40代の疲れ目・ドライアイ・かすみ目・老眼を改善する食べ物は?

「疲れた~」というときに、肩や腰に違和感や痛みを感じる人は多いと思いますが、それと同様に、「目」に疲れがくる人も結構多いのではないでしょうか? 特に年齢を重ねてくると、視界がぼやけたり、ピントがすぐにあわなかったり…。いわゆる老眼ですが、その初期症状に悩んでいる人もきっと多いはず。今回は、そんな気になる目の諸症状に効果あり!の食材をご紹介します。

 

なぜ?レバーが「目」の乾燥にいい理由

 

 

仕事柄、毎日パソコンに向かっている人の中には、「ドライアイ」などに悩まされている人も多いはず。食治研究家の田村哲彦先生によると、「実は、目の機能は肝臓の働きと密接な関係にある」のだそうで、肝機能が低下すると疲れ目や充血、視力低下を招くのだとか。

つまり肝機能にいいとされているレバーは、肝臓を強化するばかりでなく、ビタミンAを多く含んでいることもあって、目にもいいというわけです。

ただ積極的にいただいた方がいいことはわかっても、あまり普段家庭で食べることのないのがレバー。レバニラなどがポピュラーなレバー料理ですが、レバーペーストなどにすると食べやすいし、低カロリーなのもうれしいポイント。あとはから揚げなどもおすすめです。また、焼き鳥屋さんに行ったときなどにも積極的にいただきたいものです。

 

青菜の代表選手は「疲れ目」に

カルシウムも豊富な青菜といえば「小松菜」です。あのシャキシャキとした食感が好きという人も多いのではないでしょうか。くせもあくも少ないので食べやすい野菜です。この小松菜が疲れ目に効果大。生のまま、りんごやレモン汁、お好みではちみつなどを加えてジュースにするのがおすすめ。「4週間くらい続けると症状の改善が自覚できるはずです」とは田村先生。

また、ほうれんそうも、目の充血によいと言われています。特に肝機能の低下による視力低下などに大きな効果を発揮。葉を食べるのが一般的ですが、目が腫れて痛みを伴うときなどは、ほうれんそうの種を1つまみと菊の花1~2個に熱湯を加えて1日3~4回に分けて飲むといいそう。

 

 

目はもちろん老化全般に、あの乾物!

抗酸化作用や肝機能の強化など、うれしい効果盛沢山なのが「ごま」です。カルシウムやビタミンや鉄分もたっぷり。目の機能低下は肝臓と密接な関係があるのは先にご説明した通り。なので、ごまも、目のためには積極的に摂りたいというわけです。普段はもちろんですが、特に生理中のかすみ目にも威力を発揮します。

ごまのいただき方としては、ほうれんそうや小松菜など、野菜とごま和えにしたり、ごまペーストなども市販されているのでそういったものを活用するのもおすすめ。市販のものはすでに糖分が加えられているものが多いので、できれば糖分が入っていない、純粋にごまだけのペーストを。その方が、砂糖やはちみつ、塩やしょうゆなど、自分の好きな調味料を加えて使えるので便利です。

また炒った黒ごまと牛乳に好みではちみつなどを加えた「ごまミルク」もおすすめ。ドリンクにすると、より手軽に日々の生活に摂りいれられそうです。

 

身体の不調に役立つ食材情報が満載!

食治研究家・薬剤師の田村哲彦先生によるこの本には、女性ならではの悩みや、ちょっとした不調などに役立つ情報が満載!食材ごとのレシピも充実しています!

からだに効く食べ物事典/田村哲彦 主婦の友社 1100円+税

アマゾンはこちら

hontoはこちら

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

花粉症のかゆみに眼精疲労……疲れ目を即効でケアする、あの手この手!

春の足音とともに、花粉症の足音もやってきましたね……。というわけで今回は、花粉症による目の症状の対策と、パソコンワークなどの疲れ目(眼精疲労)を楽にするためのさま…

お家でカンタン花粉症対策。たった7mm「小指に〇〇」貼るだけで!

花粉症の皆様、対策、準備はできていますか?花粉症の原因は自律神経のバランスの乱れ。生活習慣の見直しを毎日欠かさず行うことで、症状を軽減できます。・・・・・・それ…

睡眠不足は花粉症の敵!「短時間でもしっかり眠れる」コツ3つ

通勤電車で、昼休みのデスクで、ついウトウトしてしまうこと、ありませんか?睡眠不足は忙しい大人の宿命のようなもの。しかし、実は、睡眠不足こそが、私たちの体の免疫バ…

花粉症でも飲みたい! アレルギー改善におすすめのアルコール2選

「アルコールは花粉症の症状を悪化させる。」花粉症の時期になると、お酒を控える・・・という方も多いのではないでしょうか?お酒は好きだが花粉症はツライ・・・という貴…

冷えは「花粉症の敵」だった!医師が薦めるカンタン解消のコツ

「冷えは万病のもと」といい、体が冷えるのは、よくないこととされています。実は、この"万病"の中に、花粉症も含まれているんです。花粉症が悪化する原因にも体の冷えが関…

腸は花粉症対策の肝心かなめ!4つの食品で花粉に打ち勝て!

今や、日本人の3~5人に1人が患う国民病となった花粉症。マスクや薬など、症状を和らげるための対策は数多くありますが、体質を改善するには、腸内環境を整える必要があ…

くしゃみが止まらない!「花粉症・アレルギー症状」を和らげる3つの食材

まだまだ寒い日がつづきますが、たまに暖かい1日が訪れることもある冬の終わりです。こんな時期は、大事な会議中や電話しているときに、出だしたせきが止まらない!というこ…

【花粉症】目のかゆみ・鼻づまりスッキリ。医師おすすめ「○○焚き」とは?

春が近づき暖かくなるにつれ、花粉症の症状に悩まされる方も増えてきているのではないでしょうか。花粉症による目や鼻のかゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどに悩まされる…

【医師に聞く】まだ花粉症がつらい! 今からでも間に合う最新治療とは?

まだまだ花粉症、つらいですよね。くしゃみ、鼻水、目のかゆみ。関東エリアではスギ、ヒノキ花粉の飛散量のピークが3~4月と言われています。あと1カ月くらいの辛抱なのか…

花粉に負けない!鼻づまりも老け顔も解消するツボケア3つ

電車内や街中でのマスク着用人口、多いですね!(もちろん私も。)風邪気味だからとか、誰かの風邪をうつされないための用心、あるいはスッピン隠し……など理由はいろいろあ…

「おしりリセットダイエット」は 4週間で完成する魔法のプログラム!

「おしりリセットダイエット」は、4週間でおしりをリセットできるプログラム。1週間ごとに、身体の悩み別にテーマを分け、そのテーマ別にエクササイズを1日に3つ行っていくだけだからとても簡単!ぜひ今日からスタ…

「おしりリセットダイエット」は痩せる以外にもこんなにメリットが!

1日たった3つのエクササイズでおしりから身体を変える「おしりリセットダイエット」。この「おしりリセットダイエット」には、おしりを変えて痩せるだけではなく、それ以外にも、さまざまないいことが!身体のバラン…

おしりを変えれば、ダイエットもするりと成功する! 話題続行中!「おしりリセットダイエット」って何?

なかなか身体重もぜいにくも落ちないのが40代のダイエットまわりの悩み。食事制限をしても、思うようにやせなかったり、ジョギングやトレーニングを始めてみたら、余計なところに逆に筋肉がついて太くなってしまった…

坂東眞理子さん他が語る「魅力ある女性の生き方」とは?

3月8日は国連が定めた国際女性デー。渋谷のヒカリエでは「HAPPY WOMAN FESTA 2017」というイベントが行われました。当日は、終日に渡って女性の生き方、働き方を考えるセミナーやワークショップが開催されました…

キャリアコンサルタントが教える、女性が「自分らしく働く」ために大切なこと

3月8日に渋谷ヒカリエで行われたイベント「HAPPY WOMAN FESTA 2017」。国連が定めた国際女性デー、この日にあわせてヒカリエでは、女性の生き方、働き方を考えるセミナーやワークショップが終日に渡って開催され…

薬剤師がオススメ! つらい花粉症を乗りきる「3つの食材」

とうとう本格的にスタートした今年の春の花粉症。今年は、西日本は多めで東日本は例年並み、などと言われていますが、いずれにしても花粉症の人にとって今の時期は本当にツライもの。病院に行って薬を処方してもらっ…

気になる肌の乾燥はこの3大食材で、ぷるぷるに!

今の季節、肌の悩みといえば、なんといっても乾燥です!スキンケアタイムには、保湿クリームを塗ったり、お風呂上がりにマスクをしたり、こまめに乾燥対策をしていても、やっぱりカサカサ……という人も多いのでは?パ…

痛い!ツライ!「頭痛」を撃退する身近な食材活用術

気圧の変化やホルモンバランスの不調、寝不足や寝すぎなど生活リズムの乱れなどなどで引き起こされる頭痛。さらに風邪気味など体調が不良のときにおこるものもあれば、肩こりや腰痛などが原因の場合も。慢性的なもの…

お腹ポッコリな「便秘」を解消!3つの優秀食材はコレ

食生活の乱れや運動不足はもちろんのこと、朝忙しくてゆっくりトイレに行く時間が取れなかったり、生理前など、ホルモンの周期やバランスによってもひきおこされるのが便秘。男性よりも女性に多くみられ、放っておく…

パンパン脚をなんとかしたい! 「むくみ」を解消する3つの食材

1月もそろそろ終わり。2017年もスタートしたらあっという間におわりそうですが、新年会などが続いたりして、なんとなく身体が「むくんでいるかも」、と感じている人も多いのでは?いつもの生活より、多く水分(もち…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事