「もんとびら」ではありません!「門扉」の読み方、知っていますか?

漢字にはさまざまな読み方があります。漢字1つに音読みと訓読みが1つずつのこともありますが、漢字全てがそうとは限りません。そのため馴染みがある漢字であっても、想定と違う読み方に驚かされることも…。

そこで本記事では、意外と読めない漢字クイズを出題します。

「門扉」の読み方、知っていますか?

「門扉」の読み方は?

「門扉」は、「門」「扉」の漢字から想像できる通り

門のとびら。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を意味する言葉です。

「言葉の意味が漢字そのままなら、読み方もそのままなのでは?」と「門扉」を「もんとびら」と読んだ人もいるのではないでしょうか。しかしながら「もんとびら」は残念ながら不正解。

正解を見たとき、「扉」の読み方に驚くかも!?

正解は…

「もんぴ」です。

「扉」を「ぴ」と読むことに驚かれた人も少なくないはず。

でも実は「扉」は

  • 音読み ヒ
  • 訓読み とびら

で、「ヒ」と読むことができるんです。

「扉(ヒ)」と読む言葉には「門扉」の他に

  • 開扉(かいひ)
    →とびらをあけること。
  • 鉄扉(てっぴ)
    →鉄の扉。

があります。「門扉」同様、言葉の意味は漢字そのままですね…!

では「門戸」はなんと読む?

ここでもう一問、「門戸」はなんと読むと思いますか?「戸」の字から「もんと」「もんど」と読んだ人もいるかもしれませんが、それは不正解。「門扉」の「扉」同様、「戸」の読みがヒントです。

「戸」の読みは

  • 音読み コ
  • 訓読み と(常用漢字表外)へ

です。

「門戸」は「もんこ」と読みます。

「門戸」の意味は

1 門と戸。家の出入り口。
2 他と交流し、また外部のものを受け入れるための入り口。
3 初歩。入門。
4 家。一家。また、一流一派。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

です。

「門扉」も「門戸」も読み間違えやすい漢字ではありますが、特徴的とも言えるので、読み方を覚えるきっかけになれば幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク