花粉に負けない!鼻づまりも老け顔も解消するツボケア3つ

電車内や街中でのマスク着用人口、多いですね!(もちろん私も。)風邪気味だからとか、誰かの風邪をうつされないための用心、あるいはスッピン隠し……など理由はいろいろありそうですが、そろそろ花粉に悩まされる季節到来でもあります。

そこで今回は、つらい花粉症の対策と、そのせいで滞りがちな顔のお疲れ対策をまとめてご紹介!

 

花粉症に負けない!鼻の通りを良くする3ステップ

花粉症であれ風邪であれ鼻炎であれ、鼻水鼻づまりは本当につらいですね。頭がぼーっとして集中力も鈍くなり、おいしいものを食べてもいまいち味がわからず、仕事も料理も億劫になります。

慢性的に疲れが溜まって、鏡の中には、ぼんやりとむくんだお疲れ顔…… そんな時は、顔まわりにあるツボをゆっくりと指でほぐしてみましょう。

1)ホットタオルで温める

まずはウォーミングアップ。濡れタオルをレンジで1分加熱してホットタオルを作り(火傷しないようにご注意を!)、気持ちいいと感じる温度のものを顔にのせます。これだけでも一瞬でリラックスモードになりますし、顔を温めることで血行が良くなり、ツボ押しの効果も出やすくなるので、ぜひともおすすめです。

2)鼻から耳にかけてのリンパを流す

「くさいぞ!?」というように、普通に鼻をつまんでみましょう。つまんだまま、軽く動かしてみると、コリコリしたような感触がありませんか? 小鼻の横は、花粉症や慢性鼻炎の症状の重い人ほど、固くこわばりやすいといわれています。

両手の中指を小鼻にあてて、そのまま耳へ向かって真横にすべらせてみてください。デリケートな場所なので、力を入れてこすらないように、指すべりのいいオイルやジェルなどを使って、優しくなでるように流します。

人差し指でもいいのですが、中指の先だけでなく第二関節あたりまでを使うと、力がほどよく均等にかかります。

10~15回くらいかけてほんの少しずつ、触れる場所を下にずらしていき、口角から頬骨の下を通って耳の下を結ぶ線のあたりまできたらOKです。

3)鼻づまり緩和のツボを押す

小鼻の真横には「迎香(げいこう)」、そこから指1本ほど上には「上迎香(じょうげいこう)」というツボがあります。どちらも、鼻の通りをよくするツボなので、別名「鼻通(びつう)」とも呼ばれています。指先を軽くひっかけて、イタ気持ちいい程度の強さで押してみましょう。このあたりは皮膚が薄いのと、鼻をかみすぎて肌が荒れている場合もありますから、くれぐれも力を入れすぎず、こすらずに、優しく押すだけです!

口角のたるみ解消で小顔効果も!?

口角から頬骨を通って耳の下までをつなぐラインは、花粉症だけでなく、顔のコリやむくみ対策にも効果的です。すべりの良いジェルなどを親指につけて、小鼻よりは少し強めの圧をかけながらじんわりとすべらせてみましょう。

頬骨の下、顎関節付近の咬筋(こうきん)は、リンパが滞って固くこわばってくると、むくみやたるみが目立つ「老け顔」の原因にもなります。人差し指でカギ型をつくって(下の写真のように)、この第二関節部分でグリグリとほぐすと、「老け顔予備軍」の人はかなり痛いと感じるはず!

たるみや小顔と花粉症は関係ないかのように思いがちですが、鼻や唇と耳をつなぐ、頬骨の下の一帯はリンパの宝庫なので、このあたりの流れをスムーズにすることによって、ツボ押しの効果もアップしやすいのです!

花粉バケツのサイズはいかほど!?

 

 

同じ地域で同じ空気を吸って生活しているのに、花粉症になる人とならない人、あるいは症状の重い人と軽い人がいるのはなぜか? ということについて、お医者さんから面白いたとえ話を聞いたことがあります。

人は生まれつき、体の中に「花粉用ゴミバケツ」のようなものを持っていて、そこに捨てられるうちは何ごとも起きないけれど、中身がいっぱいになってあふれたタイミングで、いわゆる「花粉症」を発症してしまうのだ、というのです。

そのゴミバケツの大きさや材質が人によって違うため、小さな卓上ゴミ箱サイズの人は子供時代から発症してしまう、とか、業務用ゴミストッカーサイズの人は一生にわたって花粉症とは無縁のまま過ごせる、といったような個人差があるわけですね。

私は幸い、今のところ花粉症は免れていますが、疲れたり風邪を引いたりするとすぐに鼻をやられるたちなので、花粉の季節数か月にわたってこんな症状に悩まされる「花粉症持ち」の人の大変さは察するに余りあると感じてもいるのです。

鼻に引き続き、次回は花粉症による目の症状の緩和と疲れ目対策をご紹介いたします!

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

ぐっすり眠るコツは「自律神経」にあった! 眠れない夜の3つの対処法

寝る直前まで何かと忙しくて、やっとベッドに入ったのに頭が興奮してなかなか寝つけない。「明日も仕事なのに!」……なんてことはありませんか? 毎日のストレスに加えて、夏…

朝が弱い人へ!冬の朝にスッキリ目覚めるための3つの習慣

冬本番です。楽しいイベントが多い反面、仕事も忙しく疲れがたまりやすいこの時期。日の出も遅いため、朝の寒さもひとしおです。それ以前に、まず眠いし体がだる重い……。「…

頭皮が固いと「老け顔」に!? 今すぐ1日5分の簡単セルフケア

「前より太ったわけじゃないはずなのに、何だかボワンとして、さえない顔……」と、鏡や写真にうつった自分を見て首をひねること、ありませんか?もしかしたらそれは、頭皮や…

心がつらくなったら。ストレスが軽くなる10分の「リフレーミング」を

あー!悲しい、という気持ちで心がいっぱいになってしまったこと、誰でもありますよね。もう涙が枯れるまで泣いたりしたこと、ありますよね?たとえば、大好きな恋人との破…

大切なものを失くしたとき。喪失感から立ち直る3ステップ

人は生きていく過程で、時として、大切な何かを失うことがあります。それも、予期していなかったかたちで、突然に、です。すると、絶望のあまり茫然自失の状態になったり、…

魔法の1フレーズで激怒もスッと収まる「アンガーマネジメント」

突然ですが、みなさんのメンタルは「健やか」ですか?私たちは生活を続けている限り、さまざまなストレスから逃れることはできません。でもストレスを感じた時に早めになん…

体内のサビを落としてやせる体をつくる、4つの「プチ大掃除」

リラクゼーションサロンのお客様は2タイプに分かれます。1つは、ほぼ定期的に予約して通うタイプ。もう1つは、とにかく目の前のことに追われて必死で頑張って、「もう全身…

だるい、眠い、イライラ……プチ不調を解消1分ハンドマッサージ

3月も半ば、指先のネイルも春らしい色にチェンジしたくなる季節ですね。手や指が美しいか荒れているかで、印象はかなり変わりますし、保湿などのケアも大切なのですが、手…

やせる顔・手のツボ押し!スキマの5分で肩こり&ストレスもすっきり

梅雨もまだだというのに、早くも夏のような外気の暑さと、冷蔵庫のように思いきり冷えた電車内……。朝晩の寒暖差どころではない落差に、体もついていくのが大変で、自覚以上に疲れがちな時期です。仕事や家事のスキマ…

5分でウエスト 2.5cmやせ! バスタオル2枚ですぐできる骨盤メンテナンス

疲れが抜けない、肩こりや腰痛がひどい、生理痛が重い、そして下半身太り……。そんな悩みの元として注目されているのが、“骨盤のゆがみ”!肩の高さやウエストのくびれ方が左右で違っていたり、猫背や反り腰を指摘され…

二重あご・シワ・たるみにさようなら!寝る前1分で老け顔を防ぐ「顔体操」3つ

正面から見た自分の顔は見慣れていても、たまたま誰かが撮った写真にうつっている自分の横顔を見て、「……いつの間にこんな、たるんだ顔に!?」と愕然とした経験を持つ人は私だけではないはず。(笑)頬やあごがぼんや…

朝昼スキマ時間30秒の肩甲骨ストレッチで「見た目おばさん」ストップ!

先日、同世代の友人と話していて、「何歳から、おばさんと呼ばれて然るべきか?」という話題になりました。若くても、子供がいる人は「おばさん」「おばちゃん」と呼ばれる(あるいは自称する)ことにあまり抵抗がな…

肩こり・足のむくみ・歪み太りに!ベッドで寝る前5分の「エア泳ぎエクササイズ」

暖かくなって、体を動かすのも気持ちいい季節になってきました。少しずつ薄着になるので、スタイルアップも気になって、スポーツジムに入会する人もぐんと増える時期だとか。「エクササイズも水泳もやりたいけど、ジ…

呼吸だけでやせる?『1:4:2 人魚姫の深呼吸』とは

いわゆる「フレッシャーズ」ではなくても、何かと身の回りの変化の多い4月。つい必要以上に頑張りすぎたり、気負いすぎたりして、呼吸が浅くなっていませんか?そんな時は、ちょっと立ち止まって、大きく深呼吸!!…

歪みも疲れも解消する「3秒マジック」で肩こり・たるみの対策3つ

無意識の癖や姿勢からくる「歪み体形ブス」にならないための、『手のひら返しの3秒マジック』(前回の記事はこちら)。今回はその応用編を3つご紹介いたします。全身に効く!手のひら返しの応用3パターン1)足・太も…

体形ブス脱却の3秒マジック!「〇〇を返すだけ」で歪み太りも疲れも解消

野暮ったく見えるのは、重ね着しているせいよ、寒いんだし…… という言い訳がだんだんできなくなってくる(笑) 春です! 歓送迎会やお花見など、写真を撮る機会も増える時期ですね。写真の中の自分が、なぜか前より…

お風呂上がりに5分のデトックス! 今日からできるリフレクソロジーの基本

桜の開花宣言も出て、だんだん春らしくなってきましたね。暖かくなってくると、「それほど体も冷えていないから、いいや」と、ゆっくりお風呂につからずにシャワーですませてしまうことも増えてきますが、そんな日々…

春眠暁を覚えず!?スッキリ目覚めて動ける4ステップ!

昔から「春眠暁を覚えず」などといいますが、暖かな心地よさの裏返しか、微妙に眠気が残ってスッキリ起きられない……そんな朝におすすめのアイテムや、ユニークな目覚まし方法、簡単なストレッチなどをいくつかご紹介…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

HEALTHに関する最新記事