しょうがをとることで体の中に生じた熱は3時間はもつといわれるので、昼食まで温かく元気でいられるということになります。

冷えの改善だけでなく、胃腸を整えたり、血液をサラサラにしたり、気分をスッキリさせるためにも朝食時にしょうがを摂取する「朝しょうが」がおすすめです。

 

 

しょうがは1日に どのくらい?

よくいわれるのは1日10g、最大でも20gまでを目安に。刺激の強い食品なので、あまりたくさん食べることは避けましょう。ちなみに10gの目安は親指の第1関節から上までの大きさ。料理のレシピで1かけと書かれていたら、この大きさだと思ってください。

 

 

 

5分でOK!  寝起きの体を温める「朝しょうが」レシピ

朝から手軽でおいしく「しょうが」をとり入れるレシピを料理研究家の夏梅美智子先生に教えていただきました。

 

しょうが+シナモンでダブルの温め効果

シナモンしょうが紅茶

 

 

■材料(1人分)

紅茶(ホット)ティーカップ1杯

A         おろししょうが 適量

グラニュー糖 しょうがと同量

シナモンスティック 適量

■作り方

1Aのしょうがとグラニュー糖をまぜておく。

2温かい紅茶に好みの量の1を入れ、シナモンスティックでかきまぜて香りをつける。

★Aは冷蔵庫で2〜3日保存できる。

 

 

人気のゆず茶にしょうがをプラス

しょうがゆず茶

■材料(作りやすい分量)

ゆず 100g (1個、小さければ2個)

おろししょうが 100g

はちみつ 200g

■作り方

1ゆずはよく洗って薄切りにし、種を除く。

2しょうがと1、はちみつをまぜ、保存びんなどに詰める。

★冷蔵庫で7〜10日ほど保存可能。

 

 

休日の朝などのリラックスタイムに

ホットジンジャーワイン

■材料(1人分)

赤ワイン 好みの量

バナナ、しょうがゆず茶 各好みの量

ライム(またはレモン)、生のミント 各適量

■作り方

1赤ワインを温める。

2グラスにちぎったバナナを入れて赤ワインを注ぎ、しょうがゆず茶を加え、ライム、ミントを飾る。

 

どれも簡単に作れておいしくいただけるレシピです。一日の始まりである朝に体をあたためる「朝しょうが」でカラダ美人をめざしましょう!?

 

 

【しょうがを使ったおいしいレシピをもっと知りたいかたはコチラ】

vitaminef-cover

 

『ビタミンエフ特別編集 和の食材で太らない体!』より

日本人の体を健康にするのは「和の食材」!
玄米や雑穀、甘酒や納豆などの発酵食品、そして調味料。
今こそ和の食材を見直そう。
発売日:2016年12月13日(火)
定価:880円+税
出版社:主婦の友社 ISBN-10: 4074197626

 

Amazonはコチラ

hontoはコチラ

楽天ブックスはコチラ

 

 

 

スポンサーリンク

その下半身太り、実はお尻の冷えが原因!? 5分でむくみを解消する対策3つ

疲れの自覚症状は、「肩こりがつらいんです」、「足がむくんで、重くて」など、大抵、ピンポイントです。けれど、人の体は全部つながっています。肩こりのひどい人は首も疲…

めんつゆにモッツァレラを漬けると驚きの味に!

「モッツアレラチーズをめんつゆに漬けると美味しいらしいよ」と聞きました。何それおいしそう! とりあえず漬けてみたところ、1・モッツァレラを買ってくる 2・めんつ…

日本一おいしくて簡単な生甘酒の作り方! ダイエット&便秘&美肌の飲み方

最近、なんだか甘酒が気になりませんか? ふと気がつくと、近所のスーパーでも売り場面積を拡大中です。関西には「ひやしあめ」という夏の定番飲料がありますが、関東の人…

「カステラフレンチトースト」が今すぐ作れてカリじゅわでおいしいという話

シンプルなのに、きちんと作るととっても時間がかかるフレンチトースト。有名なホテルオークラのレシピでは、なんと24時間もパンを卵液にひたします。ところが、カステラで…

「体が冷える」生理中。この3つの対策を試してみて!

おなか周りが冷えると、子宮や卵巣への血流が悪くなり、女性ホルモンのバランスが崩れて、さまざまな不調が現れます。とくに生理中は体が冷えやすいので、気をつけましょう…

笠原将弘さんの「あぶり親子丼」が簡単&絶品! プロのコツ満載レシピ 

あまり家で作る機会もない親子丼。でも、一度このレシピを知ってしまったら、週5回でも親子丼を食べたくて震える騒ぎに! 主婦の友社のベストセラーどんぶり本、『笠原将…

40代がやせるためには○○を食べるべし!オススメおやつ4選

「ダイエット中はおやつ厳禁」というのは、常識のように見えて、じつはちょっと古い考え方。「我慢」と「根性」だけのダイエットは続かない上、ストレスがかかりすぎて確実…

「疲れ・頭痛・むくみ」 女性の3大悩みはこの栄養不足が原因だった!

おつかれさまです。時間があるときはいいのですが、忙しくなるととたんに食事がでたらめになって、結果的に身体がスッキリしないというアラフォーのみなさん。疲れが取れな…

豆乳グルトのおいしい食べ方レシピ、おすすめベスト3を広報に聞きました!

牛乳ではなく、豆乳を、植物性の乳酸菌で発酵させた豆乳ヨーグルト。ここしばらくで代表製品の「豆乳グルト」の流通範囲が広がり、各段に買いやすくなりました。でも、ネッ…

どんなパンも「蒸し」で3割増し美味しくなる!決定的コツは

あらゆるパンが素晴らしく美味しく焼きあがる、と買った人が全員絶賛するトースター「バルミューダ」をご存知ですよね。いわゆるスチームオーブントースターは、先に庫内を…

【40代編集長の婚活記#171】ギャップ萌えと偶然の一致に、40代独女「決意」する!

紆余曲折ありまくりの40代の婚活。44歳から始めて3年以上が経過した、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活。やっとのことでお付き合いする男性ができるも、たった3カ月でフラれる。失恋直後、知人Y嬢から誘わ…

【40代編集長の婚活記#170】イヤな予感!「2人では会わない」理由って?

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、44歳から婚活をスタートさせて3年以上。やっとのことでお付き合いする男性ができたと思いきや、たった3カ月でフラれる。失恋のショックも癒…

【40代編集長の婚活記#169】バツイチ男の本音って? 思わせぶりなメッセージの真意

47歳のOTONA SALONE編集長・アサミは、婚活をスタートさせてから早3年。出会いを求めて婚活パーティへ行ったり、婚活アプリを試してみたり、一人でバーに行ってみたりするが、いまだにゴールは見えず。やっとのこと…

#168 「安心感」は 運命⁉ 失恋の直後に出会ったバツイチ男性【40代編集長の婚活記】

混迷を極める40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、婚活歴が3年を超えるも、いまだにうまくいかない。果敢に出会いを求め続け、やっとのことで恋人ができても3カ月でフラれてしまう。失恋ではげしく傷…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事