40代彼女とのお泊り 男性の気持ちが一気に冷めた瞬間とは

お泊りのシーンで「それはないわ…」と冷めたシーンは?男性の意見を聞きました。

 

冷めた瞬間その1:翌朝の準備に余念がなさすぎる

 

「軽く付き合った40代半ばの女性と、旅行に行ったんですけど……。

食事などで会っているときには気づかなかったけど、旅先で一夜を共にしたら、女性って言うよりも、“おかん”って感じの振る舞いが多くて、正直、ガッカリしちゃいました。

夕食を終えて部屋に戻ってからというもの、翌日の準備にばかり気が向いていて、僕との甘い時間への関心はゼロ。

洋服だの行程だのってチェックばかりしていて、甘い雰囲気になるムードもなんにもなかったですね。

そんな様子を見ていたら、こっちもだんだんと、セクシーな気分になれなくなり、早々に寝ました。

僕は、もうちょっと甘い時間を過ごしたかったです」(42歳男性/福祉)

出典>>お泊りデートでオバサン判定!40代女性が「ギョっとされた」3つのNG行動

 

冷めた瞬間その2:ぶりっ子パジャマを着ている

 

ふわっとした肌触りが心地いいモコモコ系のナイトウェアは、「ここぞ!」という日に着たくなるかわいいデザインのものもたくさん。

寝心地もよく、お泊まりデートにふさわしい女らしさが出せそうな気もするから、積極的に持参したい40代女性も少なくないかもしれません。

ところが。

今回ヒアリングしてみると「『ジェラート ピケ』みたいなモコモコ系のパジャマを着ている40代って、痛すぎる」(40歳男性)だの「モコモコしたウェアって夏場は特に暑苦しいし、近寄りたくないなってためらってしまう。ちなみに、40代の女性でこの手のウェアが派手めなピンクだと、ぶりっ子っぽくてかなり萎える」(45歳男性)と、辛辣な意見がポンポン飛び出しました。

モコモコ系がすべてダメというわけではなさそうなのですが、キャラに合わない場合には辛辣な感想を抱かれやすい面は否めずです。

他にふさわしいナイトウェアが手元にあるなら、あえて選ぶ必要はないのかも。

出典>>ソレは勘弁! 男がドン引きした、40代独女3つのお泊りコーデ

 

冷めた瞬間その3:移動だけで疲れて爆睡

「僕と40代の彼女はお酒が大好き。旅行先の温泉宿でお酒を楽しく飲んでいたのですが、彼女がそのまま寝てしまいました。そのあとの彼女との時間を楽しみにしていたのに……。僕もふて寝ました(42歳男性)」

 

「彼女と2人で兵庫の温泉にいったときのこと。大浴場から部屋に戻り、チャイムを押しても返答なし。10分ほどチャイムを押し続けたり、携帯にかけましたが応答なし。フロントに声をかけて開けてもらうと、彼女が缶ビールを空けてイビキをかきながらソファで寝ていました(39歳男性)」

 

前日は仕事が忙しく、きっと疲れていたのでしょう。旅行は刺激がある分、移動中にテンションがあがって宿についたとたん疲れが出てしまうこともあります。けれど「熟睡」は彼の気持ちを萎えさせてしまうようです。

出典>>【男の本音】40代女性との一泊旅行で「気持ちが一気に冷めた」瞬間とは?

 

次回のお泊まりデートの準備に向けて、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク