【男の視線】うわぁオバサン…40代が「思わずオバサンに見えた」3つの男目線

気をつけているつもりでも、男性の視線はシビアに女性の「老化」を見つけてしまうもの。「オバサンだなぁ」と感じてしまうと、せっかく芽生えた恋心が萎える原因にもなります。

実際にどんなところが目につくのでしょうか?

 

猫背は老けが加速する!

 

・「会社のアラフィフの上司。ファッションのセンスは良いのに、いつも猫背で前かがみに歩くので服が台無し。顎を突き出して歩くのってみっともないよ! って言いたい……」(37歳/サービス)

・「ジムで女友達と話しているとき、背中を丸めて話すのがすごく気になる。おばあちゃんって背中を丸めて歩くイメージがあって、それとかぶるのかも」(40歳/看護師)

★ 今回、一番多く聞かれたのが「姿勢」でした。

中でも「外見が良くても猫背は無理」「だらしなく見える」という意見が集まり、オバサン化を感じやすいところでもあるのですね。

「女性らしさを感じない」の声もあり、丸まった背中は老けた印象を与えるのでもったいない!

しゃんと伸びた背中はそれだけで気持ちよく、スタイル良く見えます。せっかく自分に似合う服を着るのなら、まず姿勢から意識を向けていきましょう。

筆者もそうですが、パソコンを使う時間が長いという方は、一時間に一回両手を上に挙げて肩甲骨を動かすストレッチがおすすめです。

出典>>【男の視線】うわぁオバサン…40代・50代女性のシワ・声、姿勢、ココを重点注意して

 

ダラダラ歩く姿はみっともない

「職場の上司。スーツ姿なんだけど踵を引きずるようにペタペタ歩くのがいつも気になる。それだけでどんな服装のときも良い印象がない」(36歳/公務員)

「だるそうに足を引きずっていたり、ガニ股で歩くような女性は色気がなくてデートに誘うのも気が引ける。逆に、ジーンズ姿でもしっかりした足取りの女性は背筋も伸びていてかっこいいなと思う」(40歳/営業)

★ファッションやメイクより遠目からでも目立つ足の運びは、それだけで印象を左右します。後ろ姿でもダラダラと歩いている女性は老けて見えてしまって損ですね。

颯爽と歩く姿は、その人の意思の強さを表します。背筋を伸ばして足を運ぶ力強さは、ファッションやメイク以上に大きな魅力の一つとも言えるでしょう。

思わず男性の目を引くような美しさは、40代になっても活力の溢れる姿勢にまず宿るのかもしれませんね。

出典>>独女注意!40代が「思わずオバサンに見えた」3つの男目線

 

「将来」「老後」「年金」の話題はヤメテ!

 

・「会社のアラフィフ女性は口を開けば『将来の年金が~』とか『老後の生活が~』とか、不安と愚痴ばかり。貯金や投資の話を前向きにする人もいるのに、愚痴しか言わないところが余計にオバサンに見えて、話しかけるのをやめたくなります」(38歳/薬剤師)

・「ジムで見かける若作りのアラフォー。自分より年下のオトコを見ると『将来に備えて働きなさいよ!』『年金がもらえる年齢はまだ上がるんだから!』と暗い話ばかり振ってくるのでうんざり。放っておいて欲しい」(36歳/営業)

 

★ 「将来」「老後」「年金」…はい、オバサンワードですね。

でも、男性が関わりたくないと感じるのは、そのワードそのものではなく、「人生を楽しんでいる感じがしない」「いつもお金の話ばかりしてそう」だから。一緒にいても幸せになれるとは思えないんです。たとえ本当に不安であっても、ネガティブな話題は人前では控えるのがベター。それよりしっかり備えている姿を見せるほうが、男性は心強く感じるものです。

出典>>はいアウト!これが年下男子の避けたがる40代・50代独女の「オバサンな生活」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク