【九星フラワー占い】七赤金星の9月は「ヒト・モノ・カネが集まる」

もうすでに台風が続けて発生していますが、星のめぐりを見ても水害が心配な1カ月です。

隠しごと、ズルい考えは表に出る恐れもあります。

心配事がつきないこんな時こそ、人との付き合い方が運の分かれ目となります。

ここで改めて見直してみましょう。

※七赤金星の生まれ年は1957年、1966年、1975年、1984年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

人や物が、遠い場所からも集まってくる!

先月の不調から脱して、体調も良くなってきていると思いますし、気分も持ち直しているのではないでしょうか。

まるでそれを見透かしているかのように、色々な人から声が掛かったり、頼まれ事をしたり、急に忙しくなってきそうです。

しかもこの頼まれ事というのが、このご時世もあってリモートだったりしないでしょうか。

星の暗示でも、遠くに住んでいる人、もしかして海外にいる人から連絡が来るといったことがありそうと出ています。

うれしいのは、頼まれ事や仕事の依頼、注文にとどまらず、前から欲しかったモノや情報もたくさん集まってきそうだということです。

陰で支えてくれる人に目線を合わせて

このようにとても順調ではあるのですが、目線が上ばかり向いてしまうことが心配されます。

つまり思い上がってしまうという心配があるのですが、こういう時こそ謙虚になること、そして裏方とでもいいましょうか、陰になり支えととしての仕事をコツコツしてくれている人に目を向けるようにしてください。

あるいは立場の弱い人、こういった人たちの声に耳を傾け、望んでいることをかなえてあげるということが、今月というか今年の七赤金星の重要なミッションです。

今月だけでなく今年の運気にかかわる!

自分が順調なのは自分の実力であるというような態度を貫いていると、人は離れていってしまいます。

あらゆる人に感謝し、困っている人を助けてあげれば、その本人たちだけでなく、たくさんの味方を作ることができます。

そして彼らの存在こそが、今年後半の運気を大きく高めてくれるのです。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、フリーの人には出会いがとても多いでしょう。

これまで出会ってこなかったタイプで、将来につながりそうなご縁も含まれている可能性が十分にあります。

パートナーがいる人は、結婚話が出るかもしれません。

金運は必要としているだけのお金は入ってくるてしょう。

欲しかったもの、必要な物もあちらこちらから集まってくる、まさに幸運期です。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーはライトブラウンとグリーンです。

人の気持ちを理解し人間関係を爽やかにまとめてくれる組み合わせです。

ラッキーパーソンは、フレンドリーなタイプの外国人の女性です。

知り合いにいれば、メールでちょっとした季節の挨拶をするといいですし、いなければそういった主人公の映画やドラマを見てご縁を広げるパワーを自分の中に作ってください。

ラッキーフードは、キャベツがたっぷり入ったお好み焼き。

人の立場になって物を見る力を与えてくれます。

 

コスモスの花が象徴する七赤金星の魅力とは

七赤金星の女性は、少女のように可憐で楽しいことに目がない人が多いです。「乙女の真心」という花言葉を持つコスモスは、にぎやかに群生していますが、ひと花だけに注目すると可憐で、どこか頼りなげ。その姿は七赤の女性に似ているような気がします。「アラフォーなんだから、しっかりしなくちゃ」、こう思ったら七赤の魅力は半減。好奇心のままに楽しいことを探し、その楽しさを人にもおすそわけする、そんな七赤を人は好きになるのです。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク