英語で「逆方向ですよ!」って言える?道案内に使える英語3選

道案内の英語シリーズ。

外国人に話しかけられて、どうやら道をきいているみたいなのだけれど、明瞭簡潔に、
道順を説明するって難しそう……と思いますよね。

たとえば「え~あなた、反対方向にむかってきてますよ!」というときには、どう対処したらよいのでしょう。

 

道案内1:この方向であってるのかな?と不安そうな顔で聞かれたら……

外国の人が地図を見ながら立ち止まっている。どうも、目的地がみつからない、本当にこちら方面に進んでてあってるのかな?と不安になっているようです。

Where is the Hankyu Department?
阪急百貨店はどこですか?

Is this the right way to JR Osaka station?
JR大阪駅へはこちらの方向であってますか?

と聞いてきました。が、実は反対方向にきています!

反対は opposite  オポジット なので

You come in the opposite direction.
You are heading in the opposite direction.

逆方向に向かってますよ。

といえば完璧ですが、とにかく”opposite” をいえば伝わるはず。

It’s the opposite direction.  
反対の方向ですよ。

完璧ではないですが、これでも伝わります。

 

「反対に進んでください。反対に向かう電車に乗ってください」

それでは、反対方向に進んでもらうには……

You should go in the opposite direction.
反対の方向に進まないといけませんよ。

乗っている電車の方向が、反対に向かっている場合、

Take the train to the opposite way. 
Ride on the train heading in the opposite direction.

「逆方向に向かう電車に乗ってください」と言ってくださいね。

出典>>英語で道案内、「逆方向ですよ!」と説明したいときは

 

道案内2:「斜め前」って説明できる?

ちょっと変化球で、「左斜め前にみえます。」
という場合は 斜めは diagonally を使います。

 

“The station is diagonally in front on your left.”
「駅が左斜め前にみえます。」

でも、これだとちょっと難しい感じがするので、 in front to the left/right
だと言いやすいかもしれません。

The station is  in front to your left.
「駅はあなたの左斜め前にあります。」

出典>>英語で道を聞かれた!「斜め前」って説明できる?

 

道案内3:「次の次の角を曲がって」と案内できる?

「次の次の」は、after the next
次の次の角は the corner after the next  なので

“Turn right at the corner after the next.”
次の次の角を曲がってください。

が正解なのですが、実は会話なら「次の次の」は
next next
でもよいんです!

Turn right at the next next corner.”

なら気軽に考えられますね!
next next signal 次の次の信号   next next bus stop  次の次のバス停
といった風につかえます。

出典>>英語で「次の次の角を曲がって」と案内できる?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク