「この言葉が口から出たらダメ男」心理カウンセラーが警笛!40代女性を狙うダメ男の口説きパターン

40代ともなれば、それなりの恋愛経験を経て、若いころと比較すれば男性を見る目が肥えた自負のある人も多いもの。ところが恋愛には、ときに奇妙な展開も“あるある”で、まるで魔がさしたように典型的なダメな男にハマってしまう女性も決して珍しくないのも現実です。

メンタル心理カウンセラーでもある私、並木まきが、40代女性が思っている以上にハマりやすい、典型的なダメ男の口説きパターンをお話します。

 

1:あり得ないくらい過剰な容姿褒め

男性の多くは、気に入っている女性を口説くときに「きれい」「美人ですね」など、容姿を褒めるのは定番トーク。多少の容姿褒めは、女性側だって社交辞令と分かりつつ嬉しいものです。だからこそ、少しくらい容姿を褒められても、言葉通りに受け取る40代女性だって少数派。「はいはい、大人のご挨拶をありがとう」程度にしか受け取らない40代女性も多いですよね。

ところが、これが「ありえないくらい過剰に」容姿褒めを繰り出す男となると話は別で、容姿を褒められなれている年代の女性でも、冷静さを失い、ダメ男の話術にハマっていくのを何度となく目にしてきました。

往々にして、女性の容姿を「ありえないレベル」で褒めまくる男は、遊び慣れている男であるのが常。だけど、いざ自分が「これまで経験したことがないほど」の容姿褒めをされると、つい心を開いてしまう女性も少なくないのです。この手の男性には、本気で気をつけて!

 

2:「運命」を連呼する

「出会ったのは運命だと思う」「この年齢で君と出会うだなんて、運命だとしか思えないよ」など、やたらに“運命”を連呼する男も、40代女性にとってダメ男であるリスクが高いパターン。最初のうちは「なんてクサイことを言う男性なの?」と警戒心をもっていても、あまりにも「運命」と繰り返されるうちに、だんだんそんな気持ちになってきてしまうが、怖いところです。

特に、40代まで良縁に恵まれなかった自覚がある女性ほど、この手のダメ男の言葉が不必要に刺さってしまい「騙されるまい」と思いつつも、ダメ男のペースに巻き込まれるのは、ありがちな展開。クサすぎるセリフは、耳慣れてしまえば、当初ほどの違和感を覚えなくなるから怖いのです。「運命」だなんて重い言葉を易々と口にするダメ男には、ご用心を。

 

3:とにかく暇さえあれば会いたがる

40代の恋のお相手は、仕事にもプライベートにも脂がのっていて、多忙を極めている人も多いのが事実。恋が始まっても若い頃のようにベタベタとした付き合いにはならない場合が多いでしょう。

だからこそ、とにかく暇さえあれば会いたがるマメ男には、意識低い系のダメ男が多いと心得て損はありません。女性はこういった男性に対し、最初のうちは会うのが面倒に感じていても、ダメ男からの誘いに応じて自分の時間を削っていくうちに、気付いたらダメ男のペースにハマっている例は少なくありません。顔を合わせる機会が多いほど、親近感が湧くことをダメ男ほど悪用している典型パターンですが、なかなか恋人と会えずに寂しい思いをしてきた40代女性ほど、案外コロリとこのパターンにハマるのも数多く見てきました。いい歳して、暇を持て余している男に、ロクな男はいないと心得て。

 

「40代になってまで、ダメ男にハマりたくない」は、多くのシングル40代女性が考えること。しかし「ハマるまい」と思っていても、いざ目の前に現れて熱烈な口説きを繰り広げられると、自分でも笑っちゃうほど簡単にハマってしまう場合も。最初は警戒していても、徐々にダメ男のペースにハマっていく人も多いのです。ちょっとした隙間に入り込まれないよう、こんな口説き方をしてくる男には、くれぐれも気を付けておくと賢明かと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク