ZARA2017春夏 「40代お仕事ウーマン」が選ぶ、3つのトレンドは?

働くオトナ女性の毎日コーデの強い味方といえばZARA。ワーキングスタイルにも、休日のカジュアルスタイルにも使える優秀アイテムがそろっているので、定期的なZARAチェックは欠かせません。

先日、ZARAの2017春夏展示会が開催されました。もっとも目立ったのは刺繍、花柄。メインに飾られていたコーディネートも刺繍アイテムが多く、ちょっとボヘミアンテイスト。ラフなファッションがOKな勤務先なら大丈夫なのですが……「ちょっと難しい」というかたもいるかもしれません。ということで、働く40女的、オススメトレンドを紹介しましょう。

 

トレンド1.フリル!

今シーズンはフェミニンな印象のフリルアイテムが盛りだくさん。袖にたっぷりしたフリルがあしらわれたトップスは、オフィスコーデにも取り入れやすいうえに、女性らしいやわらかさも演出できます。気になる二の腕カバー効果もありますね。お仕事ならテーパードパンツやタイトスカート、休日ならデニムを合わせても。ピンクもかわいいですが、ホワイトも素敵です!

 

裾にアシンメトリーなフリルがあしらわれたトップスもオススメです。女性らしいシンプルさがありつつも、モードな雰囲気に仕上がります。パンツスタイルに合わせるとシャープになってカッコいいかも。

 

女っぽすぎないフリルのアイテムもあります。カジュアルコーデが比較的OKなお仕事のかたなら、袖フリルのスエットトップスはいかがでしょうか。シックなカラーをセレクトすれば、フリルの甘さが押さえられます。

 

トレンド2.レースアップ!

レースアップも、様々なアイテムで展開しています。大人っぽくクールなコーデに仕上がるのはロングジレ。フロント部分がハトメに紐を通したレースアップになっていてトレンド感たっぷり。ロングジレはきちんと見えしつつ着やせ効果もあります。個人的にも好きなアイテムです!

 

この春、注目小物のひとつが太ベルト。レースアップされたコルセット風ベルトもお目見えです。今シーズンはとにかくウエストマークが流行。太いコルセット風ベルトをニットやシャツ、ジャケットの上からONするとトレンド感とスタイルアップ効果が叶えられます。価格もお手頃なのでチャレンジしたいですね!

 

 

スエットやTシャツなどカジュアルなアイテムに、レースアップをプラスしたものも目立ちました。袖やサイド、バックスタイルにレースアップがあるだけで一気に今年らしいスエットトップスになります!

 

レースアップのハイカットスニーカーも可愛かったです!

 

トレンド3.やっぱりデニム!

お仕事にはNGな職業のかたもいると思いますが、やっぱりデニムは外せません! 今シーズンはまず絶対にハイウエスト。シルエットは太ももにゆとりがあって裾にむかって絞られたデニムが注目です。40女性が気になるヒップや太ももがさりげなくカバーできる利点もあります。

 

そしてデニムならオトナ的にも刺繍を取り入れやすいのではないでしょうか。こちらもハイウエストで太ももから裾に向かって絞られたシルエット。

 

個人的に気になったのは…

個人的にとっても気になったのは、金魚柄のシャツ! かわいくて楽しい! 基本はシンプルめにしてるんですが、ちょっとだけユニークなアイテムを取り入れたくなってしまう質なので……。気にならずにはいられませんでした。

 

ZARAの2017春夏はすでに1月末から店頭に並んでいるアイテムもあります。立春を過ぎたので暦の上ではもう春。まだまだ寒い日は続きますが、ファッションで少しずつ春を取り入れていきたいですね!

 

スポンサーリンク

40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

40代は「オシャレ迷子」になる人が多いという。今まで着ていた服がなんかしっくりこなかったり、似合わなくなったと感じたりする。それはアラフォー世代にからは少しずつ体…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

いつまで続く? こなれ感あるシンプルおしゃれ服の流行

「似たような服を着て」と歌う欅坂46の『サイレントマジョリティー』の歌詞ではないが、ここ数年、日本の街を歩く人がとっても似たような服を着ているように感じる。いわゆ…

【40代が選ぶべき】2大トレンドカラー、レンガ色&グレーでコーデを一新

トレンドをゆっくり追う時間も、心の余裕もないアラフォーにとって、手っ取り早く今年っぽくなれるのが、コーデに流行色を取り入れること。簡単なのにオシャレに見えて、出…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

「#ハタラクユニクロ」に学ぶ、大人のオフィスカジュアル6コーデ

さりげなくトレンドをおさえながらもシンプルでスッキリとしたデザインのユニクロのアイテムは、大人の女性にとっても欠かせないですよね。新年からお仕事をさりげなくばっ…

靴とバッグに年齢がにじみ出る!? 街で「オバさん認定」される40代の安っぽ小物

シンプルになりがちな夏コーデのアクセントになるのが、靴とバッグをはじめとした小物使い。だからこそ、トレンド感や大人っぽさを演出できるものを選びたいもの。でも、街…

植松晃士 トレンドの白。40代が「太って見えない」着こなしのコツ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。3月も下旬。4月が目の前ということで春なので、今回もファッションのお話をさせていただきますね♪いま買うべきカラーはズバリ白!…

まだ着ていたら痛い!? 40代が「即捨てるべき」7つのアイテム【2019春】

気温も上がってきて、そろそろワードローブも冬物から春物へと入れ替えたい時期。春の新作を買い足す上で、去年のアイテムをどれを残してどれを処分しようか悩んでいる人も…

#168 「安心感」は 運命⁉ 失恋の直後に出会ったバツイチ男性【40代編集長の婚活記】

混迷を極める40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、婚活歴が3年を超えるも、いまだにうまくいかない。果敢に出会いを求め続け、やっとのことで恋人ができても3カ月でフラれてしまう。失恋ではげしく傷…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

この先どう生きる? 【40代の転職と独立】を考えて、日本化粧品検定を受けてみた

人生の折り返しとも言われる40代。この先もこのままでいいのかと、自らに問いかける人も少なくないと思います。「四十にして惑わず」という言葉があるけれど、まだ惑いがあることは否めないOTONA SALONE編集長・浅見…

シンガポールの夜「出会いの予感」がする⁉ おすすめバー3選

シンガポールはNIGHTライフを楽しまナイト!というダジャレはさておき。オトナ女性のみなさま、旅先こそ夜はバーへ繰り出しましょう。旅の恥はかき捨て? おひとりさまバーも、意外と海外のほうがトライしやすいの…

#164 飲み会で出会った48歳バツイチ男性。40代独女、どうする?【40代編集長の婚活記】

40代の婚活をスタートさせてから、はや3年。OTONA SALONE編集長・アサミ、婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェントルさんという恋人ができたけれど…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FASHIONに関する最新記事